グラスホッパーの作品情報・感想・評価

グラスホッパー2015年製作の映画)

上映日:2015年11月07日

製作国:

上映時間:119分

3.0

あらすじ

渋谷スクランブル交差点―。ハロウィンの夜、仮装した若者たち、そして通行人をも巻き込んだ凄惨な事故が発生する。教師の鈴木(生田斗真)は、この事故で愛する恋人・百合子を失ったのだ。意図的に仕組まれた事件であったことを知った鈴木は、この事件の首謀者への復讐のため、中学教師の職を捨て、裏社会の組織に潜入し、その機会を窺っていた。漸く復讐が遂げられるかと思ったその時、敵“カタキ”が目の前で車に撥ねられ、あ…

渋谷スクランブル交差点―。ハロウィンの夜、仮装した若者たち、そして通行人をも巻き込んだ凄惨な事故が発生する。教師の鈴木(生田斗真)は、この事故で愛する恋人・百合子を失ったのだ。意図的に仕組まれた事件であったことを知った鈴木は、この事件の首謀者への復讐のため、中学教師の職を捨て、裏社会の組織に潜入し、その機会を窺っていた。漸く復讐が遂げられるかと思ったその時、敵“カタキ”が目の前で車に撥ねられ、あっけなく死んでしまった。“押し屋”とよばれる殺し屋の仕業だった。正体を探るため、鈴木は“押し屋”の後を追うが、自らの嘘がばれ、闇の組織から命を狙われることに…。交差点近くの高層ホテル―。人の意識を暗黒に導く力を宿す「自殺専門」の殺し屋・鯨(浅野忠信)。闇の組織からの依頼で、ハロウィン事件の真相を知ってしまった新聞記者を自殺に追い込んだ。仕事を終えたと思った時、彼が目にしたのは窓外の交通事故、誰かの手が一人の男の背を押す様だった─。そしてもう一人―。若く、驚異的な身体能力を持ち、その俊敏なナイフ使いで依頼された殺しを着実にこなす殺し屋・蝉(山田涼介)。蝉の次の仕事、それは知りすぎてしまった鯨という男を消す、闇の組織からの殺しの依頼だった。敵を失った鈴木、自分を狙う組織を追う鯨、鯨を追う蝉―3人は、それぞれの思いを抱えながら、全てを清算するため、闇の組織のアジトへむかう。果たして生き残るのは誰なのか、物語の結末は―。

「グラスホッパー」に投稿された感想・評価

だいち

だいちの感想・評価

3.5
群れは、人を共謀にする❗

原作未読ですが、伊坂作品映像化を最近観てるので、鑑賞。
原作に忠実じゃないとのレビューが多いですね(^_^;)))

確かにいつもの彼の作品にある登場人物の心理描写とかバックグラウンドとかが弱い印象は受けました。

ただ、演技はどなたも良かったです。
特に、主役の3人が。天才さと孤独さを感じさせる蝉の演技は、どぴったりでした!

途中、泣いてしまった。
主人公の優しさが。どこまでもやさしい彼が、いつか幸せになってほしい。
彩

彩の感想・評価

-

う~ん😂
アクションは凄かったけど‥‥。誰が主役なの?って感じだし、分かりにくいし、退屈‥‥。伏線回収も萎える‥‥😇
とか言いつつ最後はちょっと感動したけど😢
原作は良いらしい‥‥。
今後はレビュー見てから観よう💧
ななな

なななの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1年前に録画してたものを引っ張り出してみました。
基本エグい。山田涼介の蝉がかなりよかった。菜々緒の悪女もいい感じ。でもラストはあっけないし訳わからんしモヤモヤが残る..
浅野忠信の鯨の過去の縛られ方を見ると、自殺屋だけどあのメンタルであの眼の力を持ってしまったことは悲劇だったんだと思う。

ところで吉岡秀隆演じる押し屋?が言っていた茶色いバッタの話ってどこにリンクしてたんだろう?
私がふと出てきたのは鯨が手をかけた人たちだけど、あの親子一味とか蝉とか鯨とかの裏社会全体だったんだろうか...
あと渋谷のスクランブル交差点に行くことあったらこの作品思い出すんだろうなぁ_(:3」z)_
よしえ

よしえの感想・評価

3.5
山田涼介意外に演技上手。

エンドロールYUKI ちゃんの曲がいい!
ぴぴ

ぴぴの感想・評価

3.5
トノサマバッタのズームは流石に無理だった
ストーリーは面白いと思います!
sava

savaの感想・評価

2.0
自殺するんじゃない。飛ぶんだ。死ぬのはそのついでだ。伏線が予想以上に少なかった。不気味な感じは好き。
mirukii

mirukiiの感想・評価

3.5
映画館で観たっス!
(๑˃̵ᴗ˂̵)



原作は読んでるんですが


山田君かな?


って感じです!
(u_u)



YUKIの曲がイイ‼️
d( ̄  ̄)
原作を読んだ後に観た作品だから、少し残念に思ってしまう所がいくつかあった。

スリルや迫力、そして原作でも漂っている薄気味悪さはよく描かれているんだけど、登場人物に奥深さがなかった。

やっぱり原作の方が好きだなぁ。
でも原作を読まずに観れば、衝撃的な内容や展開なので、楽しめるかもと思った。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

3.8
なんだかんだ伊坂幸太郎原作で期待してて、その期待はそこまで裏切られることはなかった。
最後なんかはちょっとウルっとしたし。
石橋蓮司なんか迫力にかけるなぁ。ただ一方で浅野忠信と村上淳が他の役者から完全にスタンドアウトしていい味出してる。かっこいい。そして麻生久美子はかわいい。
様々な殺し屋や秘密裏に動く組織達が描かれていて、伊坂ワールドだなぁと感じながら観ていた。個人的には村上淳のちょっと昔の演技みたいのがカッコよかった。
>|