ディス/コネクトの作品情報・感想・評価・動画配信

「ディス/コネクト」に投稿された感想・評価

なんかさ、みんないろんな思い抱えてて、幸せになりたくて、誰かを幸せにしたくて。でもうまくいかなくてもどかしい思いしてて。生きてるとやるせない気持ちになることがたくさんあるんだよね、ほんとに。っていうのを詰め込んだ映画かな。
それぞれの視点、それぞれの思いがすごく伝わってきてせつない。その演技も素晴らしい。
「つながる」ことが現代のネット、SNSの闇とうまくマッチした話と思う。
Mai

Maiの感想・評価

3.5
「今も誰かと接続していますか?誰かとつながりたいですか?」という日本のポスターのキャッチコピーはとても秀逸だな!簡単に人と繋がれるからこそ責任感を持たずに行動してしまうネットリテラシーの低い人が少しでも減るといいのに。
観てた観てた!!
これも記録忘れてた!ウォッチリストに入れつつ「観た気がするなぁ」だった!オープニングで思い出した!
とはいえ、ネットトラブル映画はゴマンとあるので再見中。

あーん
アレクサンダー・スカルスガルド、何故このイケメンが私の目に止まる時暗く地味に悲しげな役なのか…✨(「メイジーの瞳」ですた)
それにしても、子役に至るまでとても魅力的な俳優使ってます。シアター上がってたのかな、あまり好んで見ないジャンルだからか全然知らなかったし、2014年とかだいぶ前でござった。

なんかコロナでさー
派手なハリウッド作品すら観ることが出来ない期間が2年も…とか…変な感じだな。洋邦問わず、旬だった役者さんたちも辛い期間だったろうな、もちろん制作側、端役、スタント、裏方みんなそうよね…しみじみ(涙)

ゴシゴシ(ノД`)

あちこちで起こるネットトラブルが現実に薄〜く繋がってる、という仕立て。どれも深刻で胸の張り裂けそうな痛みを伴う現実。取り返しのつかないことが起こり初めてインターネットの恐怖に気付くというね、
ありきたり?
でもこれは架空のお話で、でも現実でもある。
形は違えど被害者は枚挙に暇の無い状態だと思う。観ているこちら側も他人事じゃない(オレ裏垢でツイッタとかしてる場合ちゃうやん((((;゚Д゚)))))))


人を助けたいのか
真相を知れば良いのか
お金が戻ればいいのか
悪い大人から離れればいいのか
もとに戻れるのか
もとの暮らしはそもそも問題のないものだったのか

壊れたのはインターネットのせい?
正義に反したせい?
罪悪感は、楽しいことは?未来の夢は?
成功とは?

人生が分からなくなる、
これを観た若者はどう思うのかな
どう考えるのかな、

おばさん(わい)も今の自分が正しいとは思えない
これまでが正しかったかも分からない
誰も傷つけなかったか(んなこたない
自分が傷ついたことは(いつもしぬほど
親は絶対に正しいのか(全然分からんまま
なぁ
大人は
子供は
この後どう生きたらいいの?
インターネットとか関係ある?
誰か教えて欲しい

とりあえず誰も殺してないはずだけど
命に関わることが身近にあり過ぎる
こわいこわいこわいこわい
Soma

Somaの感想・評価

4.0
登場人物が何人かいて物語が進んでいくパターンの映画。ネットやSNSを通じた問題を世の中に警告するのが目的かと思われるが、その上で、父親や恋人などの心の移り変わりを上手く演出している。しかし、登場人物同士に関わりがなく、そこは少し残念であった。
qmp

qmpの感想・評価

3.5
やるせない気持ちが残る、リアルな作品。

大切な人への無関心が生む心の溝
現実を簡単に壊すSNSでの悪意
気付いた時には取り返しのつかない後悔

同時進行する3つの物語。
重みは違うけど、それぞれえぐられた。
"そんなつもりはなかった"……?



-memo
アメリカでの刑法によるいじめ加害者の処罰

SNSによる"未成年の嫌がらせ"であろうと、刑法上の規定に該当し、有罪になれば懲役になる可能性がある。    

社会的制裁も大きい。
言論の自由のもと、加害者のプライバシーが保護されることはなく、ニュースで実名を公表され、人生をリセットするのが難しくなることも。

加害者側がカウンセリング対象になるのも一般的。

(最後の父親同士のやり取りが印象深い)
ネットやSNSを介して起こった3つのエピソードが絡んでくるお話

「僕は海兵隊員だった、今の僕は?ただの道具だ、くだらない事務処理係さ」
のむ

のむの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

3つの話がそれぞれに動いて似た人が出てきたりなんやかんやしたりするので人間関係覚えるのが大変だった…それで最後3つの話がどう交錯するのかと思ったらあーそこがちょっと繋がってたのねって位で…勝手にスリラー系だと思っていた私が悪いんですけど…
ネカマで自殺させたいじめっ子にもお咎めなしだしその父も警察のくせに痕跡消去してたりで後味が悪すぎる…
raga

ragaの感想・評価

4.0
群像劇として主題に沿った構成に感嘆する。ネットやSNSを通して人の繋がりを求める人々は、親近者との会話の壁や疎遠に苛まれる。ひとりでは生きていけない事は自明であるのに、何かを言い訳にしてしまい粗暴になってしまう愚かさは相手を傷つけてしまうまで気付かない。それでもやはり許す、やり直す優しさは絶望を振り払い希望を抱かせる。情報化社会の功罪を日常の哀歓とした人間賛歌。
なかなか現代的なテーマにしっかり挑んでいて面白い!
日本版も見てみたい。
ywt

ywtの感想・評価

4.0
SNS/なりすまし/エロチャット/遠隔捜査/個人情報流出/自殺……

人は遠くの見えない人とは簡単に繋がれ、すぐそばにいる人とは繋がれない。オフラインでのリアルな暮らしの中の寂しさや苛立ちをオンラインの世界へ放り込み、紛らわす為のたったワンクリックはリアルな世界の破滅スイッチへと繋がる。

しかし、これはインターネットが【害悪】だという結論へ導くそんな浅はかで容易な映画ではない。

これはそんな【落とし穴】へ落ちてしまったことをきっかけに、本当に大切なものに気づいた人たちの再生の物語である。この映画に、全ての人の感情と葛藤をフィクションに支配した絵に描いたような幸せな結末は用意されていない。人生には煮え切らない想いと決断は存在する。

オンラインの落とし穴の暗い底に差し込んだオフラインの一筋の光を描く感動の群像劇!
>|

あなたにおすすめの記事