国際市場で逢いましょうの作品情報・感想・評価

国際市場で逢いましょう2014年製作の映画)

국제시장/Ode to My Father

上映日:2015年05月16日

製作国:

上映時間:127分

3.9

あらすじ

幼い頃、朝鮮戦争時の興南撤収作戦による混乱の中、父、そして末の妹と離れ離れになり、母と残された2人の兄妹と共に避難民として釜山で育ったドクス。成長したドクスは父親の代わりに家計を支えるため、西ドイツの炭鉱へ出稼ぎや、ベトナム戦争で民間技術者として働くなど、幾度となく生死の瀬戸際に立たされる。しかし、彼は家族のためにいつも笑顔で必死に激動の時代を生きていく―

「国際市場で逢いましょう」に投稿された感想・評価

脳が痺れるほど泣いた…。
『フォレスト・ガンプ』と同じく、個人史を軸にしながらも現代史を総ざらいしようとする志の高さと、それが完璧なエンターテイメントとなってとるということに、深い畏敬の念を覚えます。
うおおお、韓国映画万歳!
ナナナ

ナナナの感想・評価

3.7
大変な時代があったことは分かっていたけれど、分かったつもりになっていただけだったことに気付かされた。

特殊メイク凄かった、、、
韓国映画、実はこの作品が初めて。
東方神起のファンって事で観に行ったものの、そんなのどーでもよくなるくらい良い映画でした。
家族とは、愛とは、、。
韓国の歴史に疎い私が衝撃だったのは80年代にしてもあんな時勢だったんだな…ということ。
涙無くしては見れない映画。
ヒロイン役がLOSTに出てた女優さんで、これまたお久しぶり!な気持ちにもなりました。
よよよ

よよよの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

朝鮮戦争、興南埠頭でのお話。
朝鮮語の授業での内容と関連があったのでみた。
韓国の情緒も感じられ、また、朝鮮戦争で北と南が分断されただけでなく、家族が分断されたという事実に涙。
ドクスの人間性もよい。冒頭にみた、ドクスのお固そうな性格があとからみてどうしてそうなったのかがわかる、人間ドラマ。
なかでも、別れた家族を探す番組に出演、妹に再会するシーンが印象的だった。泣いた。
主題歌굳세어라 금순아 もよい
かか

かかの感想・評価

3.6
長い、だからぎゅっと詰まってる。
娘が看護師の仕事を見て驚愕。看護師とは先生の横に立ってればいいと思っていたらしい。わはは。
asei22

asei22の感想・評価

4.5


登場人物が多いけれど、
一人一人の人物像も思い出せるくらい
しっかりしていて最後には、
全てが繋がるような感じがして
とても良かった。
一人のお爺さんの話だと思ったけれど
見てみると全然違うものだと感じた。
モモモ

モモモの感想・評価

4.1
自己犠牲の末にしがみついていた物が切ないなぁ…
良い邦題。
のの

ののの感想・評価

3.9
主人公が決して店を立ち退かない理由を知ってすごく切ない気持ちになった。
韓国の歴史について勉強になる。良作。
ふじじ

ふじじの感想・評価

5.0
朝鮮戦争からの時代背景を知らないと、本作への深い共感や理解は難しいかもしれません。
映画として楽しませるための脚色は多いですが、歴史映画としても、家族ものの映画としても、とても良くできています。感動しました。
Nii

Niiの感想・評価

3.7
良く出来ていた〜 とても勉強になったし、感動。展開的にベタと言えばベタ、泣かせにきてるーーって感じだけど、最後の展開には涙してしまった。

朝鮮戦争で家族と生き別れ、
ドイツの鉱山へ出稼ぎ、
ベトナム戦争。

なんて激動の人生、、

よくこんなに、真っ直ぐ育ったよなぁ、親友くん含め。父の言葉がそれほど偉大だったということか。
そして時代の流れや環境のせいにしたりせず、人生を前向きに、辛くても歯を食いしばって進む。すごく基本的だけど難しく、そして大切なことを、改めて教わった気がした。

ファン・ジョンミン氏も、オ・ダルス氏も、良き俳優さん。他も色々観ていこう〜〜
>|