犬猿の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

仲の悪い2組の兄弟のパワーバランスが、行ったり来たりを繰り返し、ずっとキリキリとした嫌な感じが続く100分間。(最高)

4人全員がクセのある人物だが、彼らに共感できるところが多く、嫌いになれない。
兄弟姉妹という切っても切れない関係の可笑しみや苦しさを、優しく肯定した傑作。
劇場で見逃したからBlu-ray買ったけど面白い。主要人物4人それぞれに感情移入できたし、随所笑えた。ギャグ線高い。
SHIGE

SHIGEの感想・評価

3.6
あー
すごい犬猿ーと思いながら
終始すごく面白かった

ただこれ、ラストどう落とすんだろう
って思いながら…

ラストの落とし方はもっと
派手にやって欲しかったかなーと思った
KG

KGの感想・評価

4.5
キャスティングと演出の妙。
「そこにある日常」の語り口が巧みで、「抜け出し様のない地獄」のやるせなさや痛さが際立つ。
兄弟役の二人はもちろん、姉妹役の二人も適役。特に姉役の吹き芸には爆笑。
ただ個人的には、両親の演出(ふとした会話や仕草)が作品としての説得力を支えていると感じた。
悪意ある愛情に溢れた映画。
あぶを

あぶをの感想・評価

3.8
これコメディなの?って思うほど序盤はヒメノアール感臭ったけど。

兄弟喧嘩したくなった。
オアシスほどじゃなくていいけど。
姉貴しかいないから兄や弟は羨ましくなる。

人間だからみんなそれなりに最低な部分があると思うのですが、取り繕わずに善き人に見せようと思わずに、みんながみんな最低な部分を剥きだしてさらけだせる事が普遍的な世界になったとしたら愛おしいくらい平和だろうなってなんとなく思う

筧美和子おっぱいだしてくれんかのう
こけし

こけしの感想・評価

4.0
沸々と込み上げてくる不安とか不満とか憎しみとか劣等感とか、それをこれでもかってくらい身近な世界観でボディーブロー入れてくる感じ。それでも愛しさが残る、吉田作品ワールド全開すぎて。
kaname

kanameの感想・評価

4.0
見た目も性格も正反対な兄弟と姉妹が巻き起こす騒動を描いた物語。

兄弟、姉妹…様々な感情が入り混じった独特の関係性を映し出した内容が面白すぎるw

自分をどの立場に当てはめて見るかで共感度やイライラ度が違ってくるであろう、4方向から楽しめる作りも実に見事だったなぁとw
バナナ

バナナの感想・評価

3.9
久しぶりに邦画。
筧美和子棒読みなのかなって少しだけ期待してたけどそんな棒って感じじゃなかった!!ニッチェ江上演技うまい!!! 新井さんはやっぱ怖いし窪田君は叫ぶの上手い。

私も兄姉が居るけど、この映画の様な事はしてないwでも何故か感情移入出来る…画面から伝わる怒りと言うかなんと言うか…すごい伝わってきた 見てて私もイライラが移ったほどリアル
kaz

kazの感想・評価

3.6
幼い頃はなにも考えずただ一緒にいられるのに、成長するにつれて自分との違い、相手の長所に羨ましさや嫉妬を感じてしまう。
同性の兄弟がいないから全く同じ思いはできないけど、きっとこんな関係なんだろうなぁと感じた。

新井浩文のガンは本当に怖い。
はく

はくの感想・評価

4.0
それぞれのキャラクターの個性と関係性が分かりやすくて最後も仲良しで終わらない所が良かったです。正反対の姉妹と兄弟、リアルなやり取りなので自分に姉妹や兄弟がいる人は「分かるわ〜」ってなるんじゃないでしょうか。
いや〜、面白かった。
>|