アジアの天使の作品情報・感想・評価・動画配信

『アジアの天使』に投稿された感想・評価

seiji

seijiの感想・評価

3.5
ちょっとクセのあるロードムービー。
道中、大した事は起こらないけどじんわり心が温まる。
天使の設定は意味不明。
通じない言葉
通じる思い

2021年 石井裕也監督作品

妻を病気で亡くしたシングルファーザーの剛(池松壮亮)とひとり息子の学が、ソウルで気ままに暮らす兄の透(オダギリジョー)の元を訪ねるところから物語が始まる。剛は韓国語が話せず、韓国暮らしが長い透は話せる。言葉のハンディがストーリーの幅を拡げるのが面白かった。

日本人の兄弟と、韓国人の兄妹、ひょんなことから共に旅することになった二つの家族。二家族の関係の深まり方や、題名にもある天使のくだりは、不自然で違和感が残るんだけれど不快ではない。何でかなぁと考えてみると、役者の演技が不自然な脚本を自然に揺り戻してることに気づいた。ソル(チェ・ヒソ)と兄のジョンウ(キム・ミンジェ)の演技もとてもいい。

透から韓国語が解らない剛への「よくわからない感情は全て愛(サランヘヨ)」という言葉は、雑なセリフだなぁと感じたけれど、後に剛が放つ「サランヘヨなんです!」という言葉が全て回収する。池松壮亮の好演と相まって。

言葉の違いを超えた“悲しみの同期”はリアリティが感じられてよかったけれど、天使のくだりはおとぎ話のようで?が消えず、剛の息子の学が言葉を発しないことにも何らかのメッセージが込められているのかも?と思わされ、アンチ資本主義的なメッセージも散見され、レビューもまとまらず、何とも不思議な余韻が残る作品でした。
mi

miの感想・評価

3.6
あのお兄ちゃんは幼い頃から妹達を必死に守ってきたんだなあと思うと泣きそうになるな。
cuumma

cuummaの感想・評価

3.8
日本と韓国の二つの家族が巡り合い、助け合い、打ち解けていく。

お互い言葉が通じないのも関係なく、ただ感情だけで体当たり。絆って、言葉じゃないんですよね。

「愛とビールがあればこの国では生きていける」いい加減そうに見えて実は本質を突いているオダギリジョーがかなりいい。
オダギリジョーさんと池松壮亮さんが兄弟役。
オリバーな犬のふたりやん!!ってなります。で、テンションあがります。

ちょっと不穏な雰囲気からのロード・ムービー。
出会ったふたくみの兄弟(息子がいる)と兄姉妹。日本人と韓国人。
ほとんど言葉も通じないのに心は通じ合っていく。
でも、ほんわか平和な感じでなく、ぎこちなく歪に。

いや~~面白かったです。

石井裕也監督作品、私、かなり好きですわ。って確信しました。

現れた👼天使には笑えるし…
ラストも凄く自然で「そっか~いいな~」ってなりました。
池松壮亮さん、オダギリジョーさんが兄弟役。
韓国にいる兄を頼り、日本の住まいも全部処分し、息子と二人で渡韓する。
兄は韓国コスメを闇ルートで売っていて、韓国人の人と暮らしていたが、ある日裏切られ、全て持って行かれてしまう。
海が近い都市で新たに仕事を探そうと電車に乗る。
そこで出会う兄妹達とのロードムービー。
所々にコミカルなシーンもあるが、全体的に重い。
子供が全然喋らないのと、タイトルの天使が謎のおじさん。
微妙です。
池松壮亮くんとオダジョーさんの絡みは面白い。
リゲル

リゲルの感想・評価

2.4
<my備忘録>

日本人が監督した韓国映画、日本人3名客演という感じの映画。

日韓ダメな家族の再生の話。
いい映画(のようだ)
ただ自分にははまらなかった。

なにか気持ちが整理できない。
しばらくしたら書くかも。

data:2022 31th
MK

MKの感想・評価

3.8
日本と韓国それぞれのチグハグな兄弟と親子にまつわるロードムービー。
どうしてもベイビーブローカーが思い出されてしまうけどそれはそれ。
どちらもそれぞれに個性のある温かい家族を描いた物語だった。

愛する妻に先立たれ何もかもを捨てて兄の住む韓国にやってきた弟と、歌手としての成功にしがみつき、不毛な恋愛を引きずる妹。そんなふた家族が目的をともにするでもなく同じ方角を目指して旅をして…

搾取。

監督のこれまでの作品では搾取を超越するようなハートフルな物語が多かったけれど、今回は搾取という言葉が執拗に使われていた気がする。

気づけば全員、搾取される側の人間ばかり。人間は誰かから搾取したりされたりし続けるのなら搾取し尽くした世の中には何が残るんだろう?

搾取するものがなければ残り物を分かち合う優しさが残る?

残り物には福がある?

人間の営みには負け惜しみではなく、そんな幸福がきっと残されているのかなぁと、ラストの食事のシーンを観ながらフワッとそんな感情が湧いて出た

奪い合うより分け与える世界をもうしばらく期待してみたい

さらには天使のシーンは圧巻

このシーンを上の感想にどう当てはめたらいいのかわからないけどどうにも好き。

あとは動画配信特有の台詞メモなので鑑賞前の方はご注意を。


この世におかしいことは何一つないんだって
どんな人生でもいい
何だっていんでしょ
だったら生きてて良かったって
勝手に決めようと思う

涙もいいけど笑顔の方が素敵です
あなたの目を通してみるこの世界を
俺も少しだけ好きになれるかもしれない
サランヘヨ
ではないんですが
とてもそれに近い感情です
本当にサランヘヨだったのは
亡くなった妻です
本当に本当にサランヘヨでした

自分が何を言っているのかわかりません

天使はあなたです
悲哀感に満ちてるロードムービーだけど、オダギリジョー演じるダメ兄貴とか三兄弟の長男のおっちゃんがいるおかげで、シリアスになりすぎず良かった。
ちゃー

ちゃーの感想・評価

3.5
待って、天使のくだりで急にコミカル!

貧困とか差別とかそういう悲壮感漂う作品かと思いきや、全体的には希望を取り戻していく人生再生ロードムービー

悪くはない、、けど天使のくだり!!!ってなる

オダジョーのクズだけど憎めないキャラはやはりハマってるし、息子役の男の子は可愛かった
>|

あなたにおすすめの記事