ラッカは静かに虐殺されているの作品情報・感想・評価・動画配信

『ラッカは静かに虐殺されている』に投稿された感想・評価

Konomi

Konomiの感想・評価

5.0
無知な人間が点数をつけるべきではない映画だけど誰かの観るきっかけになればと思って付けます
誰かが命をかけて発信した情報の数々を、私達は今日も安全圏から見ている。
ラッカはユーフラテス川沿いの肥沃な土地に出来た美しい都市。
シリアの内陸部にある為、これまでイスラエルとの中東戦争やその他隣国との小競り合いでも、戦禍に晒されることはなかった。
しかし、2013年ISILが町を占領した事から様相が一変する。

たくさんの市民が殺され、これまで市民の憩いの場所であった町の中心の公園の柵に、斬首された人たちの首が晒されるようになる。
危険過ぎて、さすがのアルジャジーラも入って来られず、ラッカで起こっている事を世界中の人は知らないままだ。
これではいけないと、市民の有志が「RBSS=ラッカは静かに虐殺されている」を立ち上げる。
RBSSが、スマホ等で町で起きている虐殺の様子を密かに撮影し、世界中に伝える為だ。

だが、すぐにISILにその存在を知られるところとなり、主要メンバー達はトルコやドイツに脱出する。
ラッカに残っている家族は殺されたり(ISILはその映像をアップしている)、
シリアを脱出しようとして地中海で小さなボートで沈んで亡くなった人もいる。
そのうちトルコでもISILによるRBSSメンバーの暗殺事件が起こり、残ったメンバーもドイツへの移住を余儀なくされる。

ISILがラッカの町で大人達を殺しといて、自爆テロを仕掛けるために、
子供たちを少年兵にしようとお菓子やおもちゃを与えて飼っていたとは、
どこまでえげつない奴らなんだと思った。

この作品は、2015年に彼らの活動が国際報道自由賞を受賞した辺りまでのドキュメンタリーだ。
しかし、この受賞によって彼らがドイツに居ることがバレ、またISILから殺人予告が届く…。

ラッカはその後、シリア民主軍によって2017年10月17日にISILから完全開放されたが、その後もアサド大統領を支援するロシアから空爆を受けている。
ラッカに平安はまだ戻っていない。
アサコ

アサコの感想・評価

5.0
評価を点ける作品では無いと思うが評価の高さが一つの鑑賞の基準になるなら迷わず満点を点けます。

これが現実であり真実。
銃声も、処刑の様子も、全てが本物で、今まで限りなくリアルだと思っていた映画のシーンが、どれだけリアリティを追求していてもやはり作り物だったのだと思わされる。

ぬいぐるみを斬首する小さな子どもが忘れられない。
洗脳とは恐ろしいものだ。
未来を担う子どもたちが汚い大人によって間違った道へと導かれていく。
こんなに悲しいことはない。
その一方でRBSSのメンバーが父親となり、一同で誕生を祝うシーンがある。
生まれたばかりの小さな身体で精一杯の声を上げる姿に命の輝き、尊さを感じ思わず涙が滲んだ。

この作品を観て今の自分に何が出来るわけでも無いのだけれど、せめて忘れないでいよう。
今も命を懸けて闘っている市民がいることを。
私たちと何の変わりもない、ただ日常を送っているだけの人々が命の危険に晒されている。
私にはただ祈ることしかできない。
これもまた現実なのだなあ。
nattyan9

nattyan9の感想・評価

3.5
……
 
絶句……
 
いやいや、軍事政権どころか、
ヤクザが首相じゃん……
反体制者は、
家族ごと斬首するって……
しかも、外国でも……
 
これ、現代の話か……!?
 
情報閉鎖もヤバいな……
スマホ、TV、アンテナ禁止って……
カルトのやり方。
監禁して、洗脳する。
 
(まー、日本の場合は、
 地味に行われてるっていう
 ヤバさもあるけど……
 大臣が放送局への圧力を
 ほのめかしたり……) 
 
挙げ句の果てに、
子供を洗脳して
お遊戯のように反体制派を
射殺させるって……
 
いやー、
民主主義、法治国家、
思想、報道の自由って
本当に、本当に大事だわー……
 
 
 
 
 
 
ps.
地下資源がないと
つまり、利益がないと
あの国は介入しないんだなぁ……
 
kym

kymの感想・評価

3.8
密航船で命を落とした弟にメッセージを送り続ける兄と、
ISに殺された父の映像を何度も見返し、自分を奮い立たせる息子。

ISが世界中に恐怖を与えたときのことを久しぶりに思い出した。ニュースを見ては「早く壊滅すればいいのに…」と思っていたし「日本でテロが起きませんように」と願っていた。
当時の私がそんなことしか考えられなかった間に、最前線でカメラを持って闘っていた人がいたなんて。


戦争も紛争も相手は人だということがただただしんどい。
銃を使っているのは人、人同士が傷つけ合ってる。


どんな戦場でも空だけはきれいな瞬間がある。戦争や紛争の映画を観てると、他の映画を観るときよりも風景に目が行く。
K

Kの感想・評価

-



『空爆でISは終わらない
 ISは思想だ
 思想は集団が消えても永遠に続く』
aro

aroの感想・評価

4.0

これが同じ世界で起きている事実。。

目を背けたくなるけど、
背けては行けない問題の一つ


頭撃たれるシーンとか
斬首された首を広場に晒すとか
その胴体もその場に放置。。

そういうシーンが多かった

非日常的な現実が
彼らの住む場所には良く起こる。。

迂闊には語れない
benjamin3

benjamin3の感想・評価

4.2
あまりにもショッキング

かなり衝撃的な映像が流れるので、苦手な方は注意して下さい。特に前半に、ISがしてきた残虐な行為がモザイクもなく映ります。

今現在、世界ではこれほどに恐ろしい残虐な行為が起きているんだと、突きつけられ、呆然とします。

目の前で仲間が殺されても、
目の前で父親が殺されても、

自分の国を守る為に戦う事ができる、この人達の凄さにただただ驚嘆です。
自分の命より優先すべき事が、この人達にはあってそれを皆が実行している凄まじさ。

毎日毎日、ISの恐怖に震えながら、ISへの怒りを抱えて、死んでいった家族や仲間の悲しみを抱えても尚、戦い続ける。

安心して暮らせる時が来ることを切に願います。

5年間での死亡者が43万人にものぼる戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦に肉薄したドキュメンタリー。

2011年、一連の“アラブの春”の一つとして始まったシリアでの民主化を求めるデモは次第に過激な反政府デモへと発展、武力鎮圧に乗り出したアサド政権との間で激しい内戦が勃発する。やがて2014年6月、その混乱に乗じて“イスラム国(IS)”がシリア北部の街ラッカを制圧、ISの首都と定める。処刑が日常と化し、死の恐怖が街を支配する。
そんなラッカの惨状を市民ジャーナリスト集団“RBSS"がスマホとSNSを駆使してISの非人道的行為を世界へ発信していく。
>|

あなたにおすすめの記事