快傑ダルドの作品情報・感想・評価

「快傑ダルド」に投稿された感想・評価

BB

BBの感想・評価

4.4
サーカス団出身のバート・ランカスターが溌溂と演じている。こんな溌溂とした人を見るのは『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』のキャグニー以来ではないか。
ジャック・ターナーは西部劇でもスピーディな展開のアクション巧かったが、本作は抜群。快作。
tk33220

tk33220の感想・評価

3.8
所々クレーンを使った流れるようなカメラワークや、冒頭の伯爵たちが町にやってくる場面などの画面をフルに使う感覚が楽しい。バート・ランカスターがろうそくの灯りを消して静かに男を気絶させる一連の流れのしなやかさが堪らなく良い。
AS

ASの感想・評価

3.6
バート・ランカスターが30代後半の時の作品。とにかく動いて動いて動きまくる。その運動量は一見の価値有りだけどストーリーは平凡
バート・ランカスターのアクションに感動!
なんと見事でしなやかな動きか。

逃げてきた貴族との決闘の愉快な幸福感が出色。
この映画の明るさはターナーらしからぬ魅力だ。
今までみたターナーのベスト。圧倒的。ターナーには珍しく陽性な話。
とにかく人間がたくさん画面に映り、うねるように動き、あまりに滑らかでしなやかなランカスターの肉体の躍動をこれまた滑らかでしなやかなカメラワークで撮る気持ち良さ!!!!!!

てか、バート・ランカスターは元サーカス団員だったらしいが、今までみた映画では『ヴェラクルス』が最も彼の身体能力を生かしていた。
ただ、本作はそんなもんの比ではなく、完璧にサーカス団員の本領を発揮している。
もんの凄いよ!

裏切りもんを暗闇の中で葬るシーンが最高に好き。
陽性の映画の中で異質なシーン。