ホテル・ルワンダの作品情報・感想・評価

「ホテル・ルワンダ」に投稿された感想・評価

1994年。
私がお菓子を食べながら友達とバスケットして遊び呆けていた小学生の頃、東アフリカのルワンダ共和国では100日間で100万人が命を奪われる大虐殺が起こっていた。
考えられるだろうか。
一国の一部の地域で1日平均1万人が殺されるという非常。

積年の恨みは水面下で着々とジェノサイドの礎を築き、表面張力が張り裂けんばかりに一気に放出された。
見た目では判断出来ぬ同人種の2つの部族の一方が、家や庭に転がっていたナタや斧を手に取り、昨日まで「おはよう」と挨拶を交わしていた隣人を惨殺してまわる。

今作ではそれら虐殺のシーンは一部あるものの、焦点は虐殺される側の部族を1000人以上救ったホテルマンに当てられる。

ルワンダ大虐殺だけに限った事ではないが、ジェノサイドとというメカニズムを考えた時、どうしてこうも人は残虐になれるのか、平和ボケの私には思案に余る。

歴史、政治、情報、集団心理。
これら全てが負に働いた時、いとも容易く人は殺人鬼になれるのか。

日本に住む私達はこれら負の歴史を知る事ができる手段を持っている。
それは今作のような映画であったり書物であったり、手っ取り早くネットであったり。
それらをまず「知る」ことがこそが「出来る事」の一歩目だと気付かせてくれた作品。
rodegin

rodeginの感想・評価

4.0
ショックでした。とにかくこんな虐殺の話を知らなかった自分に。
ルワンダの難民の話が当時あった事は知ってましたが詳しいことを知らなさ過ぎました。洒落にならないルワンダの虐殺に関する記事を読み、自分がホント恥ずかしく感じました。この事は忘れてはならない話ですね。
ホテルルワンダに逃げ込んできたツチ族や家族を守るべく勇敢に国連、政府軍、フツ族と交渉をして生き延びたポール・ルセサバギナの実話映画
演じてるドン・チードルの演技がまさに名演だった特に良かったのはツチ族の死体の道通らされたのがトラウマになってベテラン支配人のポールがネクタイをしっかり結べなくなる所が印象的
これがまだほんの26年前だということが恐ろしい
やむ

やむの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

あまり見ることのなかったジャンルの映画だったが最後まで見入ってしまった。紛争に巻き込まれて死んでいった人々は何万人もいるわけで、最終的にポール一家が助かったからといってハッピーエンドとするのはあまりに安直すぎる。見終わるとなんとも言えない悲しい気持ちになった。テンポよく物語が進んでいったので飽きることもなく、また歴史に乏しくても内容は理解できる作りになっていて良かった。
tomota

tomotaの感想・評価

3.5
NO.56
民族の違いでここまでするとは...一方的過ぎでこの手のは苦手です。ポールは素晴らしい。
ANew

ANewの感想・評価

3.5
ルワンダ内戦をテーマに、実話を映画化。実話系はターミナルとかもそうだけど、期待しすぎて観てしまうからなのか、見終わった後のがっかり感が強い。本作もそう。
でもルワンダ内戦に関してコンパクトに纏められているため、近代史を知る上ではとても良い教科書代わりになると思う。
たいき

たいきの感想・評価

4.0
ルワンダ虐殺は自分の中でかなり衝撃的だった。とても良い映画。
あやか

あやかの感想・評価

4.5
無関心は悪ですね…。
じゃあ自分はこの映画を見て、何かをしたかと言われると何もしていない…。
まさに彼が言った某台詞の通り…。
‪1994年。ルワンダ虐殺の最中人々を救ったホテルマン、ポール・ルセサバギナの物語。‬
‪世界に見捨てられた瞬間、立ちすくむ人々のインパクトが凄い。‬
‪外国人はもとより、当の本人達も証明書がなければどちらに属するわからない滑稽さが世の不条理を強く思わせる。‬

‪行動しなきゃなぁ。‬
2298

2298の感想・評価

3.5
これが実話か。。。
しかも、ここ最近の出来事で。。
心が苦しい。
日本も江戸末期までやってたことだからな。
みんな助け合おうよ。
>|