出国 造られた工作員の作品情報・感想・評価・動画配信

「出国 造られた工作員」に投稿された感想・評価

ちょい地味系だけどなんともリアルで緊迫感のあるスパイ映画でした。

お父ちゃんも追い詰められて苦渋の決断だったんだと思うし、家族のことを思うと胸が詰まるし、
この話が実際に誰かの身に起こったことだと思うと、本当になんとも言えないお気持ちになりますね。。。

そしてヨンウジンが相変わらず良い男でした。
ホルヘ

ホルヘの感想・評価

4.0
全部主人公の選択の結果だよね、とも思いつつ、力を持つ周りと組織のみんなが自分たちの損得しか考えない一貫性がリアルで、当時の雰囲気が出ていてウェルメイドだった。
HHwalker

HHwalkerの感想・評価

1.5
東ドイツの警察の行動が何がしたいのかよくわからなかった・・・
東西に分かれていた頃のドイツを舞台にした北朝鮮のスパイもの。
よく分からなかった笑
もね

もねの感想・評価

3.1
欲が招いた最悪な結末、と言うところか。

南から西ドイツへ、
富と名声を求めて北へ、
そこでスパイとしての訓練を受け再度西ドイツへ、その時に亡命を試みるが妻と次女と離れてしまう。

長女とともに家族を求めて奔走するわけだけど、北と南とCIA、最終的に東ドイツと出てきてひとりの一般人が敵うわけないわ。

モデルとなった本人によるとる9割がた事実なんだとか。一般人相手に平気であんなにドンパチしたのー?って驚き。

写真展で観光船に乗った際の長女と写真で再会するわけだけど、事実じゃない1割はここなのかなー、と思う。
妻はすでに死亡、娘二人は悪名高い収容所に収容されてるんだとか。東西ドイツのように近いところにいるのに助けに行けないなんて地獄だね。
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

3.3
2018年韓国映画。東西分裂時の西ドイツに北朝鮮の工作員として活動を任命されるが、家族とともに亡命を目論む一家。不運にも家族は引き裂かれ、再会を企てるが…実話に基づくストーリー。東西ドイツ、韓国、北朝鮮それぞれの思惑に家族が巻き込まれる不運が残酷である。
nりん

nりんの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

韓国映画のこのテイストで珍しく面白くなかった…🥲
なんか家族愛の主張が強過ぎて、、、
終盤のなんか娘と抱き合ってる感動のシーンも無理やり引き離すより娘そのまま撃たれた方が韓国映画ぽいというか。。。
冒頭の娘との離れるシーンも人めちゃ居たしなんとかできなかったのかなと思ってしまった。
あと、家族集まったらどこで暮らすかのセリフ消されてたの伏線回収あるかと思ったのに最後もセリフ無いままだったのが好みではなかった。
あらた

あらたの感想・評価

3.0
それぞれの組織の思惑があって、それに翻弄される家族。という設定はすごくおもしろくなりそうなのに。なんだかイマイチ。

セリフをわざとオフって想像させる演出があったのでさらにマイナス。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

冷戦時代&スパイ映画でテーマ的に好きのてんこ盛り。当時の朝鮮半島の歴史が分かってないと理解しづらい。

話の元になったのはオ・キルナム。映画のラストも救いがないけど、実話の方が酷いかも。
(CNNに詳細)
https://edition.cnn.com/2012/06/10/world/asia/north-korea-defector/index.html

ラストの娘の写真の前で泣く姿は絵として綺麗だった。感情揺すぶられて泣くほどではないけど。

展覧会の招待券が2枚っていうのはどう言う意味?招待券をくれたのはあの安企部の弟分?
広場の電話ボックスの中で親子はどんな会話をしてたの?

一回見ただけでは腑に落ちないところがあった。わたしの理解力不足かな。
yuri

yuriの感想・評価

2.8
私の南北朝鮮ブーム、これにて一旦終了かな。。

南北関係、東西ドイツ関係、となかなか知識が問われるストーリーだったと思う・・・果たして全て理解出来てたのでしょうか。
誰も救われない結末に胸が痛くなるな~現実はどうかなんて知らないけど、自国を飛び出して他国を舞台に国際関係を揉めるのはよくないですね、本当に。
>|

あなたにおすすめの記事