アップグレードの作品情報・感想・評価・動画配信 - 65ページ目

「アップグレード」に投稿された感想・評価

茶色

茶色の感想・評価

3.5
ホーキング博士は言いました「わたしはAIが「人間を超える」可能性を恐れている」
この言葉思い出しちゃってね!怖い怖い!
しかし、サクサク進むストーリー展開と小気味良いアクションが爽快でスキッ!
ローガンマーシャルグリーンのちょっと笑える演技も新鮮だった!
しかし近未来映画っつうのはどうしてそこはかとなくダサいんでしょうね(笑)
emedia

emediaの感想・評価

3.8
このアップグレードによって
グレイをハッピーエンドへと誘う?
グレイ&ステムの
バッキバキなアクションに
「おっ!」「あっ?」「げっ?!」と
仰け反るヨ

意図せずに殺人者になる一般人の
「わっ!嫌だ!止めて!」感が
人間的で・・
もちろん
息子を案ずる母親がいることも救われる


【あと○○年】
いつか車の自動運転には
免許も要さない日がきて
「ハンドルに触れないでください」
って言われるのね

手のり雲(クラウド)で暇をつぶす
エロンがキュートです

で・・なぜに手術だけは手作業なの?
のん

のんの感想・評価

3.3

ひと味違うSF体験!

ハードコアみたいなの想像してたけど、そういった視覚的新感覚では無く、心理的にゾワゾワくるかな。
hirosick

hirosickの感想・評価

3.0
ハイテク『寄生獣』で
近未来版『ジョン・ウィック』な
新感覚高次元アクション!
いやぁ、面白かった!

正直、そんなに期待してなかったんですよ。
実際、冒頭の「未来感」もちょっと安っぽいし。
なんか主人公がずっとウジウジしてるし。

でもアクションシーンが始まったら俄然面白くなりましたね!

人体破壊描写も容赦ないし、
バディの「ステム」とのやりとりもクスッと笑えたし。
肝心のアクションは…まあ、設定が設定だけにアレだけど、新感覚には間違いないかも。

なにより気に入ったのは、オチですね!
終わり方良かった!!

アクションというより、ホラー好きにこそ観てほしい作品かも。
ミヅキ

ミヅキの感想・評価

3.8
三半規管が気持ち悪い!なんだこれ。ステムの視点になるカメラワークの乗っ取られ感たまらない!

さすがソウの監督とあって、ズタズタっぷりは爽快

ホラースリラーSFサイバーパンクアクション盛りだくさんでたのしい☺
OKADA

OKADAの感想・評価

3.9
欧州版BDで鑑賞。
妻を殺された全身不随の男がハイテクAIチップを移植して復讐するというお話。

登場人物が少ない上にストーリーも単純明快でテンポも良く最後まで一気に楽しめた。

低予算のためルックに派手さはなく、内容やアイデア自体も決して新しいとは言えないが、ほぼ主人公一人にフォーカスしたシンプルな作りは余計なものを描かず見せたいものだけを見せるという潔さがあり好印象。
尺も約90分とコンパクトなのでサクッと観れるのも良い。

終盤からエンドロールにかけてやや駆け足な印象はあるが、この手の作品では珍しいホラー的な結末もなかなか新鮮で個人的にけっこう好み。

欲を言えばもう少し主人公の格闘シーンが観たかった。
菜奈

菜奈の感想・評価

4.5
待ってクレイィイイ
バチボコ面白いやん!!!

オチが胸糞て言ってる人多いけど
私は好き!続編あってもなくても
この後のことを想像するのが楽しい

冒頭の近未来感がまず吸い込まれた

AIで使えなくなってしまった体を使えるようにできる未来もそう遅くはないなと

テンポもめちゃ良いし
飽きずにスイスイ見れた


早く見た人と語りたい映画No.1
Yuuki

Yuukiの感想・評価

4.8
アナログ人間グレイは妻と車で帰路につく途中に事故に遭った上に暴漢に妻を殺され自身も四肢麻痺になる重症を負った。失意の中現れたのは友人で超天才エロン。「最新AIを脊髄に取り付ければ脳の電気信号を補完して体が動かせるようになる」とのこと。かくして四肢麻痺は克服したが、話すAIに体の操作を全部任せると超絶パワーが!こいつと共に妻殺しの犯人を突き止めろ!な話

映画を愛し、映画に愛されているので試写会にて。いつもありがとう…。これ、「早く日本公開してくれ〜!」と願い続けてようやっと待ちに待って見させてもらったんですが、むっちゃくちゃ面白い!!!何も言わずとりあえずすぐclipしておいて!!最高だから!!監督&脚本は「ソウ」や「インシディアス」でその類稀なる手腕を発揮してきたリー・ワネル!!時代の流れを読み、人々が見たがっているものを完璧に見極め、そのニーズと期待にバッチリ応える最高の男!!!アッパレ男!

脊髄に取り付けられた最新AIチップ「ステム」が自分の頭の中に語りかけてきて警察もお手上げだった犯人の手がかりを探し出し、さらに体の使用を「許可」すると驚異的な身体能力で敵をやり過ぎなぐらいになぎ倒すこの発想がまず最高!その動きもありそうでなかったAIらしい機械的な超絶モーションにシステマチックなカメラワークという視覚的ギミックも素晴らしい!でも首から上は普通なので「やり過ぎやり過ぎ〜!」って顔だけオロオロしながら無茶苦茶な格闘を繰り広げる!このギャグ漫画らしさ!!このアクションシーンだけでもマジで見る価値がありますよ!他にも冷静な判断で捜査を進めて敵を倒す完璧AIステムと、体を提供する感情的な人間グレイの分かりやすいバディ的な捜査パートもアイデアに溢れてて終始わくわくが続いていきました

世界観も、街には監視ドローンが飛び交ってたりAIによるスマートホームが完備されてたり、ガソリンが「昔の車に使ってたやつ」と過去の遺物になってたりといういい感じの近未来が興味深いし、脚本に大胆なツイストも用意されていて、「そういえばこの人ソウの脚本書いてたわ」とハッとさせられてしまいました。そんな感じで最後まで100%楽しめる、個人的には超お気にの大傑作かなと思っております。「ゲット・アウト」でめちゃめちゃ顔の怖かった黒人メイドの人(ベティ・ガブリエル)も敏腕刑事として出てるぞ!
mam

mamの感想・評価

3.8
AI技術の発展と進化、それに伴うものとは…。監督が監督なのでちょっとグロかったりします。最初のアレはさすがにびっくりした。グロ耐性はある方のほうが見やすいかな。アクションシーンがすごい見応えあります。カメラワークが個人的に好きでした。
DIZ

DIZの感想・評価

4.3
ハードコアヘンリーっぽいのかなと観に行って
フタを開けたらヴェノムっぽい!?と思ったらエクスマキナ!?と私の大好きなSF映画要素が詰まっていた!!!
ラストがいい!!!!!

今まで観たことないようなカメラワークのアクションも新鮮。
適度にグロく、世界観もブレードランナーのよう。

近未来が舞台。
幸せな夫婦生活を送る主人公と妻がある日突然謎の組織に襲われ、妻を殺され自身も全身麻痺にされてしまうが
科学者によって埋め込まれたAIチップ「STEM」と融合し人間を超越した身体能力を手に入れる。

復讐を誓い、謎の組織との戦いに身を投じていく。

AIを人体に埋め込み人間と機械が融合する時代はもうすぐそこまで来ていると警鐘を鳴らす大傑作!