過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道の映画情報・感想・評価・動画配信

過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道2020年製作の映画)

上映日:2021年04月30日

製作国:

上映時間:112分

3.6

あらすじ

『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』に投稿された感想・評価

しおり

しおりの感想・評価

3.8
森山さんの写真がまず素晴らしい上に、映像もかっこよすぎる。
そして菅田くんから始まるのもすごくよかった。
eiga

eigaの感想・評価

4.1
on the road
路上の上こそが目的地。

ゴールがない。
ただ撮り続ける美学。

「写真なんてこんなもんよ」

その人は、優しかった。

なんであんなにサインを書くんだろう。
なんで握手に応じるんだろう。
なんで、iPhoneで撮られてても平気なんだろう。

空気みたいなものだからか、
撮り続けている世の中へのお返しなのか。


「コピー機」としてのカメラから生まれた写真。それを「物体化」していく作業としての造本。

完成の一冊を森山氏に見せるときの、町口氏の緊張感。
5gのインクで変わるもの。
ちなみ

ちなみの感想・評価

3.9
職人達のものづくりドキュメンタリー
5グラムのインクの差の話は凄すぎ…
過去の作品のことより今自分が作ってる作品を見ろみたいなことを言ってたのだけど真理
ざわわ

ざわわの感想・評価

3.8
写真を画鋲で留めて、写真はこういうことよと一言。
無我夢中で本を作る編集者たちの熱い思いも良い。
爽人

爽人の感想・評価

3.7
日本で最も有名な写真家の1人森山大道のドキュメンタリー。

絶版となっている森山大道の処女作を再版するまでと大道自身の半生を追うドキュメンタリー。

写真と向き合い続ける姿勢に感銘を受けた。

写真が好きな人ならみて損はない一作。
き

きの感想・評価

3.5
光と影で泣いてしまった、森山大作品本当にかっこいいな〜〜〜
序盤稚拙な文章入ってくるのあんまり好きじゃなかったし、題材がいいだけで映画としては普通やったけど
iam

iamの感想・評価

3.7
森山大道の写真哲学は写真を撮る人の心を軽くしてくれる。

写真はこういうことよ。これがいいんだよ。
私もこんなふうに言えるようになりたい。

しかしなんで日本では写真が売れないのだろう。
パリフォトで10分で完売してしまうような写真集が梅田の蔦屋書店に3冊もあった。
全部初版。しかも1冊はサイン入り。
chuchuyama

chuchuyamaの感想・評価

2.8
森山大道の写真は知っててもどういう人物が知らなかったし。怖い人かと思ってたけど、一見散歩しながら写真撮ってる普通のおじさんだね。80歳超えてるとは到底思えないけど。
もっと気軽に写真を撮ったらいいんだって気持ちになれる

正直、森山大道の写真の良さ?はいまいち分からないけど、写真集は見てみたくなった

とりあえずスナップ撮影に行こう
仮に売れてなかったとしても今と同じようにぷらついて写真を撮ってたんだろうな。他人の価値観や評価軸に一瞥もくれない所がすごくいい。それぞれ好きに生きたいね。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品