イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優の作品情報・感想・評価

「イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優」に投稿された感想・評価

銀幕短評 (#90)

「イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優」
2015年、スウェーデン。 1間時54分。

総合評価 80点。

邦題は長いが 原題は、「私はイングリッド」
(スウェーデン語辞書で調べた)。

イングリッド・バーグマン(1915-1982年)は、ハリウッド全盛期の人気女優で、キャサリン・ヘプバーン、ヴィヴィアン・リー、オードリー・ヘプバーンなどと時代が かぶっている(たしか)。

また、オスカーを3度も受賞している。「カサブランカ」が とみに有名だが、わたしはヘミングウェイの「誰がために鐘は鳴る」のほうが好きだ。と こう並べても、若いひとはチンプンカンプンだろうが。

この映画は、完全なドキュメンタリーで、おびただしい量の映像記録(本人が撮したものも多い)、イングリッドの遺した大量の日記と手紙の朗読、生前の彼女と 現在の子どもたちへのインタビューとの組み合わせで作られている。

彼女は、スウェーデンに生まれ、若くしてアメリカ ハリウッドデビューを果たし、その後も映画作りでイタリア、フランス、イギリスなどを渡り歩いた。結婚と離婚を繰り返しつつ、仕事に尋常ならぬ情熱を燃やし続けるとともに、家族とくに子どもたちに愛情を降り注いだ。「やりたいことをやりぬいた」人生が、よく描かれている。

彼女の家族が撮影する多くの映像と、全体の構成、とりわけ音楽がとてもよい。

ひとつ残念なのは、編集に凝りすぎて冗長になってしまったこと。あと 20分切り詰めたら、+5点だ。スウェーデン人は ふだん映画など作り慣れていないので、ついつい肩にちからが入ってしまうのだろう。仕方がないな。
イングリッド・バーグマンの伝記映画

いや〜〜〜!役者としてはさておき、ちょっと母親、あるいは人としてはどうなんですかねこの人!!
産んだら産んだで不倫して、次の男の子どもを産んで、また別の男って!

別に虐待をしていたわけじゃ無いし、娘も「(ジョーン・クロフォードの娘が書いた)『親愛なるマミー』みたいな暴露本を書かないか、とオファーが来たけど断った」と言ってて、一応の愛情を注いでいたことは間違いないっぽいけど
というか、子どもたちは一様に口を揃えて「もっと一緒にいて欲しかった」と...

やはりイングリッド自身が早くに両親を亡くしてるだけあって、彼女自身が子どもとの距離を測りかねていたのだろうと思う
「私は世の母親たちが言うような、歯を磨けとか、早く寝ろとか言う事は全く無かった」とは本人の弁



映画の仕事でも、演出に対して同郷のベルイマンと喧嘩するほどの気の強さがあったみたいで、品のある癒し系のルックスとは大違い
確かアカデミー授賞式でプレゼンターをやってた時も、やかましいプレスに向かってブチ切れてて、オスカーをもらう側のレイ・ミランド(主演男優賞『失われた週末』)もドン引きしてた記憶

そういえば三度目のオスカー受賞式での「この像を頂くのは、毎度ながら気持ちのいいことだわ」とスピーチして、オーディエンスの笑いを誘った『オリエント急行殺人事件』には本作では触れられてないのが不思議
さくら

さくらの感想・評価

4.0
彼女に特別な興味があったわけではないが、表現者のプライベートや考え方、生き方を見るのは大好き。
しかもこんなに映像が残っていて、イザベラロッセリーニを含む子供たちの生のお話がたくさん聞けて満足な1本でした。
まる

まるの感想・評価

3.0
作品主義で演者のプライベートやバックボーンにはあまり興味ないものの、好きなスクリーンスターなのでついつい鑑賞。「私」を持っている人はやはり格好いい。
戦前にカラーフィルムが残っていたり、写真から日記とある種の記録マニア。自分の意思の赴くまま飛び出すバーグマン。イザベル・ロッセリーニがあんなに年食ったと思わなかった。リブ・ウルマンは、それなり感がありますね。
2016年8月28日、渋谷Bunkamuraル・シネマ1で鑑賞。
前売券、劇場販売特典ポストカード付きを買っておいた。

この映画、「私はイングリッド。これは私の物語」というナレーションが冒頭にあり、イングリッド・バーグマンの女優・母親・妻としての姿が映し出される作品になっている。

しかし、ほんとうに相当昔からのマイホーム映像が映し出されて、よくこんな時代から家庭風景を16ミリなどで撮っていたものだ、と驚かされる。
そして、そうしたプライベート・フィルムが現存して残っていたことが凄い。

そういったフィルムを上手く編集して、スウェーデン時代の映画出演から始まって、セルズニックに呼ばれてハリウッド行き、その後のハリウッドでのオスカー受賞、イタリアのロッセリーニのもとへ、イタリア時代の映画撮影風景、などなどバーグマンの生涯が綴られている。

ビリー・ワイルダー監督からも出演要請があったようだが、イタリアでの不安定時期だったため実現しなかったというエピソードは「それが実現していたら、どんな映画になっていたのだろうか?」と惜しい気がする。

力強く話すバーグマンの「私は勇気と行動で生きてきた。後悔はしていないわ」なる発言には、凄いなぁと感服するばかり。
いったい、地球のどれだけの人が、バーグマンのような思ったとおり自由な生き方が出来ているのだろうか?

ある女優の生涯を別の役者が演じた作品は多々あれど、こうした女優の実際の映像・音声などの素材を使ってドキュメンタリー映画作品を作れる女優は、今後出てこないのではないだろうか。

<映倫No.46906>
miyu

miyuの感想・評価

3.5
幼い頃に母が亡くなり、また、若き頃に、大好きな父も亡くなり、彼女はスウェーデンでは収まりきれない映画への情熱があった…

すごい野心家だと思えた。

長女を産んでからも、映画女優への情熱は捨てきれず、不倫、離婚…

今更ながら、
イザベラ ロッセリーニの母だったんだなぁ〜って
しみじみと思った…
違う顔に思えていたが、ふとした表情とかは、やはり 似ている…

愛に対しても、感情をおさえる事もなく、忠実に生きたのかもしれないが…
正直、はじめの夫と長女に対しては、第三者的に見たら、切なく感じる…
イングリッド・バーグマン。子供たちが母親との思い出話を語るドキュメンタリー映画。
出演作の映像よりも、ホームビデオの映像が多かった。子供たちと遊ぶ母親の姿が印象的(´ω`)

名前はもちろん知ってましたけど、彼女の出演する作品についてはあまり知りませんでした。実は「カサブランカ」しか見たことなかったしね。

代表作の制作秘話や裏話もメイキング映像とかを交えつつ紹介してました。個人的に気になる作品も何点かあったので、順番に見ていこうかなぁ~♪

あと全然知らなかったんですけど、不倫とかスキャンダルが多かったんですってね。不倫はどうも彼女きっかけっぽいんですけどw
なんか今では美談みたいな扱いになってるけど、いいのかこれ(笑)
2018.1.19
彼女の美貌や魅力は白黒でも伝わるので、スゴい女優さんです。カサブランカの時に思ってました。
カラーになっても健在。オリエント急行での存在感はすごくて、リメイク作品含めて彼女を越える人はいないと思ってます。
moco67

moco67の感想・評価

4.5
イングリッドバーグマンの生涯を彼女自身が残してきたフィルムや写真等から製作したドキュメンタリー作品。息子、娘、友人たちが本作品によって「自分とイングリッドバーグマン」を回想し、再構築していたようにも思う。

本業ではなくプライベートなことが理由で仕事を失った時期を描かれていたけれど、現代でも同じようなことが起きているので、是非はさておいても個人のプライバシーとは?ということをしみじみ考えさせられた。
>|