ゆれるの作品情報・感想・評価・動画配信

ゆれる2006年製作の映画)

上映日:2006年07月08日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ゆれる」に投稿された感想・評価

POOH

POOHの感想・評価

4.2
採点
◽️合計81
◽️演出 (60)A56
◽️主演(10) A8
◽️助演 (10) A8
◽️ストーリー (10) A8
◽️映像衣装 (5) B+1
◽️音楽 (5)
MoviesYu

MoviesYuの感想・評価

4.0
会話術が抜群に面白かったっス。ラストのどんでん返しもお見事。
オダギリジョーの飄々とした雰囲気に役柄が合ってる。
香川照之やっぱり上手いなあ。
特にラストの神妙な面持ちが、哀しい。
onyoda

onyodaの感想・評価

4.0
難しかった

気ままなオダギリジョーをみんなで疎ましく思う映画だと思っていたら、まさかのオダギリジョー側に感情移入するとは思いませんでした。

香川照之の演技が怖すぎるなと思いました。何考えているのかわからない不気味さがある。洗濯物を畳む後ろ姿の不気味さよ…
142/2022

たまに見たくなる、じっとーりした邦画🎬

オダギリジョーと真木よう子若い頃から色気ありすぎ。香川さんは存在感ありすぎ。事件起きる前からずっと不気味。
陰陽

陰陽の感想・評価

4.3
演者さん達の怒鳴った時の迫力強すぎる。
なんでみんな気持ちが変わっちゃうんだろ…
家族で渓谷に遊びに行った時のビデオを見て改めて感じた
ayaka

ayakaの感想・評価

-
真実の曖昧さ、記憶の曖昧さ。
「信じる」ことでしか保てない個人。

事実と真実、記録と記憶、リアルとリアルの揺らぎ。
kei

keiの感想・評価

4.0
題名通り最後までゆれ続ける感情
オダギリジョーって才能溢れる人だなあ…
今出られない人たちが結構出ていて、皆勿体ない。自業自得だけど…。
タイトル通りずっとゆらいでる映画だった。
今最も見たくない俳優ナンバーワンの呼び声も高い香川照之なのでどうしてもフラットに見ることができず見てる自身は揺れた気持ちで見れず感情移入できなかった。

このレビューはネタバレを含みます

人間の映し出し方が半端じゃない 
オダギリジョーと香川照之を主にありえないほど緻密な演技をしていると感じる
言い方ひとつ、表情ひとつ、目線ひとつとっても色々考えちゃう

細かく切り出されるカットも凝らされていてテンポが速い訳ではないが少しも見逃せない

最初の葬儀のシーンから兄弟2人がどんな人でどんな生き方をしてきたのが分かってすごい
地方の小さな町らしい雰囲気がどこか不穏にも感じられる

面会や裁判のシーンもBGMもなしでかなり長回しで撮ってると思われるが圧巻
2人だけでなく登場する人それぞれの感情の込められた目線が印象的だった

最後の笑顔はどんな意味なのか
結局は橋からの声は聞こえても反対の声は聞こえないように一方通行でしかなく、猛の声はほとんど届かず、届いても気持ちは離れていて、流した涙も何も猛の中のドラマでしかないような気がする

メモ(まとまらん)
演技力
話し方 テンポ 声の出し方
表情
地方 町
見せない演出
ミステリー要素

面会室 板 写し

裁判 証言

それぞれの立場感情の目
不和
長回し
音無し

気持ちで変わる事実

兄      弟
束縛     自由
つかむ    ぶれる
   ゆれる橋
   逆転
   罪の意識
   世渡り
兄弟家族の分かること分からないこと
一方通行


企画是枝裕和だったの知らなかった
彼のおかげで作品を制作することができるようになったのであれば1ファンとしても感謝です
>|

あなたにおすすめの記事