ディス/コネクトの作品情報・感想・評価

「ディス/コネクト」に投稿された感想・評価

lalalan

lalalanの感想・評価

3.8
ネット社会で人と人が複雑に絡み合って日々を過ごし、事件が起き、悩み苦しんでいくお話。
誰にでも起こりうる身近なことだな、と思った。
3年A組的な要素もあったんじゃないかなーと(観てないからわからないけど)
SNSはうまく使わないと暴力になりかねないね。
maco

macoの感想・評価

-
これだけネット社会になったというのに、SNSはまったくやったことがないし、ネット経由で人と交流しないようにしている。ルールがよくわからないし、怖いからだ。ネットで出会って結婚したという人も何人か知っているし、素敵なものが生まれ得る場所でもあるのだけれど。新しい時代に生まれた映画だ。
neneco

nenecoの感想・評価

3.5
記録。

『SNSと心の闇。』

スマホ、iPad、PC、、
今や日常に同化して、当たり前の存在となっている機器たち。
その中で最も世界が広いように見えて、実は狭く危険なのがSNS。

Twitter、メール、チャット。
顔も知らない人との会話のやり取り。
一時的な愚痴、趣味の話、知らない誰かと一時的に支え合いながら楽しむチャット。私には空しく感じた。

「スマホ依存」という言葉があるように、現代は皆取り憑かれたかのようにスマホばかり見ている。
食事中も、歩いている時も。
歩きスマホしているから道を開けてくれると思っている人もいる。
現代社会の問題の一つでもあると言える。

スマホを使うことが悪いことではないが、自分がSNSを利用する、その時点で誰もが発信者だ。
だからこそ言葉の重みを分かっていないといけないし、発言する前に冷静になる必要もある。
一つの言葉で、誰かを励ますことも出来れば、一つの言葉で誰かの心をズタズタにしてしまうことも可能なのがSNS。
そして、発言した言葉はどう足掻こうとも、残り続けるのがSNSの怖さ。


SNSを利用している人に是非とも観てもらいたい。

ベンの姉の唾を吐くシーンは個人的にスッキリした反面、他人事だし関係ないと思っている人間がいるのもまた日常なのかと気付かされることで気持ちが沈んだ。

映画だとしても、ベンの回復を願う。
s

sの感想・評価

3.5
動画【字幕】
・主犯のiPadの持ち主がスルーされるというもやもや感…ベン父の中ではあれで真相はもういいやって感じだし
・子供失った上にお金まで失う夫婦とエロサイトで稼ぐカイルも皆救われないなあ
キツイな。

どっぷりSNS世代としては、身につまされる話。。

悪意ってのは目の前を曇らせますね…
jumo

jumoの感想・評価

3.4
ネット社会警鐘映画
こういう群像劇のラストの救いのなさに痺れる〜

(バリキャリ熟女の仕事メイクとオフの日のすっぴん、価値しかないな)
ネット、SNS、チャット、便利でいつでも誰とでも繋がる便利さと、本来の人間・家族の繋がりとを、ネット犯罪をからめて問いかける感じです。結末に向けて、緊張感が高まります。
ごじ子

ごじ子の感想・評価

2.5
自分にも簡単に起こりうる悲劇ということで背筋が凍る思い。ネットがもたらす残酷物語オムニバス。自らの煩悩と年齢に特有な万能感に正直な子どもが、悪用にも無限大の可能性を持つ匿名ツールを手にして卑劣な弱者制裁を行う…など今この瞬間にも世界中で行われていそうなエピソードの数々。煩悩を丸裸にした集団とネットが結びつくことの怖さ。
Kigurui

Kiguruiの感想・評価

2.8
ネットのおそろしさを教えてくれる映画。子供にはこういう映画をネットを使うという授業に使っていただきたい。ネットを使うのは必ずしもハッピーエンドじゃないから。映画用に少し救いのある感じにしてるけど、私はもっとカイルのその後の恐ろしさ、イジメっ子の恐怖、軽々しくポルノ動画をあげてしまった家族へのストーリーが濃くてもいいかと思った。
軽く見れてしまったけど、本当はもっと恐ろしい。どうせならラストにもう少し盛り上がりがほしかったな。リアルを最近追求しすぎてる映画が多いから、少しハッピーやむごさなんかがラストにほしいとなんだか個人的にもったいない映画。
正に現代のネット犯罪。
ネットの恐ろしさ。人生までも変えてしまう程の恐ろしさを持っていることを、もっと知らなきゃいけない。親も子も。

2つの少年の家族が、見ていてどんどん辛くなっていく。元警官でも、自分の息子はやっぱり可愛いんだというのがわかればわかるほど辛い。

それにしてもこの映画のパッケージの日本語は少し違う気がする。

ラストは救われる。
>|