過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道の映画情報・感想・評価・動画配信

過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道2020年製作の映画)

上映日:2021年04月30日

製作国:

上映時間:112分

3.6

あらすじ

『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』に投稿された感想・評価

絶版となっていた処女作『にっぽん劇場写真帖』を復活させ、(復刻ではないところがミソ。復刻版じゃないのだ。雰囲気を残した再構築。使う紙を北海道で木を伐採するところから始める新しいもの、というのが凄い)…

>>続きを読む

Netflixでも見られるんだけど、あえて映画館で見ました。ものすごく貴重なドキュメントだったと思う。

最初のシーン、伐採される木々からはじまる。デジタル最盛期にあって、写真集。紙、インクという旧…

>>続きを読む
tomoki

tomokiの感想・評価

-
この人の写真を見ると、すごく引っ張られる。
昨年観た、挑戦関係の展示により質量が出てきた。中平卓馬の展示も楽しみよ。
青

青の感想・評価

-
魂が震えた
写真は自分にとってハードルの高いものだったけど、案外そうじゃないしもっと日常に溶け込んでいける良い意味で特別じゃないということを知りました。
コンデジ買ってきまーす

昨年のハイライト。
逗子のスタバで仕事をしていた。
隣の席にとても可愛い犬がキョロキョロしていて可愛いなぁと思った直後に、同じように可愛いと思ったのか少し長髪のおじさんが犬に微笑みかけていた。
そう…

>>続きを読む
c

cの感想・評価

3.5
ドキュメンタリーの作り手が森山大道に完敗してるなって思っちゃった
森山大道のこと見せてくれてありがとうっていう気持ちはもちろんあるけどね!
武蔵野館再開が嬉しかった。待ってた。森山大道面白くて最高ならドキュメント。

大道さんの齢80にしてのこのフットワークの軽さには驚愕してしまう。呼吸をするようにスナップショットを切るその姿は、世界的写真家のオーラではなく、街角の風景にスッと溶け込んでしまっている。これらの写真…

>>続きを読む
中平卓馬氏はゴダール派で
森山大道氏フェリーニ派

なんとなくそれだけで伝わる感覚がある笑

森山大道は盟友の中平卓馬からジャック・ケルアックの「路上」を貰い、その影響を受けたという。森山大道はまさに路上の人である。とにかく街を歩いて、歩いて、歩き続ける。そして、直感的に惹かれるものがあれば…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品