セクシャリティーの作品情報・感想・評価

セクシャリティー2018年製作の映画)

Octavio Is Dead

上映日:2018年08月07日

製作国:

上映時間:89分

ジャンル:

あらすじ

仕事をクビになったその日、タイラー(サラ・ガドン)は父が死んだという知らせを受け取る。母と生まれたばかり の自分を捨てた父。それ以降、情緒不安定な母親と2人、自分を押し殺して生きてきたタイラーだったが、父のことをちゃんと知りたいと、母の反対を押し切り生前父が暮らしていた家を訪れる。そこで彼女を待ち受けていたのは、数々の奇妙な出来事と性にまつわる衝撃的な体験だった。それはタイラーの女としての本能を…

仕事をクビになったその日、タイラー(サラ・ガドン)は父が死んだという知らせを受け取る。母と生まれたばかり の自分を捨てた父。それ以降、情緒不安定な母親と2人、自分を押し殺して生きてきたタイラーだったが、父のことをちゃんと知りたいと、母の反対を押し切り生前父が暮らしていた家を訪れる。そこで彼女を待ち受けていたのは、数々の奇妙な出来事と性にまつわる衝撃的な体験だった。それはタイラーの女としての本能を大きく揺さぶり始めるー。

「セクシャリティー」に投稿された感想・評価

カリコレ7発目。
兎に角サラ・ガドンによるサラ・ガドンの映画。

バイトをクビになるガドン
死をきっかけに疎遠となってた父の家を訪れるガドン
以降不思議な幻覚(父)が見え始めるガドン
会員制クラブに出入りするため髪切って男装するガドン
汚いシャワールームでまっぱガドン
男と偽りながら男に求められてしまうガドン
何だかんだあってスッキリした表情をみせるガドン

どこをとってもサラ・ガドン濃度100パーセント。
ガドンちゃんファンは観て損なしだ!
JB6487923

JB6487923の感想・評価

2.1
話はよく分からなかった。病んでいるのかいないのか。倒錯しているのかいないのか。ただただサラ・ガドンが美しい
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.1
仕事をクビになったその日、父が死んだという知らせを受ける。父のことを知るため、娘1人生前父と暮らしていた家を訪ねる。父の死と、父の姿を追う中、自分自身を見出していく姿を描いている内容は、独特な空気感がある。演出も単調ではなく、場面場面で父親の存在を感じさせるものがあり印象的。主演のサラ・ガドンの魅力が満載な内容だが、全体的に盛り上がりは弱い。
mick

mickの感想・評価

3.0
@カリコレ

こんなに邦題と原題合ってない作品ある???ってなってしまった 邦題のせいで本旨がより伝わりにくくなっている気がする……。

話的にはこちらに解釈を委ねるというか丸投げだったけどこれは深く考えずサラガドンを観る映画だと思えばいいかなって感じ。美しすぎた〜〜………
kyoko

kyokoの感想・評価

3.3
カリコレ2018③

あらすじ(衝撃的な体験云々)と邦題は無視して、サラガドンの男装をひたすら愛でるべし。
2018/08/07 シネマカリテ Sc.2 カリコレ2018
原題"Octavio is dead"であり、邦題『セクシャリティー』では全くない
とはいえ、この邦題でなければ満席近くにはなっていなかっただろうなと思う

サラ・ガドンがひたすら美しい
ラストの部屋からの一連のシーンはかなり引き込まれた。
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

2.3
果たしてこの作品を官能的と言えるのだろうか?
自分の期待値と作品自体のポイント、フォーカスが完全にズレてしまっていた。
邦題詐欺だなこれは。
カリコレだから納得がいくが、基本、又々見事に罠へ嵌ってしまった感あり。笑。
サラ・ガドン目当ての鑑賞だったが。。。
ユニセックスでボーイッシュなところが可愛かったのが唯一の救い。