スマート・チェイスの作品情報・感想・評価

スマート・チェイス2017年製作の映画)

S.M.A.R.T. Chase

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:95分

2.9

あらすじ

仕事がうまくいっていないプライベート・セキュリティ・エージェントの男、ダニーは、上海から高価な中国産の骨董品を無事に運び出す仕事を与えられ名誉挽回のチャンス を得る。しかし、その道中でそのブツを狙う謎の集団の襲撃に遭い、依頼品を奪われてしまう。過去の事件との共通点に勘付いたダニーは、このピンチをチャンスと捉え犯人を追跡するキケンな作戦変更に出るが、そこには予想だにしなかった驚くべき黒幕が隠されて…

仕事がうまくいっていないプライベート・セキュリティ・エージェントの男、ダニーは、上海から高価な中国産の骨董品を無事に運び出す仕事を与えられ名誉挽回のチャンス を得る。しかし、その道中でそのブツを狙う謎の集団の襲撃に遭い、依頼品を奪われてしまう。過去の事件との共通点に勘付いたダニーは、このピンチをチャンスと捉え犯人を追跡するキケンな作戦変更に出るが、そこには予想だにしなかった驚くべき黒幕が隠されていた!

「スマート・チェイス」に投稿された感想・評価

全然スマートじゃない✋オーランドブルームのせいで午後ロー臭もしない✋
なぜ上海を舞台の映画に1人だけオーランドブルーム?という疑問は置いておいて、一昔前のアクションムービー的な映像と展開を普通に楽しませて頂きました。
なんか突っ込みだしたらキリが無いんですがwそんなところも含めて愛らしい作品でした。
任務、或いは作戦がことごとく失敗するその理由が適当だったりよく分からなかったりと大雑把な作り。

演じる役者は美男美女揃いだけれども一つも突出した部分のない平均的な登場人物たち。

チームが連携して事に当たるが故にカット数が多く、またビートの強い楽曲が全編通してずっと流れている仕様、なのでなんとなくテンポが好いと錯覚させられて、果たして。

フツーに詰まんなかった、で片付けるのが精々の凡作で御座いました、と。
sobayu

sobayuの感想・評価

3.0
ああいう美術品配送業が生業として成立するのか疑問というか、オーランドブルームの職業、別に警察か泥棒でよくない?もしくは扱う美術品は盗品で正規ルートを使えないとか何か理由がないと、なんであんな保険も入ってないようなチームに頼むのか‥大事なのは保険ではないか?!

オーランドブルームの彼女役、どこかで...と思ったらイップマンの奥さんだった。ちょう美しい。
琴乃

琴乃の感想・評価

3.3
楽しかった
リンさん本当にきれいだし
ヤムヤムが良かったし
みなさん強めのファッションで素敵
呉磊さん、初めて見たけどかっこいい
MAKOTO

MAKOTOの感想・評価

3.5
思っていたよりも面白い作品でした。
身構えず、深く考えずに気軽に観るタイプのアクション映画だと思います。
レビューで低評価されているのを知っていたので、
私の中でハードルがかなり下がっていたのもあるかも知れませんが(苦笑)

やってることが全然スマートじゃないところとか、
この世界に銃器ほぼ無意味で物理(拳)が最強で、肉体戦闘の殺陣がカッコイイところとか、
セキュリティ側も敵側も作戦と警備がザルすぎるため、ザルvsザルの戦いになってるところとか、
でもキャラクター達は全員真剣なので、逆にそれがむしろ面白かった。

昨今、ヒーロー映画でも重苦しい内容が多いので、
色々ツッコミを入れながら気軽に観れるB級映画としてコミカルで良く出来た作品だと思っています(褒めています)。
私は好きですこの映画。

何よりもキャラクターのファミリー感が私のツボでした。
ダニー(オーランド・ブルーム)の恋人リンの叔父さんのマッチ、強くて可愛いJ、サポートのPCオタクなディンドン。
このセキュリティチームのファミリー感がすごくほのぼのしてて可愛かった。
特にディンドンのキャラはめっちゃ好きです。


一番の見所は、オーランド・ブルームが筋肉ムキムキな身体を惜しげもなくさらけ出しているパンイチ(赤パン)姿と、
エンドロールのNGシーン&メイキングがとても可愛い。
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
久々のO.ブルーム主演が嬉しい。数々のスパイ・アクション大作の二番煎じ的な演出、薄っぺらな恋愛部に突っ込み処満載だがドローンを徹底的に使い回す組織力やテンポが良く、気楽に楽しめた。NG集は垢抜けずご愛嬌。
ヒロインのドレスがヨロイみたいなデザインで色っぽくないわ(笑)

全然ノーマークだったけど、オーランド・ブルーム主演のサスペンスって事で興味がわいた作品。
5月最初の作品はこれで!(笑)

絵画と陶磁器と彼女、全てを手に入れようとする話し。
海賊だった頃のオーランド・ブルームって、ジョニー・デップを凌ぐ人気で、彼の唯一出なかった『生命の泉』が大不評だったのに、最近観た『アンロック』は脇役だったし、今作は主演だけど中国資本…、もう過去の人なのか?(笑)
金の為にどんな役でも引き受ける、ニコラス・ケイジのようになっちゃうの?(笑)
まあ、ファンってわけじゃないからどうでもいいけど(笑)
話しを今作に戻して(笑)
美術品などの輸送をしているセキュリティ会社が、一度ならずも二度までも強奪事件にあい、美術品を取り戻して、全てを元通りにしようとする、サスペンス・アクションで、その強盗が実は仕組まれてて陰謀に巻き込まれるってストーリーはありきたりかもしれないけど、なかなか面白かったです!(笑)
主役のタイプは似ても似つかないけど、まるでジャッキー・チェンの出演作みたいなノリでした(笑)
エンドロールでNG集ぽいのもあるし(笑)
あっ、でもカンフーは使わないので悪しからず(笑)
オーランド・ブルーム以外が殆ど活躍してないのは勿体ないなー。
ご都合主義なところもあるし、ラストがあっさりし過ぎ、と言うか雑なんやけど、期待してなかった分、充分楽しめました!

今作観た帰りにレンタルしてたDVD返しに行って、次に借りるのを物色してると右側から
女A「これ、暗くなるやつ(多分『ゲット・アウト』の事w)あるで。」
女B「オチがダメらしいし、いらんわ(笑)」
と可愛らしい声の会話が聞こえてくるじゃないですか!(笑)
『ゲット・アウト』面白いのに!って思いながら2人の方見ると……、マツコデラックスみたいなお2人がドスドスと歩いてらっしゃる!(笑)
そそくさと、その場を立ち去ったのは内緒ですよ!(笑)
オーランド君は、エルフや、パイレーツのイメージが、強いから、心配してましたが、渋味も出で、新境地を、開いたんと違いますか❗ ストーリーとしては、よくあるストーリーで、女優さんは、綺麗でしたね❤
エンドロール時、NGシーン流れます🎵
はたしてオーランド・ブルームである必要があったのか…

一体どこに新鮮味があったのか…

あるあるストーリーではあるけど、オーランド・ブルームを使ってなければまだよかったものの、下手に大物感出してしまったせいで中途半端さに磨きがかかってしまった残念さ…

欧米感を頑張って出してるけど、エンドロールの時のNG集は昔懐かしの香港映画手法(^◇^;)そもそもオープニングの時のキャスト紹介で中国系以外の人の紹介は名前の後に出身国入ってたけど、あれには何の意味が??

正規料金で入らなかったのがせめてもの救い_| ̄|○
公開三日目で243人入る劇場に観客4人とか大丈夫かな、あたしには関係無いけどw

敵ボスの女性のあの薬指と小指のシャキーン✨はアクセサリーなの?それとも武器なの??
敵の手下のトップは肥えた前園さんにしか見えなかった…
>|