機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影の作品情報・感想・評価

機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影2017年製作の映画)

上映日:2017年11月18日

製作国:

ジャンル:

2.6

あらすじ

宇宙世紀0096年後半、「サイコフレーム」の存在に脅威を感じた地球連邦政府は、直轄の情報部に所属するメーメット・メルカ中尉に特殊部隊「マスティマ」を編成させ、地球圏を漂う小惑星「アクシズ」の分断された片側に潜入・調査という重要な指令を下す。メーメットと同行する調査隊のメンバー内には、かつてのジオン公国とネオ・ジオンで、技術者とテストパイロットだったアルレット・アルマージュとダントン・ハイレッグと…

宇宙世紀0096年後半、「サイコフレーム」の存在に脅威を感じた地球連邦政府は、直轄の情報部に所属するメーメット・メルカ中尉に特殊部隊「マスティマ」を編成させ、地球圏を漂う小惑星「アクシズ」の分断された片側に潜入・調査という重要な指令を下す。メーメットと同行する調査隊のメンバー内には、かつてのジオン公国とネオ・ジオンで、技術者とテストパイロットだったアルレット・アルマージュとダントン・ハイレッグという二人の民間人が加わっていた。アクシズに潜入した調査隊は、誰もいないはずの基地内で私兵集団「バーナム」の新型「ガンダム」らの強襲を受け、ダントンとアルレットはかつて開発に関わっていた赤い「ザクIII改」で応戦するも、様々な危機的局面に遭遇する。その中で、アルレットはある「想い」を胸に秘め、アクシズの表面に取り残されたサザビーの残骸に向かうのだった…..。

「機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影」に投稿された感想・評価

こま

こまの感想・評価

3.0
初Blu-ray discがこの作品💿

かなり短いし、端折りすぎ…😥

この作品の漫画の一巻を先に読んでいたので、ある程度の背景は掴んでいるからよかったものの、この作品をいきなり観た人は辛いと思います。

デンドロビウムっぽい機体が出るし、ガンダム好きには知ってるMSが出るので、それで気分が高ぶるのでなんとかスコア3.0点かな。

漫画の二巻を楽しみにしてまーす☆
来夢

来夢の感想・評価

1.4
『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』
宇宙世紀ガンダムとしてはかなりレベルが低い。あまり酷評するのは好きでは無いけれど、これは無かったことにして欲しいレベル。原作小説からして文章が稚拙過ぎるのに、そこを見直さずにそのまま映画にしてしまった感じがする。
ガンダムを抜きにしたショートムービー作品として観ても、ショートムービーなのに余計なシーンが多い。セリフ、キャラがダサい。うーん。何がしたかったのか。
ロマノ

ロマノの感想・評価

3.0
ついてこれない人は置いて行く的な作品
ある程度設定なり、あらすじなりを頭に入れつつ見ないと置いてかれる

各種モビルスーツ登場シーンはテンション上がる
嫌いではない
ゴミ。ガンダムが好きな自分としては舐められてる気分になった。
なつお

なつおの感想・評価

1.9
予備知識ない方は、漫画もしくは小説で色々と補完しながらでないと何もわからないまま終わります。
私も小説、漫画を見てから再挑戦します。。。
内容がうっすいと噂のガンダム。
たしかに予告編なのかと勘違いするほど。

バイアランがかっこいいし、大佐のロリコンが証明されるところが見所。

キャラがうざくてはまらなかったなー。
kevin

kevinの感想・評価

1.4
んー…これはちょっと…ぶつ切りすぎて内容は理解できても気持ちがついてこないかな。
お話は嫌いではない分、残念な感じ。

大佐がロリコンなのは、よーくわかった(笑)
shunie

shunieの感想・評価

3.0
ユニコーンからF91に繋がる匂いを漂わせる設定が神的な作品。(閃光のハサウェイの立ち位置はそっちのけ)

だが、キャラクターもストーリーも絵もあまり好きではなかった。

同人誌を見させられてるようだ。
全然話が入ってこなくて戦闘シーンも目新しいものは無かった。なんでこれを作ったのか疑問。
もうちょっと尺を取ればなんとかなりそうだったが、時系列前後でぼんやり仕上げるしかなかったか。予告編かPVのようなイメージの羅列になっていてしんどい。
>|