150ミリグラム ある女医の告発の作品情報・感想・評価

『150ミリグラム ある女医の告発』に投稿された感想・評価

akrutm

akrutmの感想・評価

3.6
糖尿病治療薬の重大な副作用に訴えるフランスの女性医師が、製薬会社を相手に薬害を告発していく姿を実話をもとに描いた、エマニュエル・ベルコ監督の社会派ドラマ映画。主役の女性医師イレーネ・フラションは実在の人物であり、彼女が2010年に出版した告発本が原作となっている。事件に関してはほぼ現実と同じであるが、彼女の協力者であるアントワーヌ・ル・ビアン教授は、グレゴワール・ル・ギャルという実在の教授がモデルになっているが、架空の人物である。特に、モデルとなった教授の了解を経た上で、ちょっと気弱な人物造型に変更されている。また、当時の厚生大臣が彼女を積極的にサポートしていたことは映画では描かれていない。

そういう意味で現実の事件そのものを忠実に描いているとまでは言えないが、それでも勇気ある行動を取った女医の活躍を印象的に描いている点で、内容的には地味ではあるが(まあよくある出来事と言えなくもないし)、この種の社会派映画が好みの人にはオススメできる作品である。イレーネを演じているのがフランスの女優ではなく、デンマークのシセ・バベット・クヌッセンであるのも面白い。この役に適する女優がフランスにはいないはずはないという気もしないではないが。なお、映画の中でもイレーナがデンマーク出身ということになっているが、実際のイレーネはデンマーク出身ではない。

・中年太りした体型のブノワ・マジメルが、プレッシャーに耐えられずトイレに閉じこもってしまう気弱な人物を演じているのは見どころかもしれない。

・症例対照研究の結果を発表した学会誌がプロスワン(PLoS ONE)なのに軽く驚く。オープンアクセスの学術雑誌なので、実際の論文(Frachon et al. (2010). Benfluorex and Unexplained Valvular Heart Disease: A Case-Control Study)を誰でもネットで見ることができる。

・後ろ姿だけではあるがイレーネ・フラション本人がカメオ出演していて、シセ・バベット・クヌッセンがイレーネと挨拶を交わすというシーンがある。
usme

usmeの感想・評価

3.0
30年ほど販売されたフランスの糖尿病の薬、ダイエットに効果があるとして人気があったが重大な副作用として心臓弁に異常を起こすことをフランスの呼吸器科の女医イレーヌが発見。認可を取り消すまでの戦いのお話。

[所持管理番号]
C28
NAO

NAOの感想・評価

2.5
これは、フランスで本当に起きた製薬会社のスキャンダルを暴いた女性の物語。
こんな事実があったんだと思って見るのはいいけど、映画としては退屈過ぎて寝そうになった…。
患者の為に正義を貫き通すイレーネを支えている家族が素敵だ

大きな力が働く中でも声を挙げようとする、命がけで戦う人たちがいること

命の重みを軽んじる製薬会社があること

これがまだ決着ついていないこと

知らないことを知った
Mihiro

Mihiroの感想・評価

3.0
ようやく録画視聴。
何人もの人が亡くなってるのに最初はあんなにも無下に扱われていたことがびっくり。。
megさん

megさんの感想・評価

2.9
寝てしまった…

こうした薬害を知ることは意義深いとは思う。
自分にとって縁のない業界について知る手立ての一つとしての映画。
私などは歴史にも疎いので映画で知るという事が結構ある。
これからもいろんな分野の作品を観ていこうと思う。
kiki

kikiの感想・評価

3.7
ザ・フランス🇫🇷らしい人間関係。。。
透けて見えました。

正しい事が伝わらないのは怖いよね。
詳しい人しか本当のことを知らないなんて、
Sayuri

Sayuriの感想・評価

3.8
✨ノンフィクション最高✨
こんなにカッコイイ女医、見たことない。ちょっとヒステリックだけど、そこも人間味があって素敵。家族の奏でる協和音も最高!(特に息子のドラム)

圧倒的権力からの圧力に対する計り知れない恐怖。。。こんなに立ち向かえるエネルギーはどこから来るのか。患者のために力をかしたい、その一心で突き進むイレーヌ。誰だって長いものに巻かれて楽に生きたい。が、やらねばならない時は確かにある。医師及び医師を志す人のマストムービーではないかと。
迷ったら患者の利益を優先に。私もそう考えるようにしているが、そんな当たり前のことが出来ている同業者は実は少ないようにも感じる。
noji

nojiの感想・評価

2.5
自分の気持ち優先で突っ走る主人公にちょっと引いたけど、これくらいじゃないとここまでの展開にはならないんだろうな。真実を突き詰めようとする姿は素晴らしいです。
KentF

KentFの感想・評価

2.3
実話の社会問題だけでは単調な医療ドラマとなるが、そこに情緒不安定な主人公を設定して、個人の葛藤や、ナルシシズムと正義感のせめぎ合いを盛り込んでいる。臨床のリアリティ追求も目を惹く。
ただやはり、実話の偉業に引っ張られすぎて、映画作品となりきれなかった感が否めない。大胆に違った解釈で表現してほしかった。

あなたにおすすめの記事