娼年の作品情報・感想・評価 - 60ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

ピロ

ピロの感想・評価

3.0
松坂桃李が頑張ってた。
その一言に尽きる。
なかなか身体をはった演技をしてました。
あとは…個人的には色々と笑えるシーンが多かった。笑

内容は…可もなく不可もなく…期待し過ぎていたからなのか、あまり物語に深みが無いと思った。
原作など文章で見たらまた主人公の気持ちの移り変わりも理解できたのかもしれないですが、女性に思い入れが出来た展開が唐突。
流れで意味はわかるけど、画面からは読み取れませんでした。

あとセックスの巧さもイマイチ伝わらない。セックスシーンはAVみたいです。でもそれならAV見ますって感じですね。
それなりにエロいけど、エロく見せたいのか笑わせたいのかよくわからない構成。(色々な性癖があるってのは理解しましたし、役者さんたちが真剣なのもわかってますが…笑)

まぁなんだかんだ文句は言いましたが、そのAV並みな内容を松坂桃李が頑張った点では凄いと思う。
女優さんたちも皆さまそれぞれが独特なキャラを頑張って演じてた。
その点は賞賛するべきだと思っています。

この過激な内容(悪い意味ではありません。)を映画にできた点もなかなか凄い事だと思う。

大画面で見る必要は無いですが、松坂桃李始め、演者さん達の雄姿をテレビ(DVD)で鑑賞するのは良いのではないでしょうか?
tommy

tommyの感想・評価

2.5
原作読んでて、好きだったからなんかなあ、、、ってかんじ
すべて大事なシーンなのに2時間に収めるがゆえにカットされてしまう。もっと丁寧に描いてほしかった。これじゃAVの連続
AkiChun

AkiChunの感想・評価

4.0
R18。とにかく想像がつかなくて、でも期待して見に行きました。
チケットはなんと売り切れ。いくらレディースデーだからって初めて売り切れの文字を見た気が。。お客さんは女性しかいませんでした。

んんー、エロい。なんといってもエロい(´⊙ω⊙`)💧
最初は見てるのが恥ずかしかったのですが物語中盤からそんな気持ちも消え、引き込まれていきました。性にも色々形があって。

グラサンの場面は、、あれはウケ狙い??友達と顔見合わせて笑ってしまった。

桃李くん、とてもよかったです。身体が素晴らしくカッコよくて見惚れた。
女優さんたちもかなり体張ってたな。すごい!
私は一体なにを見せられているのだろうか…という感想しかなくて申し訳ない。最後のユリゴコロ展開にはもうどうでもよすぎてつらかった。そしてこれはある種の修行なのか何なのか、あとどれくらい狂気乱心する桃李を見なければいけないのだろうかという今後の気苦労ばかりが気になった。
映画館で18禁要素多いものを観ると気持ち悪くなる、、、
だけど松坂桃李は良かった。
bam

bamの感想・評価

3.0
原作を読んでいたので、あらかた内容は分かっていましたが、松坂桃李くんが主演をやるということで観に行きました。原作ではもっと「女性の性」への意味深さが書かれていたのに対して、映画ではあまり感じられませんでした。リョウのイーメジにぴったりの松坂桃李くんですが、娼婦役を全力でやりとげた姿には役者魂を感じました。松坂桃李くんファンにとっては嬉しい作品👏
1sugar

1sugarの感想・評価

3.0
2018.4.23 TOHOシネマズ日比谷

月曜の午前中に行ったのに満席。
そしてほとんど女性客!
チケットカウンターに向かう私の前に
お婆ちゃんが並んでて、まさか!?と1人ビビってた。
恐るべし、松坂桃李くん。
でも、お婆ちゃんは『リメンバー・ミー』のチケットを買ったようで安心しました。

しずかさんの居酒屋での言葉良かったけど、しずかさんには色々共感できないし
金髪の男の子には、「この変態野郎!」と心の中で言いました。

かなりのもんです、満席に紛れて観てよかった。友達と来てる人かなりオープンだなーっ。その選択肢は無かった。
こんな役もやっちゃうなんて
松坂桃李くん、あんな綺麗な顔して意外と素朴だったり、演技には毎回驚かされて
出演作を観る度 気になります。
スーツ姿キマってたなぁ。
グラサン笑ったなぁ笑
憧花火

憧花火の感想・評価

3.7
これを作り上げた三浦監督と、松坂桃李の圧倒的な演技と覚悟に最大限の敬意を。

だけど、だけど…。描き方のすべてが男目線。女の欲望の捉え方が単一的。

リョウを買った女たちの皆がどこかリョウに対して媚を売っていると感じたのは、セックスにおける女の演出部分と真の快楽部分を描き切れていなかったから。もっと自分勝手で驚くほど音のない刹那的欲望があっても良かったのに、と思う。
サクラの演出の仕方がもったいない。

女優陣の演技に欲望のリアルは感じられず。(演技の演技はリアル)
Emi

Emiの感想・評価

3.5
なかなか衝撃的な映画だった
笑えるところも…
映画館わりと入っていてびっくり‼️

今日は楽しかった(*☻-☻*)
Hidezou

Hidezouの感想・評価

3.0
『娼年』

松坂桃李演じる、退屈な日常を送る「普通」の大学生が娼夫となり、女性たちの欲望と向き合うことで成長してゆく物語。

全編の性描写が予想をこえる凄まじさで、ほとんどAV(笑)
やりすぎ感もあって何度も吹きそうになったが、一般映画でここまでできたのはある意味革新的といえるのかも。