汚れたミルク/あるセールスマンの告発の作品情報・感想・評価

汚れたミルク/あるセールスマンの告発2014年製作の映画)

Tigers

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:90分

3.6

あらすじ

あるグローバル企業が、パキスタンで粉ミルクを強引に販売したことによって、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児の死亡率が増加してしまう。その現状を知ったセールスマンのアヤンは、自らが販売した粉ミルクが子供たちの命を奪っている事に気づき、巨大企業を訴えようとする…。

「汚れたミルク/あるセールスマンの告発」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 すっきりしない事実に基づく映画。
 自分の損得ではなく信念に従って行動することはかっこいいなと思ったが、結局、金に目がくらんで全てがおじゃんになるっていう映画。
 大企業の粉ミルクを病院に販売するセールスマンが主人公。ある日、顧客である医師からあることを告げられる。それは「売っている粉ミルクのために乳幼児が死んでいる」ということ。それを聞いてセールスマンは責任を感じ職を辞め、粉ミルクの販売を中止するよう企業に勧告する。そして外国の協力者などとドキュメンタリー番組や映画の製作をする。しかし、放送の一歩手前でそのセールスマンが金銭を要求する事実が発覚し、全ての計画は実行されず。そこで映画終了。
 おいおい・・・時間の無駄かよ。
 でも、粉ミルクをとかす水の安全性の責任は粉ミルクを製造する企業じゃなくてライフラインを整備する政府じゃないの?
薫

薫の感想・評価

2.0
赤ちゃんを守るために自分の人生を投げ打って闘った男の姿をしかと受け止めた。
Fumika

Fumikaの感想・評価

3.8
パキスタンで実際に起こった事件に基づいた作品。大企業ってのはネスレらしい。キットカット大好きな私は複雑な思い。

モラルを問われる。悪いのはわかる、でも衛生的な水を配給するってのは企業が単体でできるレベルのことじゃないのも事実。結局はフォーカスしてないけど、始まりは汚れた水。健康な身体に生まれたことがどれだけ幸運なのか、当たり前だと思ってはいけないなって痛感。

奥さんが素敵。支えるってこういうことか。
子供を産んでから最初に見た映画
モヤモヤ感が残る終わりでした
知らなかったから、知ったことによって仕事をやめ、家族・世界までも巻き込んだ大事件に発展。これが実話出そう。
薄利多売な世界の、しわ寄せを描いた映画。
仕事がら中国出張はしょっちゅう。
ホテルに置いてある無料のローカルミネラルウォーターは歯磨きやうがいには使い、あまり飲まないようにしている。
日本からお茶や水をスーツケースに入れて持ち込む。
香港に駐在していた頃に、広東省でお茶と称して色付き風味付きの液体が売られていた、ミネラルウォーターと称して水道水もどきが売られていた、そんな耳を疑うニュースを目にした事がある。
そんな事件は極端にしても、信頼出来ないものは口にしたくない。

本作で批判の対象になるのはネ*レだが、日本のディスカウントストアやコンビニでしばしセール対象になっている大手飲料企業商品と言えばコ*コ*ラボトラーズの商品だろう。
とにかく大量に作って大量に販売する事だけがカンパニーポリシーで原価の大半が広告宣伝費なんじゃないかと思っている。
色付きフレイバー付きの炭酸砂糖水は中毒性の高さが最大のセールスポイント。
糖分たっぷりでカロリーゼロでも栄養素もほぼゼロのケミカルリキッド。
炭酸飲料に限らずコーヒーやミネラルウォーターでも糖分かフレイバーで脳に訴えかける米国式。

日本の品質管理が優秀で最も信頼出来るという幻想は流石に無いが、まだマシと思えればそれでいい。
食料にしても飲料にしても、この映画に出てくるような海外メジャー企業の支配から少しでも逃れるために、国内自給率は高い方が良いし、その方が声も届きやすい。

今年は本業の方でウールやら何やらあらゆる繊維原料の値段が高騰。
食料も新興国の消費量がえげつない事になっている。
殆どが最終ゴミになるだけ。


さて、本作。
90分程で見易くしているのは意図的だろう。
商品に問題は無く売り方やそれ以前の社会的インフラの問題もあり、問題提起としては単純には済まない。
西洋社会目線の創作姿勢にどうにも違和感を覚えるが、そこも含めて本作を見る事に意義があるかと思う。
なんとなく評価は付けられない。
正直何が「真実」かよりも、何が「事実」なのかに目を向けて欲しい。
パキスタンの「スノーデン」の如く、国際的大企業を相手取って告発するセールスマンの信念と勇気の物語。

それは、誰にでも出来ることではない。

家族の命が危ないと知れば、大金をチラつかせられれば、心の天秤が激しく揺らぎ、諦めたくもなるだろう。

男の心が折れそうになった時、妻が静かな口調で叱咤する。

「そんな夫は尊敬できない」

優れた妻の一言で、男の心の中の虎が、正義の牙を剥く。

僕の心の中にも、虎は居るだろうか。

p.s.

エンドロールが無音で、まるで汚れたミルクが、着ている服にジワリと染み込むような、とても感慨深いひと時だった。
nancy

nancyの感想・評価

3.4
平和な国で平和な毎日を送っていると、それが当然のものと思いがち。
だけど、地球の裏側ではまだまだ文明の発展していない国がある。
街がある。
人々がいる。
そこに、自己の利益追求ばかりを優先し、土足で踏み込むこと。
赦されるか、赦されざるかではなく、人間の本質が問われている。
moco

mocoの感想・評価

3.4
ほぅ。どうしたものだろうか?
一家がカナダで幸せに暮らしてることを祈ります。
>|