ゴッズ・オウン・カントリーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ゴッズ・オウン・カントリー」に投稿された感想・評価

リョウ

リョウの感想・評価

4.0
ブロークバック・マウンテンの痛みや悲しさを、この映画が救ってくれたような気持ち
映像が凄い美しい、早朝の山の匂いや空気が観ているこちらにまで伝わってくるよう
Pinkman

Pinkmanの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ここは美しいが寂しい。


前半はブロークバック・マウンテンで見たことあるようなシーンが続く。動物嫌いだけど子羊かわいいな。ゲオルゲと一緒にいるとジョニーがだんだん子羊に見えてくる。白いし顔も羊っぽい。
烏肌実

烏肌実の感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

寒色を基調とした画や台詞少な目の構成で生まれる暗い雰囲気は、主人公の抱える心理的な閉塞感に通じていて「映画」って感じがして良いなあとおもた。
主人公とゲオルグの鬼気迫るセックスシーンは『君の名前で僕を呼んで』や『ブロークバッグマウンテン』等とは違った美しさがあり、荒涼とした自然もまた美しい。あと子羊がかわいい。

めちゃくちゃ良い映画観たなと思わせるそれ。マストウォッチだと思う。
猫茶

猫茶の感想・評価

4.6
ジョニーの孤独や人生への絶望が、ゲオルゲとの関わりの中で緩やかに溶けていく様子が美しく描かれています。

「愛されている」という実感がどれだけ人を癒す力を持つかということを感じました。

性描写は少し生々しくて苦手な人もいるとは思いますが、それでも傑作と呼ぶにふさわしいかと。

LGBT映画は『ムーンライト』、『キャロル』に続き3作目ですが、個人的にはこれが1番好みです!
誰でもジョニーだったら、牧場も家族も捨てて都会に出たと思う

頑固親父ときみ悪い祖母との退屈な暮らしなら

毎晩、酒でも飲まないとやってられない

そんな環境に、かっこよくて優しいゲオルゲが現れたら

惹かれてしまうのは自然だろう

優しい男二人の物語
RPlusSeven

RPlusSevenの感想・評価

4.0
・愛の言葉よりも泥臭い肉体関係を求めていた男たちが、言葉を交わすことによって温もりのある関係に変化していく様子が素敵。
・言葉を交わすことの必要性を、病に倒れた父親との対話を通して感じているところも良い。
・序盤の「労働&酒&男」しかないジョニーの鬱々とした演技もすばらしい。
・ヤギかわいい。
はい

はいの感想・評価

4.5
泣いた。

ジョンがはじめ、本当にイラつくようなやつだったんだけど、ゲオルゲに出会って不器用ながらも成長していく様子に後半はもう全力で応援してた…

お父さんとの関係も絶妙でよかった。

ブローバックマウンテンとの関係性もよいので調べてみてください!
ジョニーが苛立ってばかりだし祖母の手伝い全然しないし偉そうな態度するし、いい加減にしてくれよ!と思ってしまった部分もあるけど、家族からまともな愛情受けてこなかった感じだし、家業だからやらないといけない仕事を1人でやらなきゃいけないし、父親は体悪いし、ジョニーも大変なのよな…ツライ😭

そんな中で現れたゲオルゲ…あなたが救い主か…?
めちゃくちゃ面倒見良いし優しいので、ジョニーにはこういう人が必要だったと思う。
来てくれてありがとう…。
「幸せになれると思う」と言ってるとおり、
この2人には本当に幸せになってほしいですね…

この世の辛さを凝縮したような内容だけど、ゲオルゲのおかげで希望の光が見えるラストが良い。
そしてエンドクレジットがとても優しい映像だった。

ところで、『山の焚火』といい『ブロークバック・マウンテン』といい、人は大自然に囲まれるとリビドー高まるの???
そしてま〜た好きな人の服に染みついた匂いを嗅いでいる。
これシリーズとして集めたい(?)
aaaa

aaaaの感想・評価

4.2
映像や演技に凄くこだわりを感じました。
特に音楽の使い所がめちゃくちゃ良かった。

繊細で美しい映画です。
Shiho

Shihoの感想・評価

3.1
テーマと景色は良いのに、内容のバランスが悪くてもったいないと思った。

イチャイチャするシーンが多くて、気持ちの変化とか成長していく過程がもっと見たかった。

イチャイチャするシーン、そんなに要るか?って思った。
>|