空母いぶきのネタバレレビュー・内容・結末

空母いぶき2019年製作の映画)

上映日:2019年05月24日

製作国:

上映時間:134分

3.4

あらすじ

「空母いぶき」に投稿されたネタバレ・内容・結末

原作読んでいないので、映画だけ。
専守防衛に徹しているから、相手国からの攻撃が来る時「いや〜、早く終わって〜😭なんでそんなことするのー」と思いました、映画なのに。
 
現実にこういった事態が発生したとしたら今の日本で対応できるのかという点は考えてしまった。covid-19へのグダグダ対応、各地が緊急事態宣言下にあるにも関わらずなぜか続行&実施のオリンピックとか見てると、、、。
 
のだめカンタービレの頃から玉木宏のファンなので、空母いぶきを守るために護衛艦はつゆきが盾になる所は泣けた。護衛艦いそかぜの関西弁艦長と、コンビニ店長の中井貴一だけちょっと笑ってしまった。
コンビニ店長の描写いった?笑笑
そして、市原隼人は相変わらず声がいいよね。
太平洋戦争が時代背景の映画はよくあるけど、現代のこの手の映画は珍しい気がする。敵からの攻撃が迫っている時、どうなるのか毎回ヒヤヒヤしながら見入ってしまいました。特に潜んでいた5艦の潜水艦から10発の魚雷が発射された時は絶体絶命かとドキドキでした。戦死者も出たけど、最後はホットさせてくれる映画でした。見応えありました。
普段の生活の割とすぐそこに防衛戦闘が存在することを想像できないといけないな、と思った。

(西島さんかっこよかったな………幸せになってください…)
近い将来、ありえる話で考えられた。世論も分かれることになるだろうが、戦場とお茶の間での議論の差は埋められないでしょうね。専守防衛の定義は大事だがもどかしいところもあり、大切な何かを持つ人それぞれで考え方も決まってくるでしょう。
・そう遠くない未来、国籍不明の船団に攻撃を受けた護衛艦「いぶき」に乗る自衛隊員達の戦いを描く物語

・憲法下での戦いなのでミサイル一発撃つにしても相当な葛藤があり、攻撃一発をしのぐだけでかなり緊張させられた

・今「戦闘」が起こったらこんな風になるんだろうなあと考えさせられる結構リアルな内容だった(原作未読)
自分用記録

公開当時、見知らぬおじちゃんに「これ見た?」って尋ねられて、「まだ見てないんですよ〜見たいんですよ」とお伝えしたところ、「若い子は見なくていいよ〜」という具合にお答え頂き……。

見ました。若い子見ました。若い子です。
私が若い子です。若い子!



コンビニが、心の安寧。現実味が遠のく感じもするけど、この温度差は寧ろリアルなのではとも思いました。

いぶきの艦長が、今作の敵の捕虜に「今日はクリスマスイブだ」とお話をされて。
頭の中で不意に、amazarashiの「クリスマス」が流れました。

インターネットが普及して、情報が回りやすくなっても、今度は不確定な情報も増えて、選別ができない人が多くて、そもそも興味を持たない人も多く居て。情弱で。私も例に漏れず情弱で。

戦争が始まるかもしれない。日本で。
直面すると否が応でも、置かれている状況を知ったり、考えを改めたり、するだろうけど。
我々は、今現在の事を、もっと知るべきだと。
これからの事を、万が一…億が一を想定すべきだと。
乗り越えられないかも知れない程の事が起きて、情弱勢がやっと意見を改めるのを待つんじゃなくって、

………って思うんだけど、選挙行った!
友達と話した!
あと何したらいいの!!!

落ち着こう。ちょっとブリッジします

┏( .-. ┏ ) ┓

(オチなし)
戦争映画ではなく、戦争回避映画として良くできている。
かわぐちかいじらしい軍事的戦略、細かなリアリティ溢れる描写が光る。

架空の国家である東亜連邦が攻めてくるという内容だが、その東亜連邦側の存在感が弱くパイロットやら操縦士らはほおんど顔を見せない。
これはあえてそうしていて、顔の見えない存在の怪物的恐怖を増幅させることに一役買っていた。

バトルシップやらシン・ゴジラやら、自衛隊員が己の頭脳と最低限の武装で敵を退ける様は気持ちが良いし、隊員たちの懸命さは胸を熱くする。
若干暑苦しすぎて死に様やら格好良く描かれ過ぎな気もしたが。
作中のセリフで戦後自衛隊が戦争被害を受けたことがないことを誇りに思うより、戦後、国民が戦争被害を受けてないことを誇りにするというような内容のセリフがすごい良かった。
自衛隊のみなさん日本を守ってくれて本当ありがとうございます!!
うーーーん。

原作は未読。

考えさせる内容だったけど、映画としては好きになれなかった。
中井貴一なんて、絶対何かの過去を抱えた人だと思いながら観てたけど、ただの優しい平和の象徴だった。
役者陣が無駄に豪華すぎた。
敵側の戦略が明示されず「なんかよく分からんけど攻撃されたから対抗する」の繰り返し
主人公たちの動機も不明で、ただひたすらに愛国心から行動するだけの薄っぺらい印象
人が死ぬ様子や国内のパニックの描写が非常に淡白 この描写で戦争の恐ろしさを語るのか...
かっこいい兵器やキャストを使っているのにもったいない.......
>|