汚れたミルク/あるセールスマンの告発の作品情報・感想・評価

汚れたミルク/あるセールスマンの告発2014年製作の映画)

Tigers

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:90分

3.6

あらすじ

あるグローバル企業が、パキスタンで粉ミルクを強引に販売したことによって、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児の死亡率が増加してしまう。その現状を知ったセールスマンのアヤンは、自らが販売した粉ミルクが子供たちの命を奪っている事に気づき、巨大企業を訴えようとする…。

「汚れたミルク/あるセールスマンの告発」に投稿された感想・評価

国内製薬会社から多国籍企業(ネスレ)に転職したアヤン。順調に業績をあげるが、自分が売っている粉ミルクのせいで子供たちが死んでいる事実を知る。職を辞め会社を告発するが周囲からの圧力が強くなる。家族に助けられながら外国ジャーナリストと共に戦う姿を描く。実話に基づいた映画。
本人よりも周りの家族の勇気を讃えたい。
ネ〇レにたいする見方が変わった作品。

現地の責任者が悪かったとか、地域ごとで統制がとれてなかったかもしれないとか、本社の方針に決定的な過失があったかは定かではない。

けれど、この作品で取り上げている告発ひいては1930年代からあったとされる粉ミルク問題にたいするネス〇の企業としての回答(詳細は企業の問い合わせページ参照
)が好ましくなかった。

問題を起こさないかどうかも勿論大事だが、起こしてしまってから企業としてどういう対応をしたかがその後の顧客獲得に繋がっていくことを理解してるのだろうか。
koyo

koyoの感想・評価

3.7
フィクションじゃないからこそ、恐ろしい。ただの告発映画と思って見ない方がいいです。

パキスタンのセールスマン(アヤン)が、国産の薬のセールスマンから、一流グローバル企業に転職をする。そこで、粉ミルクを医者達に営業し、トップセールスマンになり、裕福な生活を過ごせるようになる。

しかし、貧困層の人たちは、汚染された水で粉ミルクを作っていた。その粉ミルクを飲んだ赤ちゃん達は、次々と死亡してしまう。

その現実を、知ったアヤンは退職をして、企業を告発することから、彼の人生は翻弄される事に……

大企業を告発した映画は、よくありますが、最終的に勝ってハッピー。そんな、映画(それが、悪いとかではなくて)とは別物の本当のタブーに触れてしまったことを、描いています。

1人の男が人生をかけ、帰る国を失ってでも、挑んだ戦い。を是非見てください。
ted

tedの感想・評価

1.2
必要以上に主人公の家族を、貧困層で、学はないけど、善そのもの、みたいな描き方しているから、なんかこう冷めた目で観てしまいましたけどね、あのぐらいぶっ飛んだ純真な心がなければ、そして世間知らずでなければ、こういう告発は出来なかったであろうと考えると、意図的にそう描かれているんだろうなというところに落ち着いたわけです。
iceman

icemanの感想・評価

-
隠れた真実…

世界最高の謳いが小さな命を奪う時、男の勇気はその信念の貫きにより命の尊さを教えてくれる。

世界で議論を巻き起こした問題作。

正義を貫く事、それは大きなエネルギーを必要とする。
ましてこの巨大企業なら勝てる要素は少ない。
闘いに挑んだのはそこで働いていた一人の営業マン。
この勇気、その迎え撃つエネルギーとは自分が勧める商品で子供達が死んで行くその姿なのだ。

昨今、あってならない巨大企業のお偉方が頭を下げる不始末が続いている…
誤って済むものならその代償は誰が負うのか?
既に本当に大切なものを失っているのだ。

その代償とは計り知れなく大きなもの。

このレビューはネタバレを含みます

そういえば粉ミルクのCMって見たことない。
実際にあったネスレボイコット事件を映画化。
「汚れたミルクの」タイトルから異物混入かと思いきや、大企業が途上国で粉ミルクを売るために医師を巻き込んで推奨する→きれいな水が出ない殆どの地域で劣悪な水で溶いたミルクが横行し死亡例が多発する。の構図で、
んー、赤ちゃんの口に入るものを質の悪い水で作らざるを得ない途上国の環境が問題であって、大々的に宣伝を打った企業の責任って問題はそこなのかなと、ちょっともやっと。

ただ、この作品の肝は大企業相手に一個人が立ち向かうことの難しさで、家族や自分に危害が及び、無力感にうちひしがれたときに、ただ一人の人間の信念が揺らぐのは決して悪いことじゃないのに、全ての信用を失うような行為に仕立てあげられる。
そういった類いのやりきれなさが残る作品だった。
まぁ

まぁの感想・評価

3.9
上手く言葉が見つからないけれど…。

口に入る物って…「信用」「安心」して…いますよね…*
(「安全」だと…思っていますね…追記)
まして、国の奨励、大手企業…の名がつくと…*

本作の主人公アラン……告発するには相当な覚悟、勇気、葛藤、悩みetc…があったはず…*
自分だけでなく、家族(妻や子ども、両親)の命も…狙われてしまうと…苦しかったと思う…*

でも…見過ごせなかったんでしょうね…*
正義感が強く…信念を持って…行動に移したのでしょう…*

こういう問題って……知らないだけで…*
…氷山の一角…かな…とも思いますが、
この作品を通して、その「一角」が知れた事は良かったです…*

でも…何かモヤモヤが残っていて……白黒ハッキリ出来ない「事情」も…あるのだろうな…と思います…*

劇中の赤ちゃん…観ていて本当に辛くなりました…*

親として…「家族の食事」には、もっと気を遣わなくては…と思いました…*
自分の好きな、真実に基づく作品だったけど、物語的には見応えはそうでもなくいつのまにか終わってる感じ。
ただ、あそこまでやる恐ろしい企業に信念曲げずに立ち向かうセールマンには驚愕。
sin182

sin182の感想・評価

4.0
凄いの一言。

何が凄いって、大企業を
相手に命を狙われながらも、
訴訟と言う莫大なリスクを
負いながらも、
絶妙なラインで作り上げた
監督や内部告発をした
セールスマン。

右や左と極端な論争は
横に置いて、信念に従う
勇気と世界に発信する為の
ギリギリのボーダーライン。

在り来たりな内部告発作品で、
有りながら、在り来たりで無い
ジワジワと考えさせられる
作品。

冷静に考えると自分なら
絶対に出来ない。

答えが出ない終わり方に
リアルを感じる。
ドラマチックなラストは見つからなかったけど、冒頭近く、一瞬だけ見せた実際の社名に、製作者の気概を感じた。
実話らしく抑揚の無いストーリーと呆気ない結末を、凝ったプロットで巧みに訴訟リスクを避けながら見せる手法が面白かった。
>|