ロング・グッドバイの作品情報・感想・評価

「ロング・グッドバイ」に投稿された感想・評価

ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.0
原作を読んだ方からは不評のようですが、私は好きだと思いました。アルトマンの映画で唯一理解できた作品かも。群像劇じゃないからかな?とにかく探偵さんがスマート。あまりその辺は訳されていませんが、台詞も粋で皮肉なのが良い。軽いタッチも魅力で、また見返したくなる一作でした。
かーく

かーくの感想・評価

3.2

主人公の魅力は半端ない。けど普通のサスペンス、テンポが悪いのか間延び感。ハードボイルドでも猫映画って感じでも無いと思った。良さがわからずショック。音楽とかかな
『カウボーイビバップ』も『探偵物語』も、自分の憧れた作品たちはこの映画から始まっていた。
sonozy

sonozyの感想・評価

3.8
私立探偵フィリップ・マーロウを主人公とするレイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説を映画化した作品。

ハードボイルド=ハンフリー・ボガート的な渋い男のイメージを持っていたんですが、さすが70年代テイスト、まったく想像と違いました。

このマーロウ(エリオット・グールド)の演技で、松田優作のキャラが設定されたと言われるのに納得の、独特のキャラなんです。

冒頭、ジョン・ウィリアムズによるジャズが流れる中、マーロウが朝3時にお腹すかせた飼い猫に起こされて、キャットフード買いに行くあたりから、やられます。笑

まず、シュールなのが、マーロウが住む不思議な構造のアパート。その隣人は昼も深夜もなぜかベランダにいて、上半身ハダカでヨガ、ダンス、宇宙との交信?してるヒッピー・ムーブメント的な女性グループ(たまに男性もいる)。彼女たちはストーリーにはまったく絡まず、妙な存在として何度か出てきます。笑

犯罪モノなので、もちろんストーリーはしっかりあるんですが、推理ドラマ的に伏線を追ったりしていると肩透かしされるし。
極悪非道な奴らも出てくるんですが、こいつらも追い込みが甘いし。(このメンバーに無名時代のアーノルド・シュワルツェネッガーもいました。セリフ無しで筋肉見せるだけ。)

ラストも、こうなっちゃうんだ的展開&妙にポップな音楽。

何とも不思議な魅力満載な作品でした。笑
これは面白い映画というよりはたまらく好きな映画です。この映画のすごいところは最初の脱力感たっぷりのネコとのやりとりで、完全に世界観に引き込まれるところです。原作も傑作ですが、アルトマン監督さすがです。
MICKKICHI

MICKKICHIの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

アルトマン監督の傑作。
50年代のハードボイルドヒーローを70年代に置き換え、軟弱そうでなかなか一筋縄では行かないリアルなマーロウ像を見せてくれた。猫好きで、女性に甘く、車に惹かれ包帯グルグルになっても、ラストシーンの爽快さがもう最高!
原作改変なんてたいしたことじゃない。
チャンドラーの私立探偵のフィリップ・マーロウを主人公にした小説の映画化。話はイマイチわからないけど所々エモい。シュワちゃんも出ててびっくり。
探偵のものがたり

謎解きうんぬんも楽しめるけど、
何よりも謎を解く過程が面白い。

主人公キャラ、彼を取り巻く環境、
人、 街の雰囲気…
非常に引き込まれる映画だった。
Catman

Catmanの感想・評価

5.0
its ok with me ( ´Д`)y━・~~
1973年公開。エリオット・グールドが凄く良い。彼特有の飄々として人を食った感じが主人公の存在感を豊かなものにしていて、脚本はそれほど巧みでは無いのに物語に惹き付けられる。カッコ良くないからカッコいい。ちょっと説明台詞が多過ぎるなーとは思うけど。また思わせぶりなヘンテコな人物や怪しげなシーンが度々登場するものの、最後まで全く本筋に絡まない投げっぱなし感もこれはこれで良い。伏線回収なんてどこ吹く風。犬の交尾のクローズアップに何か意味があるんだろうか(^^;; 分かる方いらしたら教えてください…
音楽はジョン・ウイリアムスで、ジャジーな劇伴が素晴らしい。デイヴ・グルーシンの演奏もイイんだよなぁ。『チャイナタウン』『タクシードライバー』にも通ずる70年代ならではの退廃的なムードに浸ります。撮影も良くって、特にビーチのシーンは印象的。
それとネコ!! 冒頭に出て来る猫とグールドのコンビネーションが完璧なんです。どうやって撮ったんだろ。めっちゃ可愛い…

ところで今日、偶然にもこんな記事を発見→『ロバート・アルトマン「ロング・グッドバイ」が日本初BD化、90分の特典ディスク付き』 マジかああああああぁぁ
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.5
ハードボイルドな私立探偵の元祖といった感じ。1973年と、かなり昔の作品ですが、古くささを全然感じなかった。マーロウの家とか凄くお洒落♪エレベーターから降りてエントランスまで向かう通路とか素敵だった~♪それに冒頭から出てきた猫♡わりと長いこと演技(?)してた猫が可愛すぎる。ラストも出てくるの期待してたんだけど、行方不明はそのまんまか…、残念。マッチをどこでも擦る仕草がかっこいい。スラックスにネクタイ姿、煙草、お酒、ペット、エロいおねーちゃん…もう、探偵といえば!みたいな原点の作品です。
>|