焼肉ドラゴンのネタバレレビュー・内容・結末

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.6

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

苦しくて、あったかい。
映画館全体がひとつの輪になってた気がした。
この状況で笑えるのはなぜ?って思ったけど、無理にでも笑っていないと生きていけなかったのかなって。本当に辛い時人は笑うか命を絶つかしかないのかもな、なんて感じた。
在日コリアンの方たちの事をまだ全然知らないんだなと思ったし、もっと知るべきだと思った。
キム・サンホとイ・ジョンホンがやっぱり別格に上手かった〜!
あ、真木よう子に求婚してた男の人も良かったな。
キム・サンホが時生をリヤカーに乗せて走るシーンが心に残って、時生が死なない道はなかったのか考えてしまうな…
在日朝鮮人を含む、東アジアの歴史をさらっとおさらいしてから観るのをおすすめします。

なんも知らないで見ると「なんで北朝鮮に行くのか?」とか、あの3姉妹の両親が出会った経緯など、腑に落ちないことが多いかと。

当時の在日朝鮮人の日常が描かれていて、とても人情味溢れる映画でした。

今観るべき映画だと思う。
鄭さんの作品は本当に言葉が美しくて、そういう意味ではやはり舞台のほうがその威力を発揮できるかなぁとは思った。映像だと台詞で情景を想像するという要素が抜ける気がする……。

イ・ジョンウンさんとキム・サンホさんが本当に本当に本当に素晴らしかった。

監督が伝えたい思いは舞台でも映画でも変わらなくて、それが本当に美しいことだと思った。
誘われたので、映画の日に。

お父さんとお母さんが本当に良かった。これに尽きる。

三姉妹や息子、それを取り巻く人たちも悪くはないんだけど、全体のストーリーとしてはイマイチ腑に落ちない。。訴えたいことがたくさんありすぎて拡散してしまった印象があります。。

特に三姉妹の恋愛模様が全然分からなかった、あれはなんなのか。。

最後に、井上真央が行きずりの韓国人と秘め事を始めたときに、こっそりその場を離れたお母さんに、おいオカン!とツッコミを入れずには入られませんでした。
映画中ボロ泣きして映画館からなかなか出れませんでした😿
笑えるところもあります。
ここ最近見た映画の中で一番好きです。

私も曽祖父が韓国人で、このような話を聞きました。
時生と同じよう、「キムチ」とからかわれたこともあるそうです。



大泉洋がクソすぎたし、
時生が死んじゃうのも辛かったです。
ガチャガチャした中でキムサンホさんの静かなアボジがいいね〜 ずーっと静かだっからこそラスト近くの慟哭のシーンが心をうつ。真木よう子のセリフのないシーンの演技がいい。
済州ってもっと訛ってなかった?なんて無粋なことも思いましたが、そんなことはどうでもよく、ほんのりと済州島四・三事件のことにも触れながら日本に住むことになった理由を話すキムサンホに泣かされました。関西弁の字幕も新鮮で流れる音楽も多様で素敵。監督ご自身も実際に姫路のバラック街出身で、お父様の言葉が散りばめられているそう。いろんな人に見てもらいたいな。大谷亮平もっと韓国語を話すかと思いきや全然話さなかったのも面白かったです。
 泥臭い三丁目の夕日な話。

 戦後に焼肉屋を営んでいる両親とその子どもたちの話で、高度経済成長期に置いてかれた人たちの良い話だとは思いますが、娘さんたちとその恋人たちのエピソードがメインで描かれる割には描かれていない部分が大事だと思える部分が多くて、イマイチ乗り切れない映画でした。

 次女と婚約した男が、長女のことが好きで今も想っているという流れも、どうして次女と婚約するところまでいったのかがこの映画だけではわからず、最初から次女と喧嘩している状態で始まるので、長女とくっつこうが次女とくっつこうがどうでもよかったです。長女のことを好きになる韓国人男性も良い人なのに扱いが可哀そうでした。それでいてお酒を飲みあうシーンもやたらと長いこと映されているのもどういう意味なんだろうとただただ退屈なだけのシーンがあったりしました。次女もいきなりお店にやってきた男性と恋に落ちたりしてどういう気持ちなのかが全くわからなかったです。三女も不倫のすえの略奪愛ですが、相手とその奥さんとの関係が雑に描かれるだけなのでこれも面白みに欠けていたと思いました。

 日本人俳優より両親を演じている韓国人俳優さんの圧倒的存在感がさすがで、日本語で昔話を長台詞で演じるシーンとかはこの映画の見せ場で惹きつけられる名演技だったと思いました。舞台となる家の美術なんかも素晴らしかったです。

 1年間の朝ドラとかで家族と仲間たちを描けば、もっと面白くなりそうな素材で、ずーっと大声で喧嘩していてパワーが凄くてよく疲れないなと感心する人たちの話でした。
時生の件が辛すぎるし、バラバラになった家族のその後も波乱に満ちたものになりそうだなというのが想像つくのでやっぱり辛い