ラッカは静かに虐殺されているの作品情報・感想・評価・動画配信

「ラッカは静かに虐殺されている」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

戦争もののナチスのとかは映画として
悲しみもあり、その中に美しさや人々の物語をみることができるけど

これは今、この瞬間の現実。
どんな気持ちで観て良いのか、でも知らないことは良くないな
知るべきことなんだろね
2014年に発生したシリア内戦。その中でIS(イスラム国)に支配された街ラッカ。それまで楽園と言われた街が暴力と恐怖に満ちた場所へと一変。ラッカの現状を世界に伝えるべく結成された組織RISSの活動を映し出したドキュメンタリー映画。

前日に「娘は戦場で生まれた」を見た時も思いましたが、今のシリアはまさに修羅の国。その都市の一つであるラッカは政権との戦いがあり、それを乗り越えたと思ったら今度はISが現れ、制圧されて拠点にされる。

ISに反旗を翻した者は大勢が見る前で公開処刑されて、人々に恐怖を植え付ける。その処刑の様子も本作では無修正で映されるので、人によっては本気で気分が悪くなるかもしれません。

そしてISの宣伝映像も戦闘のカッコ良さを前面に出していて、人を引き込みやすくしているもの。一番の戦慄は子供たちまで引き込んで街ぐるみで洗脳教育していること。アフリカでの少年兵の洗脳も恐ろしさを感じましたが、ここでもまだ幼い子供がナイフで人形の首を切り裂いている様子は吐き気がしたほど。

こんなのが平気でまかり通るラッカの現状をRISSのメンバーは自分たちの命の危険を省みず、SNSを通じて世界中に発信します。当然ISも彼らに狙いを定めて命を狙う。

実際メンバーや彼らに関わりのある人も暗殺される事態に。僕なら恐ろしすぎて関われないレベルの事なのに、RISSの人々はそれでも発信を続けます。故郷を蹂躙される憎しみを絶やさず、活動を止めない彼らの姿には尊敬を感じました。

なかなか日の目を見ないラッカの実態を克明にとらえたドキュメンタリー。監督も危険地帯ものをよく取り上げた作品を手掛けているマシュー・ハイネマンなだけに必見の内容に仕上がっています。
かず

かずの感想・評価

3.5
ラッカ人がISの本拠地ラッカからラッカの現状をお送りしてくれた映画🎥
う〜ん悲惨!!!
Dama

Damaの感想・評価

4.5
まともに観られないシーンもあった。

これが普通になってしまったら、
ラッカの日常になってしまったのなら、
絶対にダメだ。
「思想は集団が消えても永遠に続く」の一言が重い。知らなきゃいけない現状を命懸けで教えてくれる活動家の人々に感謝と尊敬の意を
ピット

ピットの感想・評価

3.9
映画として評価していいのだろうか?
多くの人に見てもらいたい。未来に自分に起こるかもしれないと考えて観てほしい。日本人では中々想像できないだろうが、ドイツでヘイトスピーチを浴びせられる彼らたち。これは日本でも特定の外国人に対して既に起こっているよね。
勿論ドキュメント映画なのだろうけど報道の番組に近いと思う。映画か報道かは別として、多くの人に観て知ってもらい、考えて欲しいと思った作品です。
シリア情勢におけるドキュメンタリー
こんなもん良いとか悪いとか評価出来るもんじゃない。

他国のことは、何となぁ〜くニュースで見聞きしたり…
拉致問題から北については非人道的国だと認識はしていた程度の私。

イラン イラク イスラム教徒=テロリスト
みたいな頭の悪い私みたいな人間は1度しっかり見る事を勧める。

内容はぬるい日本で育った私には非現実的なもの。
親が買えないものをISが与え子供の時から善はISだと洗脳される。
幼児がぬいぐるみの首をかっ切り周りで大人が褒め讃え…
子供兵士までもが街中で反逆者を膝まづかせ銃殺を実行している。
(ゲームの世界の事が実際に出来るならゲームは要らないと解説していた)

街中はハンドメイズテイルのギレアドその物みたい。
反逆者の命は軽い。いや命とも思われて居ないのかもしれない。
街中で首が吊るされている。ボディはその下の道路に落ちている。
潜伏国では難民出ていけ!と抗議運動あったり…

これを見て何を思うか、何を得るかは人それぞれ。
重いため息、時おり涙が流れたりしたけど酒にツマミでテレビを見ている平和ボケ人。
『シリアに生まれなくて良かった』と。

あぁ、そーいえばISの求人に日本人が応募したとかニュースにあったっなぁ…
とか思い出した。

RBSSの活動に心から敬意!!
夢は自由を得る事って当たり前の事が当たり前になれるよう祈ってます。
ラッカが以前のような明るい陽気な国に戻れるよう心から私は応援する!
yukko846

yukko846の感想・評価

4.0
ついに観た。
怖くてなかなか手を出せなかったのだけど、そろそろ小論文の時期なので気合い入れるために。
娘は戦場で生まれた、とシンクロする。あの手この手でメディアに載せようと文字通り命懸け。観ても聞いても凄惨すぎて現実とは思えないのだけど、これが昔じゃなくて現代に起こっているっていうのが衝撃。
最後の方にあった「ラッカの俺たちがここまでできると思ってなかっただろうな」ってセリフが響くなぁ。ラストが赤ちゃん誕生シーンでこの内容のドキュメンタリーにしてとても良い終わり方。
市民の人たちの現場の力は尊敬に値するが、

必ず、善が勝つ世の中になっていないのもまた事実。
hasse

hasseの感想・評価

3.5
ISとの戦いを情報戦の側面から描いた秀作。ISにとってもそれに反抗する市民団体RBSSにとってもSNSやウェブサイト、雑誌のメディアは一つの戦略であり、それが世間の風潮を変えたり、戦局を左右したりする。

その合間に子供が生まれ父親になった男の初々しい感想が語られたり、ドイツに潜伏する男がISからの殺害予告に怯えながらも立ち向かったりする様子が描かれる。

ISが拠点とするキャンプの子供たちを過激思想に洗脳し、自爆テロの道具として育てるというやり方には唖然とするしかなかった。
>|

あなたにおすすめの記事