ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドのネタバレレビュー・内容・結末

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

展開の仕方にデスプルーフの疾走感を感じた
プールの中で焼死させるなんて
最高、おもしろすぎる。
タランティーノ節炸裂のラストシーン、タランティーノ映画に耐性がなかった私だけど、あれは笑っちゃった。笑ってるのが不思議なくらいヒドイのに!軽くだけど、題材の事件を予習してから観たのが良かった。

あと1960年台のアメリカはやっぱり素敵。
家、車、ファッション、諸々の雰囲気が最高にかっこいいーー憧れるーーー

そして何よりブラピのかっこよさが爆発しすぎ。
決めた、生まれ変わるならブラピでお願いします。
まさか、シャロン・テートが殺されない世界線を作っちゃうなんて。
現実世界やったら、罪のない人を惨殺した凶悪犯を同じ目に遭わせるのは、不可能に近いけど、映画やったらそれができちゃうねんな。それを、ブラピとレオ様がやってくれたんがスカッとした。
あんないきすぎたバイオレンスシーンでこんなに笑いがこみ上げてくるとは!
うん、やっぱ面白い
長いよ?3分の2は削れるけど
ぜーんぶ繋がってくる
後半15分ぐらいは釘付けで見てるから
それを楽しみにみんな見て欲しい
この映画、チャールズ・マンソンとやらとか、シャロン・テート殺人事件のことを知らずに観たら、「なんかなんなん?この映画」って感じで観てた。実際にいた人物や悲惨な殺人事件のことを知ってから観た方が断然いいかな。
事実とは違ったハッピーエンドになってて、レオナルド・ディカプリオとブラピ演じる2人の友情がいいな。
1960年代頃のハリウッドが舞台なのも魅力あるよ。
カルト集団でヒッピーのファミリー作って殺人起こしてた事実の酷い事件を映画の中では隣人に住む人気のピークを過ぎた俳優リック・ダルトンのスタントマンしてるクリフ・ブースと犬とリックの新妻、そしてリックが侵入してきたヒッピー達を猛反撃してて、凄すぎる。アレ、正当防衛になるん?ってびっくりもの。
笑っていいのかなと思う程。けどレオナルド・ディカプリオ扮するリックが可愛かった!ブラピ扮するクリフはカッコいい!
初めて劇場で観たときは多分二度と見ないかラスト13分だけ飛ばして見るなと思ったけど定期的に見たくなるので酷いときは5日連続毎晩全編見た事もある

見る回数が増えるごとにムクムクと3時間じゃ足りなくない?という気持ちになってくるので不思議だ…4時間版一生待ってる…

just one を経て2回目鑑賞時の冒頭I tryは震えた
タランティーノ作品の中では楽しめた方だと思います。
まあレオとブラピのタッグをずっと見れるだけで低い評価はつけられない。笑
おじさんなのに何でこんなカッコいいの。
個人的にはエミールハーシュも好き。
んでマーゴットロビーがバチバチにイイ女だった。笑

リックの喜怒哀楽激しすぎて情緒不安定感やばかったw
クリフは治安悪すぎるw
映画の中で映画見てる気持ちになって面白かった。
タランティーノ!って感じのこのカットいります?こんなに長く撮るシーンか?みたいの序盤からたくさんあったね。
この2人だから見てられたけど。

みなさんの助言を受け予習してから挑みました。
正解でした。
それでも実際に起きた事件を元にしていることなんて途中から忘れてた。
クリフが牧場のじいさんに会ったところとか会話進まなすぎてタイムリープしてんのかと思って笑った。
何かクスッとできるとこがちょこちょこあってタランティーノ作品でそんな日が来ると思わなかった。

んで油断してたら事件の時が近づいてた。
惨殺って感じで酷すぎることが起きてたんだな。
カルトが狂って殺したうえに相手間違えてたなんて…そんな死に方悲しすぎる。
って思いながら予習バッチリや!って見てたら何か全然違うこと起きたw
何かコント始まったんだけどw

急にターゲット変わったしてか殺られてるし。
犬強すぎだろ。
ブラッドピット1番残酷なことするw
そんで火炎放射器はここで伏線回収すんのかいw
あの女の子ずっと叫んでて喉半端ねえな。
マーゴットロビー死んじゃうの悲しいって思ってたのにパーティー始まりそうじゃん心配してた時間返せw160分w

まあしてやられたってことなのかね。
意外と飽きずに見れました。

オマージュとかもめちゃくちゃあるって言うし昔の映画や俳優の話とかあって、
映画ガチ勢とかタランティーノファンは全く違う楽しみ方してんだろうなぁ。
もしかしたらこの作品を半分も楽しめていないのか…って思ったけど別にそれでいいや。笑

Once upon a timeってことでめでたしめでたし。
(編集中)

面白くなかったけどあの世界観を観ていて楽しくはあった。
嫌いじゃないね。
ブラピはやっぱ最高にカッコイイ。
アンテナ直すために塀の上ジャンプして屋根に登るとこ好き。

こう言うと身も蓋もないかもしれんけど…冗長。
劇中劇、長すぎん?
もっかいフルで観ようとはならんかなあ。

思い出した頃にワンシーンだけ見返したりするくらいかな。

60年代ハリウッドの時代背景については全然疎いから、メタネタとかパロネタがあったとしても理解はできなかった…。それを知ってたら楽しめたのかな?

映像は綺麗だった。なにげないシーンでも凄くカッコよく見えるのは監督の手腕なのか。

ラストのシーンは監督が映画を使って過去の犯罪者達に復讐しているように見えて清々しかった。まぁまぁグロいけどあそこまでやるとグロすぎてギャグに見えてあんまり拒否反応はなかった。

火炎放射器のくだりとか監督が「俺の映画攻撃をくらえ!」って犯罪者達にかましているようで笑えた。

ブラピは何がしたかったん?
何者かって説明せん事に意味があんの?
掘り下げる必要ないからあえて掘り下げんかったん?
無駄に考察してもーてんけど…
スコアの打ち分けはタランティーノの音楽センスとブラピの肉体美と1960〜70年代の描写
マーゴット・ロビーが可愛いかった。

グロシーンは安定のタランティーノ節が効いてる。

実在の事とフィクションが混じりあってて面白いけど、自宅で見るのには長すぎて途中ギブアップしそうになったよ(′・ω・`)

ギブアップしないで全部見るといい映画。
>|

似ている作品