犬猿の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

きき

ききの感想・評価

4.0
意外と想定外のことはあんまり起こらない。でもぱっとしない兄弟姉妹の日常なんてこんなもんだろうな、とはおもう。
オープニングでやられた。
ノーチェンジのタクジかっこよすぎ。
窪田正孝はぱっとしない卑屈で自分のことしか考えていない、さえない若者役がほんとうにうまい。
「さんかく」の小野恵令奈といい、今回の筧美和子といい、𠮷田恵輔監督が絶妙に中途半端な女の子を選んでくる感じ好き。
ムショ上がりで暴力的なチンピラの兄と、コツコツ働くしがない営業マンの弟。
容姿に恵まれず男に縁がないが仕事はできる姉と、美人でスタイルも良く男受けは良いが、外見を除いたら何も残らない妹。

兄弟だから、どんなに疎ましくても見捨てることはできない。
姉妹だから、どんなに憎らしくても離れられない。
そこにあるのは家族愛?嫉妬?憎悪?

新井浩史のネジが飛んだチンピラぶりが怖すぎ。あんなのが兄弟にいたら、それだけで人生が不幸になること確定。兄に振り回される窪田正孝には同情しっぱなし。

筧美和子のエロさとダメさの加減も絶妙。そんな妹が密かに出演していた着エロDVDを、親戚の前でしれっと再生してしまう江上敬子は最高に鬼畜。その結末は悲しすぎるけど。。
みち

みちの感想・評価

4.2
きょうだいって、そうなんだろうねぇ。
新井さん、やっぱり似合うなぁ。
BoiledEgg

BoiledEggの感想・評価

4.2
喧嘩、仲直り、喧嘩!と繰り返しつつも、謎の絆がそこにはある。
あるあるある!と兄弟を持つ身からすると共感できるところがかなり多かった。
泣けて、笑えて、共感できて、良作に巡り会えたなという感じだ。

窪田正孝のズルい弟感最高だったし、ニッチェの江上も新井浩文も筧美和子も全員演技良かったと思う。
特にニッチェ江上が良かった。
yocchii

yocchiiの感想・評価

3.8
不真面目な兄と、真面目な弟の兄弟を息子に持つ親として、なんとも言えない気分で、観ました。
2人の息子に観てもらいたい。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.9
my映画館2018#41> ラスト、そう来るんだぁーと思いつつ・・・そういうタイトルだったと首肯く(笑)

自分には一つ歳下の弟が居るがゆえに、やはり身に詰まされて見ることとなり、最も弟について考えた作品にはなったが・・・今は離れて暮らしてるからいいが、もし実家に同居してたら、まんまこの作品みたいになってるのかも。
そう、性格も趣味嗜好も全く違う弟ながら、常に比較されちまうがゆえの嫉妬は確かにあるし、大人になった今はそれは宿命だとは理解できるけれども。

しかし、この作品を弟はどう見るのか、そして、親はどう見るのか・・・感想を聞いてみたいが、家族会議になりそうで怖い(笑)

にしても、吉田恵輔監督は毎回人間の嫌な部分を的確に突いて来て、良くも悪くもお見事。

窪田正孝と新井浩文は、流石の曲者っぷりを披露し・・・筧美和子も持ち味を披露し、ニッチェの江上敬子の奮闘にニヤリ。
silence

silenceの感想・評価

4.3
目障りだし鬱陶しいと思うこともあるけど血の繋がりとはこういうものなんだよね。絶妙なバランスで描かれていて頷きながら観た。


役者の演技も冴えてるが監督の演出やカメラワークも良くて最後まで楽しませてもらいました。
あおい

あおいの感想・評価

3.6
兄弟、姉妹アルアルで面白いけれど、
こんなに、兄弟違い過ぎると母親は辛いなあと、親目線で観てしまった。

2人とも同じように育て、同じように愛し、同じように幸せを願うのでね。

なので、このデフォルメ感は、あまり乗れない。
映画としては、面白いのだろうけど。
Lara

Laraの感想・評価

-
久しぶりにケンカの感覚を体験。ケンカって熱い。うらやましい。
オープニングからしてとっても面白かったです。
キャストの4人が本当に素晴らしくてですね、「 血の匂いがするような怖い兄貴をやらせたら新井浩文さんは世界一ですね。
恥ずかしながら全く知らなかったですけどニッチェの江上さんの痛々しさもキリキリ来ましたしキッツイw
要はテーマとしては兄弟・姉妹の「血が繋がっているからこその愛憎」って話なんですけど、「自分と比べたらアイツは」とか「アイツがいるから自分は」っていうね、普遍的な「他者と自分」のお話なので一人っ子マンでも楽しめましたよ。
対称的な兄弟・姉妹の話なんだけど、それが絶妙にクロスしていく、それでいて類型的なキャラクターでなく、誰もが血の通った醜さをも内包してるのが実に「グヘェ...」って感じで最高でしたね。
最終的にそれがバチーンと吹け上がって...っていうところは正直ね...。「あの義務教育段階で国語の時間に『対比』って習いましたんで...もう分かりますからいいです...」って辟易しなくもないですが、その後の着地が絶妙なオチで、それはそれで良かったのかなと。
人の撮り方も適切って言いますか、窪田正孝くんがタバコ吸ってる時の光の当て方とかさ、ある決定的なことが起こったときの人物の背中を撮るショットとかが凄く効果的ですよね。品がありますよ。
兄弟姉妹のいる人には場合によっちゃ死ぬほど刺さる一本かもしれませんね。
>|