イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優の作品情報・感想・評価

イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優2015年製作の映画)

INGRID BERGMAN - IN HER OWN WORDS/JAG ÄR INGRID

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:114分

3.5

あらすじ

2015年に生誕100周年を迎えたイングリッド・バーグマン。ハリウッドの黄金時代に一世を風靡した彼女はその美貌だけでなく、アカデミー賞に7度ノミネート(内3度の受賞)され、その卓越した演技力でも記憶されている。本年度のカンヌ映画祭では、彼女へのトリビュートとして、公式ポスターでその肖像が大々的に起用されるとともに本作がプレミア上映された。バーグマンが遺したプライベート秘蔵映像を中心に、手紙、日記…

2015年に生誕100周年を迎えたイングリッド・バーグマン。ハリウッドの黄金時代に一世を風靡した彼女はその美貌だけでなく、アカデミー賞に7度ノミネート(内3度の受賞)され、その卓越した演技力でも記憶されている。本年度のカンヌ映画祭では、彼女へのトリビュートとして、公式ポスターでその肖像が大々的に起用されるとともに本作がプレミア上映された。バーグマンが遺したプライベート秘蔵映像を中心に、手紙、日記、メモなどから、若きスウェーデンの女優が、どのように世界的女優になっていったのか、その足跡をたどる。また、彼女の子供たちや仕事仲間へのインタビューを通して豊かな人生と素顔に迫る、必見のドキュメンタリー。

「イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優」に投稿された感想・評価

8

8の感想・評価

-
早くに亡くなった両親 三度の結婚 不倫や子供との関係について 文字で読むだけでは明瞭としなかった彼女の生き様にふれられます 愛に生きていてもその為に自分のしたいことを曲げはしない 温かな視線そのもののようなホームビデオ 越すさきざきへ思い出の品を全て捨てずにもっていく 御ろされぬ獅子
二度目の結婚相手ロベルト・ロッセリーニとの間の子イザベラ・ロッセリーニは本当にイングリッド・バーグマンに似ています
モアイ

モアイの感想・評価

3.0
彼女の人生がまんべんなく出てくる訳ではなく。日記や手紙、家族インタビューが中心で。
ナレーションが少なく淡々と進むので、疲れてる時には合わないかも💦
私も3度中座。でも未見の作品をたくさん見たくなりました🎵
hanna227

hanna227の感想・評価

3.8
とくに昔の女優さんのことって映画の中のその人、しか知らない。

私生活や過去、イングリッドバーグマンその人を知れたことで、ますます彼女の映画を興味持って、彼女自身と重ねながら観れる気がする。
心に抱えるものがあるから、滲み出てくるものが品で溢れてて、何をやっても美しい。
個人的にはベルイマン監督の秋のソナタをいち早く観なければ!!とおもった。

監督も他の俳優もみんな人間で、その人がそのときどんな状況で、その作品を作っていたか、と背景を眺めつつ映画を選ぶのも楽しいかも。
kyon

kyonの感想・評価

3.5
1930年代からハリウッドで活躍したスター女優の1人イングリッド・バーグマンの子供たちによって制作されたドキュメンタリー。

ガルボといい、スウェーデン出身の女優さんは自然美っぽい魅力がある。

家族たちの持つ貴重な映像や資料を余すとこなく観れるのがこの作品の見どころ。

演技することが生きがい、生きる行為そのものだったと語られるバーグマン。でもロッセリーニとの不倫スキャンダルで、50年代中盤まではイタリア映画などハリウッド作品に出演しなかったところも彼女の経歴においてなるほど、と納得。

バーグマン、『カサブランカ』のイメージが強くて、確かにその後って同じくらい有名な作品出てたっけ?って感じだったし、逆にバーグマンがハリウッド外に向かったことでグレース・ケリーの位置が定まった気がする。ポストバーグマン、まではいかないけど、知的なブロンド像は踏襲してるのかな。

あとはバーグマンって考え方が21世紀の女性なんだなって思った。

”不倫問題も、プライベートはあくまで個人の問題であって、バッシングするなら仕事である演技について言え”、みたいなスタンスがあって、だからハリウッドに潰されたとかってよりは選択する意志を持った芯が定まってる人なんだな、と。

自己が定まってる人間は強い、根本的だけど、今現代に生きる私たちが彷徨いがちな個の行方を考えさせられる女性でした。
Toku

Tokuの感想・評価

2.8
気になった音楽
The Movie About Us/Eva Dahlgren
2016年8月28日、渋谷Bunkamuraル・シネマ1で鑑賞。 
前売券は、劇場販売特典ポストカード付きを買っておいた。 

この映画、「私はイングリッド。これは私の物語」というナレーションが冒頭にあり、イングリッド・バーグマンの女優・母親・妻としての姿が映し出される作品になっている。

しかし、ほんとうに相当昔からのマイホーム映像が映し出されて、よくこんな時代から家庭風景を16ミリなどで撮っていたものだ、と驚かされる。 
そして、そうしたプライベート・フィルムが現存して残っていたことが凄い。 

そういったフィルムを上手く編集して、スウェーデン時代の映画出演から始まって、セルズニックに呼ばれてハリウッド行き、その後のハリウッドでのオスカー受賞、イタリアのロッセリーニのもとへ、イタリア時代の映画撮影風景、などなどバーグマンの生涯が綴られている。 

ビリー・ワイルダー監督からも出演要請があったようだが、イタリアでの不安定時期だったため実現しなかったというエピソードは「それが実現していたら、どんな映画になっていたのだろうか?」と惜しい気がする。 

力強く話すバーグマンの「私は勇気と行動で生きてきた。後悔はしていないわ」なる発言には、凄いなぁと感服するばかり。 
いったい、地球のどれだけの人が、バーグマンのような思ったとおり自由な生き方が出来ているのだろうか? 

ある女優の生涯を別の役者が演じた作品は多々あれど、こうした女優の実際の映像・音声などの素材を使ってドキュメンタリー映画作品を作れる女優は、今後出てこないのではないだろうか。 

<映倫No.46906>
livestock

livestockの感想・評価

3.2
美しい女優、ただそれだけのイメージしかなかったイングリッドバーグマンが、
チャレンジ精神に溢れ演技に対して真摯で芯が強く明るく、
そして父親違いでも4人のお子さんたちが皆母はチャーミングだったと口を揃えて言う
そんな彼女の魅力的を、確認できた作品でした。
映画の中の彼女も美しいですがホームビデオに写るキラキラした笑顔がとても素敵でした。
彼女の出演作はメジャーなものしかみたことが無かったのでもう少し色々観てみたくなりました。
Soh

Sohの感想・評価

2.3
放浪する人生。新たな環境では何もかも新しくする。そういう姿勢嫌いじゃない。
ペコ

ペコの感想・評価

3.6
上品な雰囲気の美しい女優さん。激動の時代を駆け抜けた彼女の人生を垣間見れた。常に自分らしさを失わず長い間女優を演じた彼女がとてもカッコ良い。
イングリッドバーグマンを、新しい視点を含めていろんな角度から知ることができた。また彼女の映画これからも見ていきたい。賛否両論あるだろうけど、劇中の、私のことを演技者として見てほしいみたいなところは納得した。どうしてもこういうスターはゴシップネタが先走っちゃうけど、彼らの仕事は演じることで、観客が注目すべきは彼等の演技。正直、恋沙汰とか誰がどんな性格だとか重要じゃなくて、その俳優がどんな演技をするのかが一番重要なんだと思う。