ラッカは静かに虐殺されているの作品情報・感想・評価

ラッカは静かに虐殺されている2017年製作の映画)

City of Ghosts

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:92分

あらすじ

戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014 年、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国(IS)」が制圧したシリア北部の街ラッカ。かつて「天国」と呼ばれ、穏やかだった街は IS の首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。 海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため…

戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014 年、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国(IS)」が制圧したシリア北部の街ラッカ。かつて「天国」と呼ばれ、穏やかだった街は IS の首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。 海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため、匿名の市民ジャーナリスト集団“RBSS”( Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)は結成された。彼らはスマホを武器に「街の真実」を次々と SNS に投稿、そのショッキングな映像に世界が騒然となるも、RBSS の発信力に脅威を感じた IS は直ぐにメンバーの暗殺計画に乗り出す――。

「ラッカは静かに虐殺されている」に投稿された感想・評価

Yumi

Yumiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

この現実が映画や漫画の世界ではなく今もまだ続いているという事実に動悸が止まらなかった。
ISと闘うシリアの街ラッカで暮らしていた大学生を中心とした市民ジャーナリストRBSS。
何年か前にパリでテロが続いた事でISの存在が世界的に大きく広まった印象だったけど、彼らはその5年も前から報道されない厳しすぎる現実と闘い続けていた。。。
愛する家族や仲間達がいとも簡単に殺されていくのを何度も目の当たりにしても、この現実を世界の人に知ってもらおうと奔走する覚悟がすごかった。
ISに洗脳された小さな子供達が何の疑問もなく銃を持ち銃を使う姿が怖すぎた。
ニュースでは知る由もなかった本当の現実がむごすぎる。自分がニュース等で知っている事の数百倍、数千倍もの恐怖があった。もし、自分の住む国が、街がこの様な状況になったら、、、と思う。自分には何もできない無力さ、人ごとでは済まされない現実が今もまだ続いていると思うと苦しさでいっぱいになった。
命を削って自由を平和を訴えるこのドキュメントは多くの人に観てほしい。
猫

猫の感想・評価

3.0
ISISがメディア戦略としてアップロードする殺人映像の演出は映画のそれと何ら変わらないということに耐えられそうもない。
なごみ

なごみの感想・評価

5.0
ドキュメンタリー映画として完成されてた。
ラッカは静かに虐殺されている。確かにそうだ。この映画は移民に対し門戸を閉じようとしているヨーロッパへの皮肉と、無関心のままにいる人々への警鐘を含んでいた。
ジャーナリズム魂の真髄。
なな

ななの感想・評価

4.5
衝撃的。
学ばねば。みて欲しいなあという想いも込めて4.5。

ドキュメンタリーとしても包括的に網羅的に収めきっていて御上手、なんだな。ちょっとテンポが早すぎるかなと思ったけど。

ドイツにいても安心できないという感覚、
武器を全く手にしない男たちの血まみれの闘い、
幼き子供達の純粋な瞳とそれを利用する者たち。
❝我々が勝つか、皆殺しされるかだー。❞

今なおシリアで活動を続ける市民ジャーナリスト団体❝RBSS❞のありのままを映し出すー。

とても静かに話は語られ続け、そして凄まじすぎるドキュメンタリー映像の数々に…なんて言葉にしていいか答えがでない。ごめんなさい。

シリアのラッカという街でIS(イスラム国)の行いの一部始終をネットやTwitterなどを駆使して情報を世界に発信し続けています、今も。

それをしているから起きる弊害が酷すぎる。
ハイリスク・デスリターンでしかない。

死を覚悟し、それでもISにメディア、言葉で戦い続けている彼らを僕は、どう捉えればよいのだろうか…

というかこの映画を観てて思ったのがそもそもこの映画を見た!と声を上げ言ってもよいのか?!もしか狙われないのだろうか…

そんな事を思ったけども。

彼らに敬意を評す代わりに、僕はここで彼らを知ってもらう事をしようと思った。

でも…観終わって少しばかりたったけども手の震えは止まらないよね。
『ラッカは静かに虐殺されている』鑑賞。

これは絶対に見たほうが良い。

【衝撃】
まず、シリアのアサド政権のことが描かれ、革命後にすぐにそこを制圧したイスラム国から衝撃がはじまる。
ナチスで行われた虐殺が今もすぐそこで起こっている衝撃。

広場で跪く男性3人になんのためらいも無く、頭を撃ち抜く。
何体もの遺体の後ろに断首された首が広場の柵に。それを見ている民衆。
公開処刑される映像に涙を流さず、逆に怒りに口から血を流す。
なんかもう、言葉にならない。

【涙のない人々】
また、この映画はとても涙が少ない。爆撃に、虐殺に、人が殺されているのに泣いている人はほとんどいない。
前述の、怒りに口から血を流すシーンも涙は無く、無表情にすら思える。
だからこそ、これがシリアの現実なのだと突きつけられる。

【描くことを許さない現状】
ドキュメントとしての弱点がある。それはシリアに残る国内組の活動がいまいち伝わってこないこと。
いや、詳細に伝えれば彼らを危険にさらすため、伝えられないのだ。
なので作品としては弱点でもあるのだか、これが現状でできる最高のものであり、それを含めての作品なのだ。

いつかシリアが平和になったとき、シリアに残った人達(国内組)の活躍が映画となることを心の底から願う。
こういうことをわざわざ映画にしなくてもみんながちゃんと知れる世界になるといいですね
子供が利用されてる映像が本当にキツかった
a

aの感想・評価

5.0
「ペンは剣より強い」


「カメラは武器より強い」



「まともな死に方がしたい」


雪のシーン


一人でも多く生きて欲しい。
一人でも多く観て欲しい。
TAKE2501

TAKE2501の感想・評価

4.5
ジャーナリズムとは何かを初めて知った。
傑作ドキュメンタリー

ISのプロパガンダ映像を観て映画を含む映像作品が持つ力はそれを使う人間によって爆弾より危険なモノになり得る可能性を秘めてるんだなって
間違いなく最高傑作/ノイズの中での「声」/情報が満ち溢れる社会/情報戦争/情報合戦/リクルーティング/不満の構造/トラウマ/日本複雑機構/心の距離の縮め方/田舎でも穏健/共存とは/イデオロギーの対立/なぜ、を考える/構造は世界中に/「承服しかねる」/信憑性のなかで/ハサカ県/誰が正義で誰が悪なのかではない
>|