焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

井上真央ちゃんの熱演。キムサンホ氏の好演が際立っていた。高度経済成長期。辛い過去の出来事を乗り越え、働いて働いて家族を守る父さんの姿は泣ける。いろーんな問題を抱えつつも溢れる家族愛。
あの頃の洋服、やっぱりかわいいなぁ。
rirye

riryeの感想・評価

3.7
大ヒット舞台の映画化。
戦争が終わり日本が発展していくなか、差別され追いやられていく在日朝鮮人の家族の話。

時代背景も設定もシリアスだけど、笑えるシーンがいくつもある。この家族の日常だって毎日が苦しいわけじゃない。楽しい時だって沢山ある。そこがちゃんと描かれていてよかった。

舞台のような演出と映画で生きる演出が混ざっており、それはそれで面白いなと。長ゼリフ・長回しと、ちょっと臭いシーンもあったけど、思いが伝わる映画だったなとおもう。

ラストシーンは、温かく少し寂しく、笑いがある素敵なラストだった。
101miss

101missの感想・評価

4.0
結構シビアな話なのに、舞台の要素もチラリとのぞかせながら、ふとした笑いも誘う、その絶妙さが、今まで何があっても頑張って働いてきた、焼肉ドラゴンの店主である龍吉お父さんのことを優しい気持ちで観ることができた。
いじめから守りきれず自殺してしまった息子の死を嘆くお父さんに寄り添うお母さんの優しさが(また二人で子ども作ろうと誘うシーン)感慨深かった。あー、これが本物の夫婦だ!と。
名台詞「こんな日は、昨日どんなに辛いことがあっても、明日を信じることができる」
前半では、いい言葉だなぁ、くらいだったが、桜の季節ごとに年数が経つことが多く、ラストもまたその季節で、きっと桜は子どもたちを連想させるんだな、と感じた。
どんなに揉めても皆家に帰ってくる。
お父さんお母さんが求心力となっている。
ある一つの家族の愛をしっかりと観させてもらった。
ジンときました。
春雪

春雪の感想・評価

4.2
公開最終日、慌てて観に行きました。舞台劇からの映画化。最初どうなるのか、不安でしたが。ラスト近くになると。もう。言葉はない、三姉妹と親子の抱擁。あったかく、強く、切ない。これだったんだ、
takizawa

takizawaの感想・評価

3.0
絶叫して感情を表現するタイプの映画、苦手なんだよなーと思いつつ惹きこまれてしまった。伊丹市中村地区の朝鮮人居住区が舞台。滑走路の目と鼻の先だから絶叫しないと自分の声が届かなかったのかもしれない。
日本は戦争という大罪を犯しました。
そして、被爆というペナルティを受け、敗戦国となります。けど、経済が発展すると、わずか二十年としないうちに罪の意識も薄れ、傲慢な国に戻ったようです。

この映画は、そんな時代に、差別と偏見を受けながら生活した、在日韓国朝鮮人の物語。

描かれているのは、
我が子の事だけを想い、必死に生き抜いた親の姿。

コメディーみたいに笑えるし、散りばめられた昭和ネタも楽しかった。
観た人は確実にニンマリとし、ポジティブになるラストシーンは、映画史に残る名場面です。

平均点低いけど、私にはパーフェクトな映画でした。
滅多にない、これは、ものすごく良い映画だ‼️

けど、内容には全く関係無いエンドロールの表記について強く違和感を感じ、腹立ちました。だから満点付けない。
ネタバレです。
↓↓↓


なんでエンドロールで、一番最初の名前が、真木よう子なのか⁉️この映画は、真木よう子の映画ではない。
主演は、お父さん役とお母さん役の韓国の俳優さんだろ!
どんな大人の事情があるか知らないけど、一番の立役者が、、単独で、大きな活字で、一番最初に、表記されるべきだ。
せっかくの素晴らしい映画も、エンドロールで冷たさを感じてしまい、冷めた。腹立った。
ii

iiの感想・評価

3.0
惜しいんだよな、全体的に、振り切れてない。役者はそりゃもうもちろんうまいんだけどね、血と骨と比べてしまいます。
役者ってすごい

プロデュースに江守徹さん!?
仙波さんがパーカッションやってたー

ある人の生き様は他人が感情移入するための道具ではない
完璧な人間はいないし、いついかなるときも完全な家族の絆なんてないだろう
でもその中で、自分の最善はこれだと信じ、なんとか生きていかねばならないのか
aya

ayaの感想・評価

2.9
登場人物には全く感情移入しない
韓国語の勉強にちょうど良いくらい
アボジの長ゼリフのところは泣いたけど
結果的にキム・サンホがぜーんぶ持ってった。
大江晋平くんがよかった。
「キッズウォー」時代を思い出させる井上真央の感じは、次にどんな役を選ぶか楽しみ。
>|