秘密指令(恐怖時代)/秘密指令 The Black Bookの作品情報・感想・評価

「秘密指令(恐怖時代)/秘密指令 The Black Book」に投稿された感想・評価

battuta

battutaの感想・評価

5.0
マン=オルトンによる異次元級のノワール。
革命は夜、行われる。

顔面を見せるということ。
冒頭の顔面オーバーラップ。
ヒロインは、ベールを上げて顔を見せる。
フーシェの老獪な面と、ロベスピエールのピカレスク面。
ギロチンを囲む民衆も、それぞれがモブではない顔として描かれている。

顔面を見せないということ。
鏡に顔が写らぬまま、主人公に殺される処刑人。
壁や天井に映る影。
黒い手帖に並ぶのは当然名前のみ。
最後のナポレオンの後ろ姿。
アンソニー・マンと名カメラマンのジョン・アルトンが職人技で光と影の極致を作りあげた傑作。フランス革命でロベスピエールが失脚するテルミドール反動を描く歴史劇である。
【最短の説話】
トップタイトルは革命の炎だ。本作は「火」と「階段」と「高さ」の主題が満ち溢れている。タイトルバックの後、主だった歴史上の登場人物が紹介される。ただし主人公のシャルル(ロバート・カミングス)は紹介されない。稜線を馬が疾走する。本作は馬や馬車がよく走る映画だ。馬をフォローしていきなり真俯瞰になる。地面に落ちる影が大胆だ。シャルルが亡命中のラファイエット将軍から指輪をもらいストラスブールへ行けと言われる。ストラスブールの小屋に着き、シャルルがドアを開けるといきなり刃が突きつけられる、咄嗟に指輪を見せて味方と信用される、このワンカットが見事だ。パリのロベスピエール(リチャード・ベイスハート)の執務室には主要人物が集まる。フーシェ(アーノルド・モス)とロベスピエールが話している所へ敵対するバラス(リチャード・ハート)がロベスピエールの腹心サン=ジュスト(ジェス・バーカー)に連れて来られる。この場面はポン引きを見事に駆使してグループ芝居を捌いている。入ってきたバラスごしジュストの2ショットからポン引きの4ショットが鮮やかだ。余計なカットを使うことなく最短コースで画面の説話を進めている。Simple is beauty である。さらに外から撮る窓際のロベスピエールごしフーシェの2ショットもいい。鳩が乱舞する印象的なショットになっている。パリの夜の宿に悪名高い検察官デュバル(チャールズ・マックグロー?)が到着する。階段を上がってくる。上から撮って影を大胆に強調している。室内で鏡の前に立つデュバル、手前から手がインする、デュバルが振り向きざまに絞殺する、画面からデュバルがアウトする、無人の鏡前に再び手がインして指で蝋燭の火を消す、以上がワンカット、素晴らしい!マデロン(アーレン・ダール)の登場、最初はバックショット、次のガラス越しに中を覗くアップが美しい。しかもベールを覆っているのがいい。玄関のドアを開ける、マデロンと背後の壁に映る宿主の影のワンカットで描く、ここも余計な切返しはなし、階段の上からの引きになってマデロンが上がってくる。そして暗闇の室内に入る。この室内の影の照明が凄い。壁と天井にストライプの影が放射線状に走る。ノワール調の光と影の美の極致である。敵か味方か?確かめあってやっとお互いの顔を見ようとロウソクに火を点ける。鏡にマデロンが浮かび上がる、マデロンのアップでベールを上げる、シャルルのアップ、この出会いも見事!官能的だ。冒頭からここまでのあまりの緻密さ、匠の極致にクラクラと酔いしれる。
入れ替わりでフーシェが偽デュバルと気付かずに迎えに来る。ロベスピエールの隠れ家へ馬車で向かう途中、いきなり窓から松明が放りこまれる、同時に逆の窓から銃撃される、突然の銃撃が始まり馬車が疾走して襲撃者達を振り落としていく。ここもマンらしい「いきなり」のアクションで申し分ない。パン屋の階段を地下へ降りると拷問室とロベスピエールの隠れ部屋がある。アルトンは本作では大胆なローアングルで天井を画面の1/3ほど入れたりする。そして天井に大胆な影が動く。人が出入りしたり、拷問の影が映る。いつもの壁に落ちるストライプの影に加えて、ローアングルの天井の大胆な影が本作の新味である。
【階段 高さ】
「階段」は頻出する。全てのセットに階段がある。居酒屋のバラスのアジトは階段の上にある。最初は暗闇でわからない、マデロンが階上のドアを開けると階段が浮かび上がる、素晴らしいセットだ。ちなみにこの場面はシャルルが次々現れるバラス派とロベスピエール派の間で正体がバレないようにクルクル立場を変えていくのが面白い。留置所も階段の下にある不思議なセットだ。ロベスピエールが階段を降りてくると囚人たちが一斉に命乞いする、しかしロベスピエールの号令で格子越しに無差別に射殺される。階段の極め付けはギロチンの階段だ。罪人は階段を上り、ギロチン台で首をはねられる。本作のラストではロベスピエールが階段を昇ることになる。本作の「高さ」の主題はギロチンそのものである。刃が落下するローアングルのショット。マンの最も恐ろしい「高さ」のショットだ。
【火】
本作はタイトルバックから「火」で燃えている。松明、蝋燭の火が投げ込まれたり、点いたり消えたりする。クライマックスでシャルルがマデロンが監禁されている場所に気付くのも松明を投げたからだ。本作のラストカットは花火だ。
【暗さ 影】
重要な場面は暗くなる。身の危険が迫るからだ。だから身分を保証する指輪やキーワードや証人が必要になる。シャルルの脱出も満月が雲に隠れるのを待って実行される。本作は難しい闇の場面が多いがアルトンが見事な手腕で表現している。闇とは逆の明るい場面は「影」が重要だ。シャルルがブラック・ブックを発見する場面、シャルルの見た目のブックの紙面にナイフの影が走り、気づいたシャルルとフーシェの格闘、首を絞める。さらにロベスピエールが口元を銃撃されるショット、背後の壁には革命の旗の影が翻る。どちらも物語の重要な場面で影が活きている。
【馬 犬 猫】
本作は馬がよく走る。後半の農場での追跡劇は西部劇のようだ。川を走らせるあたりマンは心得ている。犬と猫が活躍する。ドーベルマンはまさにブラックブックの発見に貢献して、猫はジュストに尋問される子供に正義を教える。
【鏡】
マンの重要な「鏡」の主題は本作でも現れる。前述したシャルルとマデロンの再会場面の「鏡」は官能的だ。ミラーショットは切返しを廃してワンカットで描ける効率的な技だ。ロベスピエールが髪を整えながらジュトスと話している所へシャルルが入ってくる場面は「鏡」を使ってワンカットで描いている。この場面のロベスピエールの円錐形のマスクは何だろう?
【狭く撮る】
アルトンの屋外のセットの撮り方が実に奥深い。本作は街中をやたら馬車や馬が走って躍動感があるのだが実は広いロングショットは全くない。なるべく狭く、俯瞰にしたり、アングルを限定した職人技を駆使して街の映像を作り上げているのである。よく見るとアーチがある同じ一角をアングルを変えて別の場面に何回も使い回している。職人技の極致である。本作はイングリッド・バーグマン主演、ヴィクター・フレミング監督の「ジャンヌ・ダーク」のセットをそのまま借りて撮ったらしい。それでこの素晴らしさだ!夜のパリ、俯瞰の濡れた路面を走る馬車は官能的である。低予算で最大限の効果を創造したアルトンの神業には畏れ入る。

ラストに「ラ・マルセイエーズ」が流れ、バックショットで英雄が現れる。
製作はウォルター・ウェンジャー。イーグルライオンとコロンビア配給。
原題は「The Black Book」リバイバル時に「Reign of Terror 恐怖時代」で公開された。
さっ

さっの感想・評価

4.5
牢獄の扉に始まり隠し扉で終わる。戸を開くことがすべてのアクションの契機となり、その奥にはもれなく革命期の怪物的な人物たちが潜んでいる。ジョン・アルトンのつくるどす黒い闇と顔面ドアップに痺れる。民衆暴力サイコー
身バレや物バレなど終始ハラハラさせるスパイ活劇の面白さ。顔の見えない暗い部屋で男女が出会う場面のライティングがバキバキにキマってた。王政から民主化したのにポピュリズムで独裁化しかけたフランスの黒歴史。焼き立てのパンのいい香りの中で拷問するのトチ狂ってる。猫を蹴る輩はギロチンだ。@シネマヴェーラ渋谷
アノ

アノの感想・評価

4.5
『Tメン』『国境事件』に挟まれた40年代マンお得意の潜入スパイもの。超絶大傑作。
ラングやフラーに負けないクローズアップのラッシュの大迫力。ジョン・オルトン全開の迫る影の表現。90分に収まっているとは思えない二転三転していく展開と人物関係。これは凄すぎる。
敵役ロベスピエールの堂々たる佇まいに見惚れる。議会に糾弾されてからの開き直り!冷酷なサン・ジュストやコウモリのように立ち回るフーシェのキャラ立ても抜群。
ドイツ表現主義みたいな郊外の小屋といい美術も素晴らしい。パン屋の下の秘密基地に本棚のギミック。

監獄から馬車で逃げるときに追手を遮る通りがかりの農夫(おそらく味方の変装)がさらっと現れてさらっと殺されるの痺れる。
議会に集まる民衆のおぞましさはまさに「怪物」
天カス

天カスの感想・評価

4.5
馬やら人やらスタンダードにギッチギチに詰まってる。顔面のヤバい使い方。
イップマン映画のブルースリーみたいに出てくるナポレオン。
mingo

mingoの感想・評価

4.5
フライシャー「その女を殺せ」ルイス「ビックコンボ」に匹敵、マンのド級の傑作。フランス革命をテーマにした映画で一番面白いだろこれ。おもろすぎてめちゃくちゃ前のめりなったわ…独裁者ロベスピエールのブラックブック(処刑予定者リスト)をめぐる潜入捜査もので、ロベールの地下アジトから森への逃走、花火、処刑、松明を持って救出まで、マンお得意の光と影で強調するシーン多発危険、全カットおもろい…さらにルイスのジョンオルトンキャメラの使い方とは違い、鋭角と俯瞰のメリハリが効きながらも見せ場には炎や雷が最も効果的に表れるアングルで捉えすぎてて完璧。また物語の最後には顔は映さずワンピースのドラゴン的に姿を現すあの人物が!ワクワク全開、面白さまっしぐら!マンに実写版「ワンピース」を撮らせろ!しかももれなくわんちゃん猫ちゃんまで物語の大事なモチーフになってるうえに、後半の農家の家でのわんぱく三兄妹にサンジュストが放つ「嘘はいけないぞ」の台詞が伏線になっててラスト「群衆は子供だ」と言い放つロベスピエールの最期に大歓喜!!ごみおもろい
薪

薪の感想・評価

4.2
ローキーの画面がカッコいい。ローキーだからこそ、夜や影や炎が映えているように感じる。処刑場の群衆を始めとした縦構図のショットも散見される。
takandro

takandroの感想・評価

4.0
フランス革命とノワールもの。珍しくて最初何かと思った…。車の代わりに馬!

とにかくヒロイン(アーレン・ダール)が美人すぎる。
o

oの感想・評価

4.2
主題とロマンス、史実の帳尻合わせ的なところで優等生的というか手堅い印象に収まるようで、ロベスピエールの衣装がよかったり、随所にはみ出る魅力もいくらか感じられる作品。
>|

あなたにおすすめの記事