ヘイル、シーザー!の作品情報・感想・評価

ヘイル、シーザー!2016年製作の映画)

Hail, Caesar!

上映日:2016年05月13日

製作国:

上映時間:106分

3.1

あらすじ

「ヘイル、シーザー!」に投稿された感想・評価

YuikiKoiwa

YuikiKoiwaの感想・評価

3.8
自分の正義を確かにするための寄り道は必要だし、それは一方的に与えられるものなのだろう。

生きていて紆余曲折あれど、日々自信を持って歩みたいものだ。
こじ

こじの感想・評価

3.0
機内にて。
どうしてもイントネーションがおかしくなるカウボーイにイイネ!
MiYA

MiYAの感想・評価

2.8
「ザッツ・エンターテイメント」でみたようなミュージカル黄金時代の映像を、チャニング・テイタムやスカーレット・ヨハンソンらによって再現するシーンは素晴らしい。ただ映画としては誘拐事件やら、業界の内幕暴露やら、コミュニズムやらと、コンテンツがとっちらかって、つかみどころがない感じです。
ゴマ

ゴマの感想・評価

3.2
コーエン兄弟のコメディ映画。
「オー ブラザー!」よりはこちらの方が笑える場面も多く楽しめたかな。
コーエン兄弟の作品の主役って必ず悲惨な目に逢うね。宗教的な部分や、ハリウッドと共産主義の関係など、背景はかなりダークなのだがコーエン兄弟はそこを見事にコメディ映画に昇華させていて上手いなと思った
miumiu

miumiuの感想・評価

3.7
1950年代、TV業界に押されて衰退気味のハリウッド映画業界を舞台に、大作『ヘイル、シーザー!』の主演俳優誘拐事件をはじめとするトラブル対応に紛争するプロデューサー(ジョシュ・ブローリン)の物語。

登場人物が多いうえに俳優が豪華! これは追いきれない…と、解説つきで感想書いているブログを参考にさせていただきつつ鑑賞しました。(ネタバレ気にしないタイプ)
1950年代ハリウッドに実際にいた人物をモデルにしているキャラクターもいるらしい。なるほどー。

豪華俳優陣の共演。
他作品の渋さ格好良さを全く感じせない、誘拐される俳優役ジョージ・クルーニー、
映画では清純派人魚役なのに裏では悪態つきまくりの女優役スカーレット・ヨハンソン、
みんなの憧れのミュージカルスター、歌もダンスもタップダンスも完璧なチャニング・テイタム、
しつこい双子の記者ティルダ・スウィントンなどなど。他にもいちいち豪華。

豪華メンバーの中に若手が混じってる…でも見たことある…と思ったら、『ハンソロ スターウォーズストーリー』で若きハンソロを演じているオールデン・エアエンライクでした。
西部劇専門スターで訛りのキツイ若手俳優役。
英国人映画監督役レイフ・ファインズとのくだり、めっちゃ笑った! 英語の訛りがわかるともっと笑えるんだろうなー、そこは残念。

終盤のジョシュ・ブローリンの説教も笑いつつしみじみ。
俳優のスキャンダルネタ、匂わす程度でいまいちわからなかったんだけど、コレも元ネタがあるんだろうか?
伝わらないところもありつつ、好きな俳優の出演シーンだけで楽しくお腹いっぱい! なコメディ作品でした。
hrt2308

hrt2308の感想・評価

-
50年代のハリウッド・スタジオを舞台にしたユニークなコメディ。映画界を覆っていた赤狩りの時代の描き方も面白い。

スタジオを経営するエディ・マニックス(ジョシュ・ブローリン)は様々な問題を抱え解決していく日々。
そんな中、大スターのベアード(ジョージ・クルーニー)が誘拐されてしまう。誘拐したのは誰、、、。

コーエン兄弟の作品だけに、一筋縄ではいかない展開、ひねりの効いた演出、出演者は豪華でもまともな役はない。それをジョージ・クルーニーもティルダ・スウィントンら出演者も楽しんでるのが伝わってくる。

映画の撮影シーンも楽しい。チャニング・テイタムの水兵姿のダンスシーンも見物。
らだす

らだすの感想・評価

3.4
オールデン・エアエンライク目当てで鑑賞。若きハンソロ を演じた彼の大根役者の演技がなかなか面白かった。
単なるコメディではなく、宗教や思想に対する皮肉やブラックユーモアが散りばめられていた。あまり評価は高くないみたいだけど、個人的には十分楽しめた。
ハリウッドにおけるレッドパージなど、当時の時代背景とかをもっと知っていたら、より楽しめたのかなと思った。

コーエン兄弟作品にたまにある、台詞が全部ボヤボヤしてる(説明的なものが少ない)タイプの映画。この手の映画の時は、文脈を追おうとすると訳が分からなくなるので、言葉はぼんやりと聞き、映像に集中して観ると、楽しめます。
わりと評価低いので、勿体ない!
最近流行りの「カメラを止めるな!」よりもはるかに映画愛が伝わってくる、ステキな作品です。
frenchblue

frenchblueの感想・評価

3.4
楽な仕事か、大変だけどやりがいのある仕事か、、、やっぱり後者でしょう。

映画愛溢れる作品。
昔の作品も違った視点で見れそう。
船乗りたちのタップダンスのシーンが良すぎて あっもう本編にもどっちゃう…もっとこのシーンを長い尺で…いやていうかもはやこれ本編の映画が観たいな!?ってなっちゃったな
>|