けものがれ、俺らの猿との作品情報・感想・評価

けものがれ、俺らの猿と2000年製作の映画)

GETTING WILD WITH OUR MONKEY

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.2

「けものがれ、俺らの猿と」に投稿された感想・評価

漆原

漆原の感想・評価

2.7
バラバラになった空想を繋ぎ合わせて形にしたようなシュール系作品。
細く、ポマードテカテカでデニムベスト×デニムショートパンツの鳥肌実が家の中の家具を次々破壊してから姿勢良く正座して俳句を詠むシーンは眼福だった。
鳥肌実がすべてをかっさらっていった。
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

3.5
ものすごくたまーに観てしまう。
訳わからないけど。

ミュージックビデオのような(音楽が印象的)。うさんくさいプロデューサー、謎の仕事、虫、大仏、鳥肌実、永瀬正敏のエプロン姿、、、。

要所要所で、インパクトの強いものたちばっかりで、それが頭の中にいつまでも残ってる。

夢の断片をつなげたような感じがします。
おかっぱ頭の女の子達が、麺をくわえて歩いてる映像が、焼き付いて、観てしまった。
鳥肌実がとにかくキモい。
内容はあまり頭に入ってこなかったけど、劇中歌が良かった。
賛否両論あって当然の作品。

不思議の国のアリスを見てる様な、意味がわからない・常識が通用しない作品。
意味がわからないのに、観ていて引き込まれて行き、でもやっぱり意味がわからないまま、進んで行く。

途中、嗚呼、やっと終わる…と思ったらまだ続く、長編キチ●イ映画。

お笑いマンガ道場ファンには堪らない、車だん吉。

キチ●イ役やらせるなら、本物の鳥肌実。

まあ、嫌いじゃないけどね。
ドクターペッパーみたいな映画です。
めっちゃシュールなだけで話が無いから退屈しちゃった。
こーゆーの観ると「シュール」って単純に面白くない物を誤魔化す為の悪知恵みたいになってない? って思う。
アンジーって猿が可愛かった。
ぱるる

ぱるるの感想・評価

2.8
独特すぎるゆえに、タイトル含め印象は強い。
ただなんて説明すればいいか困る。
鳥肌実に興味を持った。
いみ

いみの感想・評価

3.0
町田康が好きで、その映画があるんだ!と感動した勢いのまま購入しました。
今思えば何で買ったのか…。
映画自体は面白かったと思いますが、今は鳥肌実がものすごく苦手になってしまったので、ずっと家のテレビ台の中にしまってあります…。
いつかまた観る日が来るのだろうか…。
シュルレアリスムの塊(笑)
キチガイしかでてこない(笑)
鳥肌実の髪の毛すごいジェルローションでつやつや
IchiroKato

IchiroKatoの感想・評価

4.0
かなり癖になるシュルレアリスム。
セリフ含めて、よくこんな空気感作れるわ。才能なんですかね。
buenavista

buenavistaの感想・評価

3.1
発売当時にDVD買った☺
大仏耳掻きもゲットしたよ☺
鳥肌実は、今どうしてんだろか( ゚ε゚;)
>|