ヘイル、シーザー!の作品情報・感想・評価

ヘイル、シーザー!2016年製作の映画)

Hail, Caesar!

上映日:2016年05月13日

製作国:

上映時間:106分

3.1

あらすじ

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨ…

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や、みんなの憧れのミュージカルスター(チャニング・テイタム)、演技がどヘタなアクション俳優(アルデン・エーレンライク)など、撮影中の個性溢れるスターたちを巻き込んで、世界が大注目する難事件に挑む!

「ヘイル、シーザー!」に投稿された感想・評価

昔の良き時代のハリウッド映画作りってこんな感じだったんかな?
大根役者に赤狩り…いかにもコーエン兄弟らしい皮肉が効いた作品。

だけど、僕はあまりコーエン作品の相性良くない。
だから本来ならゾクゾクするとこもあるんでしょうが、そうならなかった💦
世間の評価が厳しいけど、そこまで酷くはないって印象かな(良くもないけど…)

ジョージ・クルーニーの使い方が雑(笑)
台詞の言い回しで揉めたあとの、It's complicatedが草
koma2chan

koma2chanの感想・評価

2.8
キャスティング豪華だが・・・
ジョージ・クルーニーが何か可笑しいです。
業界あるあるを映画にしているのだろうなぁ。業界人には受けている⁉︎
コーエン兄弟の外れ作品。古き良き時代の映画讃歌。私に共産主義者に対する理解が無いからノレないのか、各エピソードと本筋の身代金目的の誘拐事件との関係が見えず、つながってない感じがいけないのか、散漫な印象。キャラもの揃えて、映画制作裏話の可笑しいシーンも多々あり「ビック・リボウスキ」くらいに面白くなりそうなのに残念。
mao

maoの感想・評価

2.5
出演者が豪華なのに面白くない典型的な無駄遣いだけど、なんか映画愛だけは感じた。
50年代ハリウッド。
アメリカ映画業界の裏側をブラックユーモアたっぷりに描いた作品。

ストーリーはあるようであまり無い。
ウエスタン俳優が田舎モノ扱いされ、芸術派監督とのやり取りが面白かった。

なんとなく、ロバートアルトマン監督のザ・プレイヤーを彷彿させる。

50年代を舞台にしたのはコーエン監督のこの時代への憧れ?!
tomtomcafe

tomtomcafeの感想・評価

3.5
コーエン兄弟によるハリウッド黄金期を再現したコメディ。
キリストの扱いをどうするかでカトリック、プロテスタント、ユダヤ教、正教の神父や牧師を読んで議論させるシーンが滑稽でした。
ん

んの感想・評価

3.2
ちょこちょこ笑えるとこあったけど全体的におもろかったか言われるとびみょー
matsunikki

matsunikkiの感想・評価

2.0
よく分からなかった。というか共産主義者の理念とか、言ってる意味さえ分からない。
1950年の時代背景や当時の映画業界に詳しい人が観たら面白いんだろうか。

コーエン兄弟の笑いって、やっぱりハマらない。

キャストは豪華。これだけ毎作品、豪華俳優陣が集まるってことは、業界内では評価が高いんだろうなぁ。あとホビーがいい人で良かった。38
>|