ディープ・ブルーに投稿された感想・評価 - 3ページ目

「ディープ・ブルー」に投稿された感想・評価

KCUFUMI

KCUFUMIの感想・評価

3.9
名作サメ映画。

サメの研究を行っていた海中施設で、
遺伝子操作によって脳が発達した天才サメが施設の人間達に反逆を開始する‼︎

爆発した海中施設の中で、どんどん逃げ道が無くなっていき水攻めサメ攻めから逃げ回り脱出するスリル満点のA級サメホラー🦈✨

トーマス・ジェーンにサミュエル・L・ジャクソンとステラン・スカルスガルドとかキャストが豪華だし、誰が生き残るか全く予測できないのも面白かった。

このレビューはネタバレを含みます

≪あらすじ≫
太平洋に浮かぶ科学研究施設で、科学者スーザンは遺伝子操作によってサメたちに高度な知能を持たせてしまう。
そんななか巨大なハリケーンが施設を直撃、サメたちが内部に侵入してくる。
サメと決死の攻防を繰り広げるスーザンたちが、次々と命を落としていく。
---------------------------------------------------------------------------
小学生の頃に観たことがあったが細かいところまで覚えていないのでもう1回観ました。
1999年の映画とは思えないサメのクオリティでした。
というよりB級やZ級のサメ映画を見すぎているせいでそっちの方が自分の中での基準になっているのかもしれません。
サメ映画には珍しくボートが破壊され襲われるシーンはあるものの冒頭での捕食シーンはない。

ストーリーはサクサク進んでくれるうえに常に緊張感のある演出ばかりで観たことがあるにもかかわらずハラハラドキドキしていました。

襲われ方もバラエティに富んでいて一度水中に引きずり込まれてから飛び出してくるのには度肝を抜かれました。

最後はサメ映画あるあるの爆発オチであったり、よくわからない無駄死にであったり、寿司ギャグであったりはしますが
全編通した評価+サメ映画であるといったところを考慮するとかなりの良作でした。

《追記》
主題歌:最高にかっこいい
思ってたよりおもろかった笑えた
Bring me some sushiやないねん
モーガン・フリーマンは20年前の作品を見てもお爺さんだがサミュエル・L・ジャクソンはさすがにまだ若い感じ

めちゃくちゃ作りがしっかりしてる
これをB級と言ってる人はA級サメ映画にどの作品を上げるのだろう?これ以上のサメ映画を見たことがない
今のところ
みー

みーの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

サメ映画!
「ジョーズ」を子供の頃テレビで観てこれ系は苦手だったけど、ディープブルーめちゃ面白かった‼️😆
知能を持ったサメって設定がいいね!
博士のタンカ利用してガラスぶち破ってきたり、オーブンのスイッチ入れたり!←あれは偶然なのかな😅笑

面白かったベスト3
1.サミュエル感動の大演説中に後ろからカブリ!🤣大御所退場はや!笑

2.主人公はコックさんだね!2匹倒してるし、あのオウムがやられてほんとはブチ切れてたんだよきっと!🤣笑

3.ヒロインに感情移入できず、無駄死にも理解できなかった!笑 電気ショックのセクシーショットはよかったけど😍笑

正当な終わり方じゃないとことか面白いね!

ちづちゃん・なおちゃん面白かった♡
おすすめありがとう✨
サメ映画の金字塔!
個人的にジョーズよりもこっちの方が好きです。
この人は死にそう…
この人は生き残るかな…
そんな視聴者の想像を外してきます。

ちょいちょいヒロイン?にイラっとしますが、主人公はナイスガイです。
サメのCGが若干粗いですが、それは年代も考慮して許してあげてください。

面白いサメ映画はサメ映画ではない!という意見もありますが、
それだけ面白いサメ映画は希少なのですね。
「・・・・・・・・・・・・・・高度な知識を持つ新種と化してしまったのだ!」
↑あらすじの文さ‥絶対笑わせにきてるよね?😆
もち麦

もち麦の感想・評価

3.2
他のB級サメ映画と違って真面目でアクション要素高め。
テンプレを覆すラストが好きだった!
にし

にしの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公とヒロインポジションぽかったスーザンくっつくのかなー理想のためとはいえ諸悪の根源なのになーちょっとやだなーとか思ってたら最後に美味しくいただかれてしまったのでビックリしたあとニッコリしてしまった。
コックさんが正ヒロインだねこれ。小動物と心を通わせてたし。ヒーローのピンチに必ず現れるし。ぶっ刺してたけど。
Jilly

Jillyの感想・評価

4.0
サメ映画の中でも個人的にはとてもオススメしたい映画。
グロ表現はちょっとあるけど必要以上にグロさをだしたものではないので、グロ苦手でも多分大丈夫だと思う。

簡単に映画を説明すると、新薬のためにやってはいけない方法でサメの脳に手を加えたがために手に負えず逆襲に合う。といった内容。

場所の設定も海のど真ん中、懐中深くまでのびた研究施設。そして大きな嵐。
それだけでもとても絶望的なのにここに賢く凶暴化したサメ。とてもよい!

登場人物たちは少人数でキャラも立っており襲われた時の無慈悲さがより浮き彫りになってた。
人間だけでなくインコも登場していて飼い主との掛け合いがほっこりポイント。それだけにこの施設に来てしまったことが悔やまれる…。

サメ映画お決まりと言ってもいい定番のシーンもあり、飽きさせないサメちゃんの殺戮シーン、CG感をあまり感じさせない映像クオリティ…。

たまに見返したくなるサメ映画

あなたにおすすめの記事