国際市場で逢いましょうの作品情報・感想・評価

国際市場で逢いましょう2014年製作の映画)

국제시장/Ode to My Father

上映日:2015年05月16日

製作国:

上映時間:127分

3.9

あらすじ

幼い頃、朝鮮戦争時の興南撤収作戦による混乱の中、父、そして末の妹と離れ離れになり、母と残された2人の兄妹と共に避難民として釜山で育ったドクス。成長したドクスは父親の代わりに家計を支えるため、西ドイツの炭鉱へ出稼ぎや、ベトナム戦争で民間技術者として働くなど、幾度となく生死の瀬戸際に立たされる。しかし、彼は家族のためにいつも笑顔で必死に激動の時代を生きていく―

「国際市場で逢いましょう」に投稿された感想・評価

朝鮮戦争の混乱時父親と妹と生き別れた男ドクスの人生。

朝鮮戦争、ベトナム戦争など歴史と物語を上手く融合させて国と人々が成長し発展していく様子が重くなり過ぎないように描かれていた。ドクスが父親と離れ離れになる直前に交わした約束を一貫して守り必死に生きる姿に胸が締めつけられた。戦争によって韓国も大変な思いをしたんだな。公開捜索番組は実際に当時放送されてた映像なのか気になった。

途中ユノが兵士の役で出てたのには驚いた。
TAKEMURA

TAKEMURAの感想・評価

4.8
あまりに壮絶な人生。全てはうまくいかないところがまた切ない。ユンホかっこいい役もらいすぎ。傑作。
けーな

けーなの感想・評価

4.6
もう号泣。

朝鮮戦争とベトナム戦争の動乱を生き抜き、生き別れた父親との約束を守り、家長として家を守り続けた一人の男の人生を描いた物語。

フィクションではあるけれども、朝鮮戦争やベトナム戦争で起きた史実を基に作られた話であり、日本の大戦中の動乱と似ているところもあって、現実に、このような人が沢山存在したのだろうなと思って、締め付けられる想いがした。

朝鮮の歴史や地理について、知識がほとんどなかったが、主人公の故郷である興南が、現在の北朝鮮であることは、容易に想像できたので、そこに帰ることができないということや、南北分断によって引き離された家族が、現実にいるという事実が、頭をもたげ、涙が出た。

観終わってから調べたところ、西ドイツの炭鉱や看護学校に韓国から出稼ぎに行った人達がいたのも、事実であるし、南北分断によって離れ離れになった家族を探して再開させるテレビ番組も実際に存在するのだそうだ。養子でアメリカに渡った人も現実にいるとのこと。
また、車ヒュンダイの社長、洋服のデザイナー、2人の歌手は、戦後の動乱を乗り越えて成功した、韓国では有名な人物で、彼等をモデルにした人達を登場させているのも、にくい演出だ。

とにかく、冒頭の父親と末妹との別れが、あまりに壮絶で、言葉を失った。凄まじい過去を持ちながら、家族のために一心に生きる主人公に、胸が熱くなった映画である。
サンタ

サンタの感想・評価

3.0
泣いた泣いた。でも、1時間たつとハートは覚めてしまうかんじ。
茶まめ

茶まめの感想・評価

4.0
朝鮮半島の辛く厳しい時代に、戦争で生き別れになる父親から家長を任された幼い長男が最後まで家族を守り抜く話。観続けているとタイトルの意味が分かる。
戦争未体験だし 日本人だし 理解できない部分もあるけれど 家族の絆を大切にし続ける気持ちの強さに感動した。
OPA

OPAの感想・評価

-
こんなに涙を流したのはいつぶりだろうかと思い出せないくらいに泣いた。

悲しみや辛さを決してひけらかすことをせず、愛する人の前では「大丈夫だよ。大丈夫だよ」と笑う。

少し頑固なところも、過去の経験があったからこそのこと。

僕の父もそんなところがあった。父の場合は、悲しみや辛さを酒で紛らせてしまっていたが、もう少し、もう少し、父の気持ちに耳を傾ければ良かったと失くしてから気付いた。

今日は父の写真にチューハイを供えよう。
ヒマラヤ、コクソンで気になっていた俳優 ファン・ジョンミンが出ているのと、前からこの作品のタイトルだけ知っていて今回ようやく探し出して見ることが出来た。

内容は他の方のコメント見てください。

泣ける。というか泣いた。韓国映画スゴいわ。まだ見てない方はぜひ。
とてつもなく良い映画です。記録。
ぐっち

ぐっちの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしかった。最後の、主人公が泣いている部屋と家族が和気藹々とする部屋を同時に移すシーンが泣ける。
MTAK815

MTAK815の感想・評価

3.9
ボロ泣きです
完敗です
鼻つまって息出来ん
ジョンミンの兄貴ありがとう
む

むの感想・評価

3.8
戦争が絡んだりする映画はあまり見ないけど、
それでもおもしろくて引き込まれる

ユノが出てたので見たけれど
ユノ抜きにしても良い映画でした
>|