翔んで埼玉の作品情報・感想・評価・動画配信

翔んで埼玉2018年製作の映画)

上映日:2019年02月22日

製作国:

上映時間:106分

3.5

あらすじ

「翔んで埼玉」に投稿された感想・評価

yuria

yuriaの感想・評価

2.5
「伊勢谷友介出演作品がいつ見れなくなるか分からないから…」という理由でなぜかコレをチョイスした。
埼玉の扱いが酷いけどそれ以上の群馬の扱いに笑ってしまった。
映画の尺の長さで見るとちょっとキツイかな〜という印象。埼玉vs千葉やってるあたりのテンションなら見れたんだけど。
くだらなすぎて好き 笑った
良かった〜て思ってたら伊勢谷友介のあれで二重で見といて良かった〜になった
ももか

ももかの感想・評価

2.3
お前はまだグンマを知らない的な面白さなんだと思ってすっごい期待してみすぎてそんなんでもなかった
liam

liamの感想・評価

3.5

監督は「今夜、ロマンス劇場で」の武内英樹。出演は「いぬやしき」の二階堂ふみ、「カーラヌカン」のGACKT、「愛しのアイリーン」の伊勢谷友介、「内村さまぁーずTHE MOVIE エンジェル」の京本政樹など。

東京都民から冷遇され続けてきた埼玉県民は、身を潜めるように暮らしていた。東京都知事の息子で東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は、容姿端麗なアメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)と出会い、惹(ひ)かれ合う。しかし、麗が埼玉出身であることが発覚しする。

かなり話題になったコメディ映画。頭をからっぽにして観れる作品になっている。

埼玉だけではなく、千葉も馬鹿にされていて面白かった。笑 これくらい飛び抜けていると笑ってしまうな。笑

ストーリーも全て大袈裟なので、くだないことで本気なっているギャップが良い。
ただこの郷土愛というテーマはどこにでも通用するものだと思う。いずれの土地に住んでいる人も、その住んでいる所を愛していて誇りに思っている。だからこのくだらない差別が生まれる訳なんだけど。笑
それをエンタメ性高く映画にしたのは凄い良かった。

くだらない内容なのにも関わらず、チープにならないように全て全力でやっているのが良い所。中途半端に作ってたらもっと失敗していただろう。

関東民は楽しい映画。
れんげ

れんげの感想・評価

3.2
原作は全然面白くなかった。
ここまで盛大に馬鹿映画になっていて感動した。
意味不明なBL要素もきっちり踏襲し、真面目に主演二人が怒鳴りきっているのが素晴らしい。
伊勢谷友介は何をやっても中途半端に見える。
窮鼠〜を観た後だったので、成田凌のおっさん具合にびっくりした。プラベはこっちのが近いようだ。
なお

なおの感想・評価

4.8
地上波でノーカット放送をやっていたので鑑賞。
以前から気になってはいたが、ここまで全力でバカをやっている映画があっただろうか(良い意味で)。
「埼玉と千葉の見えない確執」を超スケールで描いた大作。
埼玉vs千葉の合戦のシーンは腹を抱えて笑いました。

「埼玉にも医者くらいいるだろう!」
「ここはサバンナか!」
「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」
これだけdisられてもそれを許容できる(サバンナのくだりはたしか群馬に対してのセリフでしたが)埼玉県民の方々に感謝感謝の傑作です。
しゅん

しゅんの感想・評価

2.0
圧倒的な偏見を売りにした映画。二階堂ふみをこの映画で使わなくて…
cemski2020

cemski2020の感想・評価

4.5
原作既読…なのだが、原作はたったの3話で打ち切り(というか作者自身が投げた)の未完作品で、それをここまで壮大な一遍の叙事詩(誇張ではない)に仕上げた映画制作陣には感服するしか無い。

埼玉disはたしかに酷いが、この作品で登場する都県でdisられていないところは1つも無いのである意味平等。おそらくこの作品で最もかわいそういな扱いを受けているのは、小島よしおと小倉優子だろう。
そしてそこまでdisり倒したにも関わらず埼玉県知事以下埼玉県民がこの作品を総出で歓迎した理由も、見ればわかる。

「埼玉ネタ」だけではなく、正月に毎年放送されるあるTV番組を知っていればニヤリとしてしまうであろう「GACKTネタ」も(決して出しゃばらない程度に)ちょい足しされているのがなんとも憎い。
そして魔夜峰央作品、というより当時の少女漫画には欠かせないBL要素を削ぎ落とさなかった決断にも拍手を贈りたい。

冒頭からはなわによるEDテーマに至るまで隙無しの良作。
★-0.5は、関東に縁の無い人にとってはなんのこっちゃになる可能性があるので。
ぬぬぬ

ぬぬぬの感想・評価

3.5
埼玉愛に溢れに溢れた映画
埼玉に住んでいるから、身近に感じたし笑えた
myde666

myde666の感想・評価

4.2
爆笑必至(笑)
首都圏以外の方はピンとくるのかな??
原作とはまた違うので、どちらも楽しめた。
>|