犬猿の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

おすぎ

おすぎの感想・評価

4.0
吉田恵輔さいこうかよ(*^^*)

「さんかく」の気味悪さ懐かしい〜

ニッチェって一度も見たことないから普段を知らないけど芝居上手いね!まこちゃん可愛い〜ってずっと観てたらエンドロールで筧美和子って、TOHO始まる前にいつも喋ってる女の子かぁー、あの俳優陣の中でよく芝居頑張ってたな!実に良い♡にゃん

ネタバレかもしれないけど、
あの4人の中でまこちゃん1人だけ性格良くない?笑

終盤、シーン1つひとつ長かったな〜
kikimimi

kikimimiの感想・評価

4.0
吉田恵輔作品では「さんかく」「馬車馬さん〜」に並ぶくらい好きかもって思ったらオリジナル脚本は久しぶりかなのかな。
じゅんP

じゅんPの感想・評価

4.2
細やか〜。
ある意味究極の『劇場で観とかないと損する』オープニングから、時に意地悪で時に怖く、でも基本はずっとやさしい吉田劇場の虜。

兄弟いないので距離感のリアリティはわからないけど、積み重ねてきたものそう簡単に手放せないとか、ちょっとしたことで一瞬にして揺らぐとか、人のそーいうとこ抉った描写は盤石でした。

終盤すこし感情に走り過ぎるけど、4人全員にどこかしらで表情一発で持ってかれた。
hamadon

hamadonの感想・評価

3.8
兄弟、姉妹のあるあるが根本のテーマ。
最低な兄だけど自分以外兄を悪く言うのは少しムカつく。
そんなシーンに笑っちゃいました。
年の近い兄弟、姉妹はお互い比べられたりもするし、全然似ていなかったりもするし、なのに産まれた時からずっと近くにいる存在。
喧嘩して仲良くなって喧嘩して。。
オチが犬猿っぷりを出していて良かった。

ニッチェの江上さんの芝居が良かったし、筧美和子も言うほど悪くはなかった。

冒頭、まだ本編じゃないのかよ!!映画予告長すぎ!
と騙されてしまいました。。
T兵衞

T兵衞の感想・評価

3.8
後半は若干ペーソス過多に感じたが、全体的にはカラッとしたコメディで良かったです。ペーソスに関しては味を占めずにやっていって欲しいものですが、、愛しのアイリーン期待してます。
初めキャスティングを聞いたときには4人とも顔が似ていないから心配したものですが、映画を観終えた今となっては4人共に💯を差し上げたいです。
それくらい3人の俳優と、1人の芸人のポジションがハマっていました。


【肉親あるあるネタ】を詰め込んで人間の本性を追求しながら、それでいて別に内容が難しいワケではありません。そんなお話。

赤の他人だったら無視するなり距離を置くなりすれば済むレベルだけど、身近な近親者だからこそ無性にイラっとする。
そんな「目の上のタンコブ」感。

ほんの些細ないざこざが雪だるま式に膨れ上がりこじれていきますが、結局良くも悪くも【キョウダイって自分自身の写し鏡】なんだと気づかされるわけですわw


減点要素:
あるあるネタやリアリティに特化しているから面白い🤣映画です。

『姉』のオーバーリアクションはまぁ必要だったと思いますし、実際私も笑いましたので置いておきましょう。

そんなにリアリティが大事ならば、だからこそ…
続きはコメント欄📝に書きます。
しゃぼ

しゃぼの感想・評価

3.4
兄弟って距離が近いほどこういう瞬間の連続。
兄弟のことを本気で殺してしまうんじゃないか?ってほど頭にきたことってみんな何回もあると思う。
それは終始感じるお互いへの劣等感だったり周囲の視線だったり。

何はともあれ、出来損ないの兄への下の子のフラストレーションをまじまじと見せつけられました。
妹にはなにか送ろうと思います。
imanimo

imanimoの感想・評価

3.8
兄弟とは1番近いライバルなのかもと、この映画を見てて思った。しかも一生変わらない立ち位置。
そのしがらみを楽しむ映画です。

全員が俳優じゃない所がアンバランスで
そこが妙な味になっている。
役としては4人ともほんとにハマりです。

もう少し想定外があるかなと思ったら、わりとすんなり終わりました。
オープニングのビックリ感が大きかったので、うねりを期待してしまったかも。

炒飯のシーンは、ソリの合わなそうな物同士が実はすごくイケてるの象徴のようで、こういう所がとても上手い監督だと思いました。
楽しかった!
ニッチェさんが負けてなかったのでびっくりしたとても良かった。
きょうだいってほんまそう!心から憎たらしいのに心の底からは憎めなくてさーはーー
話は全然面白くない。でもなにより驚いたのがニッチェの江上さんの演技力!やっぱりコツコツと練習している人は基盤が違うなーと。充分女優さんでやっていけそう!そしてこういう役をやらせたら間違いない新井さんが最高の脇固めをしていて、窪田さんの6パック細マッチョな裸もチラリと拝めて、よく知ってるラブホが出てきて大笑いしたけど、脚本の脆弱性をよくフォローした作品という感じ。
>|