ラッカは静かに虐殺されているの作品情報・感想・評価

ラッカは静かに虐殺されている2017年製作の映画)

City of Ghosts

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:92分

4.1

あらすじ

戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014 年、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国(IS)」が制圧したシリア北部の街ラッカ。かつて「天国」と呼ばれ、穏やかだった街は IS の首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。 海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため…

戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014 年、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国(IS)」が制圧したシリア北部の街ラッカ。かつて「天国」と呼ばれ、穏やかだった街は IS の首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。 海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため、匿名の市民ジャーナリスト集団“RBSS”( Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)は結成された。彼らはスマホを武器に「街の真実」を次々と SNS に投稿、そのショッキングな映像に世界が騒然となるも、RBSS の発信力に脅威を感じた IS は直ぐにメンバーの暗殺計画に乗り出す――。

「ラッカは静かに虐殺されている」に投稿された感想・評価

KAORI

KAORIの感想・評価

4.0
#まちゃお802
こんなにもシリア情勢が世界中で報道されるようになったのは、シリア国内外で今も現状を伝え続けるRBSSの人達がいるから。この事実すら知らなかった自分を本当に恥ずかしいと思った。みんな自分の身に危険が及ぶまで知らないあるいは見て見ぬふり。
比較的難民受け入れにも寛容であったドイツでも治安悪化を理由に国民からは反発が起こるのを見てると、果たして日本で同じことが起こったときに自分は、回りの人はどう感じるのか、全く想像がつかない。
それにしてもISのやり方は卑怯で残忍そのもの。稚拙で自己主張ばかりで人間性が崩壊している。それでもペンは武器よりも強いと戦い続けるメンバーの姿をみていると祖国や愛する人達への彼らの思いを痛いぐらいに感じ、いたたまれない。もっともっと多くの人の元にこの映画が届き、シリア復興に向けて世界中がもう一歩先へ進めばと思う。
ドキュメンタリーだと信じられない。。
まずisisを夢と思ってる。
でも、ラッカへの支援は殺されそうだからしない。なさけない。
信じられないけど、これは事実なんだろう。
RBSSの人たちはとても勇敢。勇敢とかリアルワールドで使うんかいと思うけど、勇敢だ。
いい人ぶってる場合じゃないと思う。
理解を超越した考えるべきことがおおすぎる、、
家の鍵閉めたかなを最高峰の心配ごとになぜならない?
Snufkin

Snufkinの感想・評価

4.5
現実だとは信じがたい現実
あまりにも悲惨で、
言葉が見つからない。

ISISは制圧されたと思っていたけど、
彼らのツイッターを見たら、
まだ爆撃があり、人々は亡くなっていて、
彼らの闘いは続いている。

知ろうとする努力をしなければ
加藤

加藤の感想・評価

4.0
子供がISに兵士として利用されている映像、つらすぎる。出口がないじゃん…
jk

jkの感想・評価

5.0
ありえない程の現実。

公園の柵に人の頭が刺さっているのを見たのは初めてです。
人の頭が拳銃で撃たれて死ぬ瞬間を見たのも初めてです。
これをモザイク無しで放送したのはやばいと思いました。
でも、一番ヤバイのはこれが現実なこと。
全部ゲームか漫画の世界の話、それをまじまじと現実だと教えてくれるRBSSのメンバー。
しかも顔出しでずっと活動している。ラストにもあったが、死の恐怖は尋常ではないはず、それなのに世界へ発信を続けていく。
とにかく恐ろしい程の現実が見れます。色々言ってもこればっかりは伝わらないなと書いていて思いました。見てください。
きなこ

きなこの感想・評価

4.2
ここから遠く離れた瓦礫の中にいるのは、「人」だってことを、全然わかっていなかった。
何もできないけど、せめて「家族と仲間と楽しく話したい、雪を投げあって笑いたい、自分たちと何も変わらない人たち」だと、想像できる人でいよう。
榊原

榊原の感想・評価

-
画面から目を離した瞬間、今自分が居る平凡に嫌悪感を抱いてしまう
ドキュメンタリーといっても映画らしく魅せてくるので、無修正の非常に残虐なシーンをついフィクションだと思い込んでしまいたくなる
人のすることとは思えない、秩序のない世界が広がっていた
市民の方々が生き延びて、母国の土の上で"生活"ができますよう

自分が過ごしている平凡でこの作品を見た記憶を薄めていってはいけないと思う
表情とかが心に迫りすぎて逆にドキュメンタリーって感じがしなかったな 普通に映画見てる感じ
y

yの感想・評価

-
ISの処刑、子供達の倫理観や教育、国民が犠牲になりながら放たれる空爆。それをその地で伝える人。離れて思い続け、発信する人。
オウムの確定死刑囚の死刑が軒並み執行されて死刑について考えるいま、遠い国に現在起こっている状況をなるべく近くに引き寄せて考える。
父親の処刑と正義の活動。ペンは剣より強いと命を賭けること。この国が故郷であるということ。
ドイツへの亡命と難民問題。
それぞれの立場で自分の意思を貫いて声をあげることについて。
欧米でスタンディングオベーションされる彼らについて。
意識して緊張し続けないとドキュメンタリーであることを忘れてしまう平和ボケした自分について。
梅田

梅田の感想・評価

4.0
IS(イスラム国)がシリアの都市ラッカで行う非道行為を世界に告発し続ける集団「ラッカは静かに虐殺されている(RBSS)」を追ったドキュメンタリー。冒頭に一部だけ輝かしく映し出される表彰シーンは、この映画で語られる現状を踏まえて中盤でもう一度繰り返されるときには、何のカタルシスもなく、「まだまだ戦いの途中に過ぎない」という張り詰めた緊張感だけを残す。

人が死ぬ映像を低予算で作るためには、CGを使わないで本当に人を殺せばいい。何よりもリアルな映像が作れる。ISはメディア戦略を強化していて、若者を洗脳するためプロの製作者にプロパガンダ映像を製作させている。
この映画は明確にそのカウンターだ。芸術は常に相対的で、絶対的な正義はないという「題目」はあるけれど、それでも「映画」の持つ力を真に信じて、ISの作る「悪の映画」に立ち向かおうというひたすらに志の高い一作がこれだ。作る意義のない映画なんて無いとは思うけど、これほど作る意義のある映画もなかなかない。
>|