焼肉ドラゴンのネタバレレビュー・内容・結末

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

話の内容的には考えさせられるものがあるけど、辛い。観ていて辛かったです。

決して観て損したとは思わないけど、これはたぶん舞台だから心に響いた部分がある気がして。

映画だとほとんど画変わりもしないし、8割以上がずっと同じ家の前か中しか映らないから退屈でした。だからこそ会話劇で話を盛り上げてほしいのに、日常の会話シーンもその時、万博があったとか、国有地の立ち退きをどうしようとかだったりで歴史をなぞるような話ばかりで、そこまで面白くないから、しんどくてたまらなかった。

話も彼らの境遇に対しては辛かっただろうなとも思うし、日本人の嫌な差別や偏見を見せられるけど、それだけ。「GO」や「パッチギ!」などを観るほうがよっぽど在日コリアンの人たちのことや今も残る差別などについても考えられると思いました。

何よりチラシやポスター、特報や予告などの宣伝がいけないと思う。

あんな家族が昭和の時代を必死に頑張って生きた暖かい家族の話ですよって感じを前面に出されるとほとんどの人は「ALWAYS〜三丁目の夕日〜」みたいなのを思い浮かべると思う。

めっちゃ酷いことを言うと、AVのパケ写詐欺にあった気分でした。可愛いお姉さんかと思って借りたら、これおんなじ人⁇ってなるみたいな。

感動を期待して観る映画ではないので、差別とか戦争そういったことを考えることはとても大事だけど、そういう話がそもそも嫌いな人はまあ後悔すると思います。カップルで観に行ったら気まずさえげつないかな。
昭和44年以降。高度経済成長に沸く大阪。万博の開催に伴って土地開発も本格化。空港の拡張も進んでいく、そのすぐ横には、まだ太平洋戦争の爪跡のようなバラックの一角が残っていた。韓国済州島出身者が多く暮らすその一角で『焼肉ドラゴン』を営む家族。その家族を中心とした悲喜こもごもな話である。

この映画の監督をした鄭義信氏が、2008年にこの作品の原作をして、舞台上演を行い、以来、多肢に渡り多くの絶賛を受け、とうとう映画にまでなってしまった。劇作家が映画監督までして自分の作品をプロモーションしてしまうなんてスゴいなぁ〜と思った。
私は、実際に舞台も観ていますが、作り手が同じなので、映画と舞台の内容は、演出や台詞などは区別しているものの、展開はだいたい同じです。良い部分は裏切らず、そのまま起用して表現している所はファンとしては安心して観られました。

茶色くくすんだトタン屋根と木材のバラックが立ち並ぶ一角のすぐ上をスレスレに飛んでいく飛行機の臨場感だったり、その風に煽られて舞う桜吹雪の鮮やかさだったり。正反対のものが調和して、とても綺麗な情景を醸し出す場面は、この物語の未来を写すとても大切なシーンだ。舞台でもこの演出を大事にしていたが、臨場感の鮮やかさや迫力は、舞台では作れない映画ならではの映像と演出があって、とても良かったです。

そしてこの物語は、これから日本と韓国という2つの祖国を背負って生きていく子供達が主役なのだが、映画の演出では、戦争という歴史に翻弄された済州島の人々の心情が濃く印象付けられるように、龍吉と英順の夫婦に焦点を当てた演出をしている所に特徴があると思えた。実際の、GHQの対応や残留を決めた人々の史実などは、当事者のみぞ知ることであり、実際のところは分かりませんが、エンタメ作品なのでこの際、フラットな気持ちで客観視して観ると、キャッチコピーにもあるように、全員が本気と本音で生きていることのルーツが徐々に判ってくると、何が正しいとか、誰がどこに住むかとか、そういう次元でモノを推し量ることが浅はかに思えてくるほど、普段は寡黙な龍吉の、ここぞという語りには説得力があった。鄭義信氏は、そういった弱者の代弁を、作品を通して好意的に表現しているが、決して非難や否定をしている訳ではない。好き嫌いとか善し悪しではなく、歴史を知り、現実を知り、ただそういった人達も居たんだ、という事実を受け入れることに意義がある。そういう意味では映画の方が、より気軽に楽しく触れることができる。

キャストの演技も熟練されているので、面白くて、観終わった後、感情を動かされて体温が1度上昇する…。そんな良質な映画でした。
監督のトークイベント付きの試写会にて

トークでも言っていましたが、哲男(大泉洋)が「日本には駆けつけ3杯っちゅーのがあんねん!」と交互にお酒を飲み干すシーン
監督が「面白いから止めなかった(カットをかけなかった)」と言ってましたが、観ているこちらも「えぇ!?まだやるの??」と思いましたよ(笑)あのシーンにあんだけ尺取ったりしてたらそりゃ120分越えますよね~~
二人ともキャラも見た目もそっくりだし、もうなんか途中から双子コントかよ!と思っちゃいました。
その韓国版大泉洋さん(ハン・ドンギュさん)がツボにハマってしまって、ケンカのシーンの後「あ~あ、彼の出番終わっちゃった~(残念)」と思っていたら、すぐまた出てくるし(笑)
最後の最後まで出てくるし(爆笑)

時生の悲しいシーンの後なのに、彼のせいで泣けませんでした(いい意味で)

本当は三姉妹と家族の話なのに、ハンさんのシーンばっかり記憶に残ってしまって、なんかもう!って感じです(上手く言えませんが)
大泉洋さんとまたぜひ共演してほしいです。

あと個人的には滑舌の問題かもしれませんが「みか」と「りか」が聞き取り難かったので(特にお母さん)血の繋がりが無いならもっと全然違う名前にして欲しかったです。
あと注釈もなく普通に「オモニ」や「アボジ」と呼んでたので最初誰のことか何を言ってるのかちょっとわからなかったので、字幕でちょっとでも説明入れてもらえたらありがたかったです。
思いの外韓国語が多かったですね。中でもななみちゃんの韓国語は上手に聞こえました。でも同じ姉妹でも韓国語しゃべれる子としゃべれない子がいるのはなんでなんでしょう??
3姉妹と監督の舞台挨拶会。
方言の作品てどうしてもうまく話せているか、おかしくないかって役者がビビる時代になったというか、観る側もすぐにSNSなどでたたくようになったというか..もっと方言気にしないでほしい。笑
おかしなとこあったよ、でもだからってどうじゃないというか、この作品のように、大阪弁、韓国語、日本人が話す韓国語、韓国人が話す関西弁なんかがごちゃまぜな空間だと、そういうのどうでもいいな。もっと深い部分を意識して観たいなって思えたから...

このお店でこの人数でどうやって生計立ててるんかとか色々違和感もあったけど、お母さんとお父さん、あと弟役の子すごくよかった。
序盤から3姉妹と時生の距離感というか、別居?みたいな距離が気になって...会話劇の前編から時生の死をきっかけに演技合戦になったというか、あそこから見てる側としてはグッと見方がかわった。
お父ちゃんの「働いた 働いた」話。
今自分がここに、日本語を話して日本に生きてるって幸せな事なんだなって思った...
生野や鶴橋みたいな場所が身近にあっても結局当事者じゃないとわからないから、こういう作品ででも日本ー朝鮮ー韓国の間に確かに何かがあってしまったことは覚えておきたいって思った。

お父さんが国有地売却の件で来た役所の人に
お前らが狩りだしたんやろ、腕返せ、時生返せって怒鳴るシーン
すごくぐさーっと...印象に残ったな....

あと静花に惚れる、役所広司さんみたいな俳優さん笑
完全にコメディー担当でめっちゃ面白かった!可哀想だけど。

大泉洋さんがそういった点ではそこまで(彼の本領発揮することなく)
コメディー担当やお父さんの後ろにいた感じも良かったし、
井上真央さんの完全なる関西弁に驚いた...最初に、方言はうまい下手じゃないと言っておきながら、あれはちゃんと真似できてるとかうまいってレベルじゃなくて、心の底から関西弁だった..違和感なし!!あれで怒鳴って泣いてはすごかった。

それでも3.3なのは全体的に1カットが長いのと、その長い間だいたい一人のアップ(かなりの)が多すぎて他の人や相手が今どんな顔で聞いてるのかなどがわからなくて、THE 演技です!って気がして冷めちゃった瞬間が結構あったため...そういう手法なんだろうけど、私はもうちょい引きがほしかったシーンがいくつかあったな。
そういう意味でも舞台だったていうのはよくわかるかも
きっと明日はいい日だ。どんな昨日であったとしても。

高度成長の狭間に放置された、大阪府伊丹付近にボロ屋を構える在日朝鮮人家族の結婚から強制退去までを描いたモードムービー。
序盤のナレーターの大阪言葉に違和感を覚え、これ大丈夫か!? となったが、直後の井上真央の完璧な大阪弁を聞いて安心した。

これはお国柄なのだろうか。
喧嘩シーンがいちいち大騒ぎだ。それはそれで面白いが日本との違いがすごく目立った。
また、なんだろう、価値観の違いが目立つ。井上真央が早々に大泉洋ではなく、優しくしてくれる人になびくのも違和感があった。
まぁ、大泉洋がぐうの音の出ないほど屑なのでわからなくもないが……というものすごい異文化体験だった。

そして、当時の人々の苦痛がひしひしと伝わってきた。嫌なら帰ればいいだろ! と言われがちだが、この頃の人々は帰ることができないということを知った。
そして、早々に日本で生きて行くことを決意し、日本流に馴染もうとしているのに非情な現実がそれをゆるさない。時夫のキャラクターが、その象徴として現れている。いやー…救いはないんでしょうかね。
だが、徹底したシリアスでもあるのだが、凄まじいコメディ作品でもあるのだ。
4兄弟のお母さんがただただ面白い。
片言の日本語ではあるが、その演技は大阪のおばちゃん然としており、何度も映画館が湧いた。
また、クズ野郎役でも大泉洋はいい。時折素の大泉洋が露見する時があったりして、観てて飽きなかった。

だが、各シーンを長めに撮影するものだから体感としてはかなり長い映画に感じられた。
映画としては素晴らしい、僕は好きなだが残念でならなかった。
かろうじて、役者の名演で救われたというべきだろうか。
辛いテーマなのにギャグ要素モリモリにしてくれたので、楽しく観れました。
各俳優人とても素晴らしかったです!お父さんの語りは特に良かったし、エンディングで家が倒れる演出はすごく好き!

個人的にはもうちょっと泣きたかった!
あと間合いをかなり取ってるような気がしたので、二時間ぐらいに収まるようにした方が観やすいかなーと感じました!
題名と予告みて
焼肉屋さんの経営を立て直す。
とかの話予想してたから、終わってから
ちゃうんかい。ってなったけど
コメディー要素が凄くて楽しめた。
中身はキムチは笑かしにきてた。

ざっくりゆえば、韓国映画の家庭の話。
在日系の話を知るにはもってこいな感じ。

どんな扱いを受けたのか。とかを
知れたけど作品作った監督は、、?
とかゆう疑問も残りつつ。
そして舞台なった場所はぜっったい伊丹
って思った。
朝鮮学校すぐそこにあるし、
空港と花火。ほんで極めつけは公園。
スカイパークの前はこんなんやったんか
って思った。

細かく書くなら、
ええ。不倫し放題←
ええ?そのまま住んでまう??
ええ?そこ結婚するん?

足の説明もうちょい詳しく←
お母さんおもろすぎやろ。
ただ、家族思いであのお母さん大好き。
お父さんの過去が悲しかった。
お父さんも完黙な人やけど
中にいっぱい抱えてたんか。とか。
お父さんも大好き。
最後でわかったけど、
喋ってたん君やったんか。とか
気づくん遅かったかな。笑

こんな日は明日が信じれる
って言葉はいーなーとおもった。

景色いーの見たら私もそう思うよーなるんやろなってゆう影響うけた。
そゆ考え方できんのええなー。

韓国人が話す日本語が可愛い。
涙あり笑いあり。
みんな最後離れ離れになるシーンは
ジーンときた。
あとはほぼ笑ってた。笑
笑ったあかんやろなおもうとこまで
友達とゲラゲラ笑ってもーて
アウェイ感←

大泉洋のしずちゃん思いなとこ好き。
井上真央の切れるキャラは
私かな?って思う位共感出来た。
いきなりどーしたって
なるシーンもあった🤭w
最後笑ってバイバイしようとするとことか、演技うまい!!賞賛。

真木よう子はさすが綺麗。
キャストも良き。日本人より韓国の人の演技がよかったなー。
面白かったなーー!!!って
最後に言えた作品でした👌
よき!
@一般試写
叫んで泣いて笑っての連続でなんだか疲れたが、この疲労こそこの家族が背負っていたものなのか

カタコトのことばのせいか、しんみりすると必ず笑いを挟んできたりだとかが自分に合わず、いまいち入り込めなかった、、
演劇の方は未見だが、多分、演劇のほうがいいんだろうなあと思ってしまった、、!

大泉洋の前半のクズぶりよかった..
今度はとことんクズな役やってほしい


鄭監督と行定監督のトーク
演劇的要素が現れていると観るとたしかにおもしろい
「御返杯!」のシーンとか
本当は2周ほどでカットを割る予定だったが、監督が勝手にそのまま続けたらしい
行定監督は、演劇人として鄭監督は見せたいものがはっきりしていると感じたと言っていた、この表情は絶対に撮りたいんだろうとか、たしかに、観ていて、とにかく悲痛に感じられたのもそのためか
井上真央のキスシーンとかも妙にリアルで唸った
ラストの家族たち、特に三姉妹の表情なんて目に焼き付くよう
だったが、ものすごく冷静に、良い表情するな、、となってしまってなんだか映画と自分との距離感が難しかった
舞台挨拶で鑑賞

日本映画と韓国映画の融合と言うべき作品。
韓国と日本の俳優陣からの熱量が凄い、映画であり、舞台を見ているような新鮮な作品でした。
在日の苦労を語る作品と、思う人も多いかもしれないけれど、この作品の中に居るのは、自分自身だった様に思う、それは、人として、同じ苦しみや悲しみを誰しも感じた事がある気がしたから。
そして、故郷を離れなければならない辛さ、帰ろうと思えば、すぐに行ける場所なのに、そこに、知っている故郷はないやるせなさ、それでも、「明日はきっとええ日になる」頑張って生きて行こうとする彼等の明るさに、救われた気がした。

無理に泣かせようとしない、いい作品だった。