イカサマ貴婦人とうぬぼれ詐欺師の作品情報・感想・評価

「イカサマ貴婦人とうぬぼれ詐欺師」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.1


1882年サンフランシスコ
詐欺師のチャーリーは娼婦のアマンダと出会い……

少し笑えた

ドタバタな展開
何も考えずに見れます

ロマンスも

ゴールディ・ホーンがキュート!
衣装とか良かった
歌も聞けます
うむ。発掘されてないのも納得の作品だ。これが埋もれてても困らないし掘り起こす必要もないかな?w『マーヴェリック』のメル・ギブソン&ジョディ・フォスター コンビみたいな雰囲気の主演の二人だけどヤマがないというか二人の掛け合いも弱いし話もイマイチ。
2018.5.22.
スカパー ザ・シネマ
Yuya

Yuyaの感想・評価

2.7
いやいやいや 気楽に観るには 存分に面白い内容なんだけどね
名脚本家メルヴィン・フランクのスタンダードでいながら いつも小洒落てる魅せ方も見事だしさ
ただ なんつーか ジョージ・シーガルがどーしても男前に見えない自分としては 彼の自信の出所がわかんなくて イマイチ入り込めなかったのも事実なんだよね

ただ ゴールディ・ホーンは相変わらず愛嬌たっぷりで 踊り子の衣装なんて まこと健全なエロスを撒き散らしまくってて 目の保養になった
ビミョーに西部劇を匂わせる場面場面は 意外と正統派で硬派な感じなのも ストーリーとのギャップがあってイイ!
マサ

マサの感想・評価

3.0
西部劇の要素ありのコメディー。最初は好きになれなかったヒロインがいつの間にやらそうでも無くなってた。詐欺師はポーカーのイカサマ下手だねぇ。ストーリーは雑なようでちゃんと作られてる気がする!馬の忠義っぷりが素晴らしい!
Jumblesoul

Jumblesoulの感想・評価

3.0
ジョージ・シーガルとゴールディ・ホーン共演のドタバタ西部劇。
王道コメディで役者の実力で笑わせるのに、何故か日本未公開作品。
出世作『サボテンの花』のウォルター・マッソーは別格としてゴールディは相手役に恵まれなかったが、この作品のシーガルとは息がピッタリ。
このコンビの作品をもっと作って欲しかった。
それにしても昨年15年ぶりの長編主演作が公開と、70代になった今も現役バリバリのゴールディが頼もしい。
だぶ

だぶの感想・評価

3.0
セクシーダンサーと詐欺師が逃げる映画

ゴールディーホーンたまらん
娼婦と詐欺師の西部劇コメディ。若い頃のゴールディ・ホーンがカワイイ。どうってことない話だが、会話がおもしろい。しゃれている。終わり方もしゃれている。イキでイナセです。
のん

のんの感想・評価

3.7

ゴールディ・ホーンが歌って踊る、コメディ西部劇。
1882年。サンフランシスコの酒場できわどい衣装着てお下品な歌を歌い時々春を売るブルーバード(ゴールディ・ホーン)。そんな生活が嫌になって町を出ようとしたところ、たくさんの妻を連れたモルモン教の金持ちおやじを見つけた彼女。「あのおやじの妻の一人になればお勤めも少なくて済むらしいぞ!」(1890年まではモルモン教は一夫多妻制だったって初めて知りました)と、たらしこみを企てるも酒場で彼女を見初めたイカサマ師ダートウォーター(ジョージ・シーガル)とあれやこれやで…。


見どころはずばりゴールディ・ホーンの歌と踊りと卓越したおしゃべり。
外国語まじり&外国語風の英語で繰り広げられるイカサマ師とのやり取りは小気味良くて魅力的。
そしてちょっと下品な衣装。

あ〜、もうほんと彼女は素敵!