つぐないの作品情報・感想・評価

つぐない2007年製作の映画)

ATONEMENT

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.7

「つぐない」に投稿された感想・評価

ブライオニーの淡い恋心が嫉妬から贖罪へと。2人の叶わぬ愛の行方が時代を越えて胸に刺さりました。
泣けた、泣けた。
Filmjunky

Filmjunkyの感想・評価

4.1
兎に角全部綺麗。

途中で少し中たるむけども、最後になるほど!そういう事だったのかとグッと引き寄せられる。

ちゃんと小説原作らしい映画に仕上がって居る素晴らしい作品
Sae

Saeの感想・評価

4.3
暗いけど結構好きだった!!!おもしろい!!!ついでに美男美女すぎる
Haruki

Harukiの感想・評価

4.6
ラブストーリーではあるが、贖罪にテーマを置いた斬新でドラマチックな物語。

ラブストーリーには似合わないほどの、先の読めない展開が鑑賞者に衝撃と余韻を与える。

それぞれの人生の悲しみが非情なまでに伝わってくる。

登場時間は短いが、ヴァネッサ・レッドグレイヴの演技はさすが。
しっぽ

しっぽの感想・評価

3.6
過去に見た作品だけど飛行機で見るものなくて。内容、意外と忘れ去ってた。
子供がついた嘘で周囲の人の人生を変えてしまい、嘘をついた本人もその罪を背負って生きていかなくてはならなくなるというお話。
hiyori

hiyoriの感想・評価

3.7
最初は純度高めのコメディーだと思ったが、実はそうではなかった。最後まで観て中盤の壮大な映像や独特な音楽がフラッシュバックするような作品。物語はいつでも誰か一人の視点から描かれていて、たとえ現実を描いたとしても、他者の目を通せば大きくかけ離れていることさえありうる。それがつぐないなのだから尚更切ない。
みり

みりの感想・評価

-
鑑賞後は何とも言えない気持ちになりますが、それでも見たことは全く後悔しません。あまり人にオススメはできないですが、見て良かったと思う映画の一つとなりました。オススメしてくれた友人よありがとう。また時が経ってもう一度見たいと思わせてくれる映画です。

このレビューはネタバレを含みます

イギリス人作家による小説「贖罪」を映画化した作品。少女が姉のためを思ってついた一つの嘘が、姉とその愛する人の運命を引き裂いてしまう。

久々にハッピーエンドではない映画を見た気がする。しばらく引きずりそう。

出演者のキーラナイトレイはもちろんのこと、何もかもが美しい映画だった。

タイプライターの音や、時間軸の移り変わりが印象的。
Y

Yの感想・評価

-
少女が嘘をついたことによって姉と恋人、もちろん主人公である少女も不幸になってしまった。
誰も幸せになることができず、嘘をついた少女を憎む2人の気持ちも嘘をついてしまった少女の気持ちも分かったので見ていて終始苦しかった。
人生において誰にでも嘘をついてしまうことや人に許されないことをしてしまった経験があるからこそこの映画を見て感じるものがあると思った。
無垢な少女の嘘が…ってのはさておき、監督はなんか恨みでもあるん?ってくらいマカヴォイがいじめられてかわいそうであった。長い。。
>|