ヘイル、シーザー!の作品情報・感想・評価

ヘイル、シーザー!2016年製作の映画)

Hail, Caesar!

上映日:2016年05月13日

製作国:

上映時間:106分

3.1

あらすじ

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨ…

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や、みんなの憧れのミュージカルスター(チャニング・テイタム)、演技がどヘタなアクション俳優(アルデン・エーレンライク)など、撮影中の個性溢れるスターたちを巻き込んで、世界が大注目する難事件に挑む!

「ヘイル、シーザー!」に投稿された感想・評価

miho

mihoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

わかんなかったー!
映画愛は感じた

チャニングテイタムのミュージカルはなんか豪華付録感あった
Natsuki

Natsukiの感想・評価

3.6
1950年代のハリウッドの赤狩りの話。
チャニングテイタムのミュージカルが面白かった笑愛犬の名前エンゲルスとか細かいところも笑える
Yuya

Yuyaの感想・評価

2.7
コーエン兄弟の 映画の枠を超えて なお溢れ出しちゃうような皮肉っぷりが 度を超えすぎてカルト化しちゃってたなぁ
きっと10年20年後に 隠れた名作扱いされてそう…

黄金期やリバイバルやミュージカル熱とか 時代時代の熱病を 冷静にちょっと穿った視点で 横目に見ちゃう この毒々しさね
毒を持って毒を制すって言っていいのか…

そんな確信犯の片棒を担ぐような 豪華共犯者の顔ぶれつったらもう…
ハリウッドスターはどんだけヒマなのか
何かとてつもない不満をお持ちなのか
そんな憶測を呼んで止まない 数年に1本の怪奇作
RAYAY

RAYAYの感想・評価

4.0
コーエン兄弟の作品は初。
面白かった。もっと長くても良い。
あの映画のオマージュだったり、あの裏話をこんな風にしたのか…と色々想像して楽しめました。
この時代の衣装、インテリ、建築って良いな〜と思わせる。あざとい。
それぐらい全て、誇張した感じがハマりました。
誘拐ってこんなに、ほのぼのしていいのw ある意味良い時代?!
俳優さんはタップしたり、水中からザバーッて体張ってて大変そう!
一週間くらいかけて少しずつ観たのと、途中そんなに集中してなかったのもあってよくわからなかった。でも雰囲気は嫌いじゃない。
かーく

かーくの感想・評価

3.2

このキャストでなかったら途中で見るのやめてしまいそうだった。カウボーイのポンコツ感とテイタムのタップが良かった
ふぶき

ふぶきの感想・評価

3.0
ジョシュブローリン目当てで。

もっとドタバタなのかと思ってたら意外にそうでもなかった。あらすじだとジョシュブローリンが何でも屋って設定だったけど、普通に映画会社の人じゃないの?
気楽に観られるけど、なんとなく盛り上がりにかけるかな。

大根役者キャストがハンソロと知ってびっくり。
ヨシ

ヨシの感想・評価

3.3
思っていた感じとは違ったけれど、面白かったです。
水兵のシーンはあの部分だけなのに、がっつり撮ってるところがより面白かった。
マスン

マスンの感想・評価

3.2
1950年代の当時の映画業界を見せる。
豪華名優が出ていた。

チャニング・ティタムのタップダンサー
さすがに上手い。
スカーレット・ヨハンソンの当時の女優の雰囲気や衣装もさすが。

ジョージ・クルーニーがカッコ悪さを見せるあたり、大根役者になり切ってるあたり
も名優。
突然の誘拐や、いくつもの映画撮影現場が出てきたり、展開が楽しめた。
さ

さの感想・評価

2.5
バカコメディだと思ってみるとシュールコメディだった、好みが分かれそう
>|