黒い箱のアリスの作品情報・感想・評価

黒い箱のアリス2017年製作の映画)

Black Hollow Cage

上映日:2018年01月14日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

母親と右腕を失い、心を閉ざした少女。彼女の運命を変えるのは、喋る犬と巨大な黒い立方体ー!? 父親が起こしてしまった事故で、母親の命と自らも右腕を失ってしまった少女アリス。人間の言葉を話せる装置をつけた愛犬をママと呼び、周囲に心を閉ざした彼女は、ある日森で巨大な黒い立方体を発見する。その中でアリスが見つけたのは不思議なことに彼女自身の筆跡で「彼らを信じないで!」と書かれた一通の手紙。ほどな…

母親と右腕を失い、心を閉ざした少女。彼女の運命を変えるのは、喋る犬と巨大な黒い立方体ー!? 父親が起こしてしまった事故で、母親の命と自らも右腕を失ってしまった少女アリス。人間の言葉を話せる装置をつけた愛犬をママと呼び、周囲に心を閉ざした彼女は、ある日森で巨大な黒い立方体を発見する。その中でアリスが見つけたのは不思議なことに彼女自身の筆跡で「彼らを信じないで!」と書かれた一通の手紙。ほどなくして、父親が森で倒れていたという姉弟を連れ帰ってくる。「彼ら」とはこの二人のことなのか?手紙は一体誰が書いたのか?黒い箱の正体は?やがて訪れる恐怖と惨劇。その先でアリスを待ち受ける運命とは?

「黒い箱のアリス」に投稿された感想・評価

湿った室内での狂気…
乾いた森には四角い箱!

理解することに時間かかりすぎる…
ただただ薄気味悪い印象が脳裏に浮かぶ!
ぴな

ぴなの感想・評価

-
シアター3

登場人物がとても少なくて、密室劇のような。
冒頭であまり惹きつけられなかったのもあって、ほとんど寝落ち・・・
なのでスコアは付けずに記録だけ。
もしWOWOWに来たら観直すー。
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
先ずは無機的/有機的なデザインの組み合わさった山荘ビジュアルが惹く。施された精緻な相違。章立てで区切り、微妙にずらし同じ描写を避ける事で緊張感を高めているのも好感。頭を回転させじっくり見入る類の作品か。

このレビューはネタバレを含みます

ヒューマントラストシネマ渋谷
未体験ゾーンの映画たち2018②

待ち合わせまで時間が空いてしまったのでスキンコレクターからはしご。そんな人がなかなか多かったようで満員でした。

主人公の女の子綺麗な顔してるなあ、、、この子の顔でかなり画が持ってるような気もする。

自然の中に突如現れた黒い箱(ガンツ玉の四角いバージョンぽい)に、どうなってんのか謎な義手にどうなってんのかわからないママと呼ばれて(機械を通して)話すイヌ。

結局犬がわけわからなかったんだけどタイムスリップしてきた主人公のスマホ?から声が出るってことは自分で操作してたの?それともほんとに話してるの???そこ割と気になって見てたから判明させて欲しかった…

でもわたしこういう誰か(自分)を助けるためにタイムスリップ、トリップする話すごく好きなんだよね。アニメでいうまどマギのほむらちゃんとかひぐらしとか。ちょっと違うかもだけどバックトゥーザーフューチャーみたいな。
だからそこがちょっとよかったな〜〜!!!!

序盤で速攻パパが死ぬのびっくりした。
でなるほどこれ何度もやり直す話か。って思ったら2回目で終わるっていう…
でもその世界のオリジナルアリス(っていうとすごくバイオ)は死んじゃってるんだよね…

パパを残して(寝室にいるらしいポールとエリカは結局どうなってるのか知りたい。殺したかな)アリスは黒い箱に入って交通事故が起こる前に戻って交通事故にあわないよう鍵を捨てに行くんだけど果たしてそれはただ過去か。

ただ過去なら今を塗り替えられるかもだけどそれがパラレルでそっちのアリスとパパとママは救えても、残されたパパは変わらなかったらめっちゃ切ないな〜〜ってエンドロールの間ずっと写ってる黒い箱を見ながら思ってた。

雰囲気はものすごく好きだし家もすごい良いんだけど長回し?ですごく長いシーンが多くてちょっと飽き気味だったかも、、、家全体を写したりするのは面白かったけど。
演出とか変えたらもっと面白くなりそうだな〜〜。
YukiMakino

YukiMakinoの感想・評価

2.0
未体験ゾーンの極地

・右腕が義手の女の子
・しゃべる犬を「ママ」と呼ぶ
・森で黒いどでかい立方体の箱を発見
・その立方体の中から書いた覚えのない自分の筆跡で「奴らを信じるな」という手紙が出てくる

というめちゃくちゃ引きの強いあらすじで満席だったけど、えげつないほどに眠気を誘うボンヤリした展開で全く全容が掴めなかった…誰か解説頼む…
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

2.8
これぞ「未体験ゾーン」の落とし穴的作品!スペイン製作で何故に英語なの?

片腕サイボーグの少女、喋る犬、謎の姉妹、意味不明な黒いキューブ(いや箱?)。期待はしてたんだけど、演出、脚本、演技共にお粗末過ぎるのでは?

でも、不思議なお家の作りと間取りなんかは摩訶不思議で良かった。低予算感丸出しだけど、これも又「未体験ゾーン」の醍醐味という事で自己納得。
2018ヒューマントラストシネマ渋谷
未体験ゾーンの映画たち⑥
エンドロールを観ながら各自結末を想像するマルチエンディング
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

3.5
【記録】neuchatel i. f. f.f. 4 july. 2017. in eg.