窮鼠はチーズの夢を見るの作品情報・感想・評価 - 189ページ目

上映館(114館)

「窮鼠はチーズの夢を見る」に投稿された感想・評価

Kiyo

Kiyoの感想・評価

3.9
成田凌可愛すぎた。とりあえずこれ。
そして成田凌に泣かされた。
好きな人の煙草と灰皿の威力と言ったらね…
mimiko

mimikoの感想・評価

2.9
R15でいいのか、もろえちえち
途中AV…

なんかもどかしい。
大倉どれだけ女の子と付き合うんよー
成田凌可愛そう!!!
一度見たらもう一度見たくなる癖のある映画でした。

4人で食事とるシーン、各々の視線が交差して探り合う感じ良かった
見ててドキドキした
唯一好きなシーン

全体の流れは面白み感じれなかったけど
台詞一つ一つに意味があって深いと思う

恋愛は男と女が当たり前と見られてる世の中
好きな人には好きな人がいてその人は男
相手が男と知った時、女は女としてのプライドを捨てたくない
張り詰めた空気の中、感情が爆発する
Yu

Yuの感想・評価

4.0
完璧な人、理想通りの人を好きになる訳じゃないし、本当に好きになった人は全てにおいて例外になってしまうからそんな恋は厄介で苦しくて抜け出せないんだよな
ぁぅ

ぁぅの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

私自身BLは好きでもないし、嫌いでもない。
不快感はなかったけど、多分これがブスとブスの恋愛だったらみていられなかっただろうしイケメンだからここまで気持ちよく観られた感じはある。これ私は今年みた映画top3に入るほど好きなんだけど、単純に男の人はこれを観てどう思うんだろう〜って思ったし日本もはやく同性愛への差別なくなってほしいですね
成田凌の表情がところどころマジで乙女って感じでみてて苦しかった。幸せになってほしい、今まで成田凌そんなに好きじゃなかったんだけどこれみてめっちゃ好きになった〜
ラストは賛否分かれると思うけど、わたしは凄い好き。映画の余韻に浸れるラスト最高
r

rの感想・評価

3.7
成田凌がとにかくすごい
セックスシーンがはっきりしすぎて拒否反応が出てしまう
正直BL漫画の映画化と聞いてあんまり期待しないで観たけど(ごめんなさい)、とても良い映画でした。
主役2人の演技も良いし、脇の女の子達も絶妙にちょうどいいです。小道具の使い方も印象的で、語りすぎない所がとても良かった。しかもずっと画が綺麗。とにかく綺麗で上手い。ああ行定勲監督なんですね。
切なくなったりヒリヒリしたり上手くいかなくて観ていてとにかく苦しかったです。きっと人によって感想が変わるんだろうな。
一晩経ったけど、まだぼんやりあたまの隅にいます。ああ良い邦画を観たなあ。
maib

maibの感想・評価

-
なんだか儚くて切なかった。
今ヶ瀬乙女すぎて羨ましい。
成田凌くんかわいすぎ。見習いたい笑
恭一を愛おしいそうに見る視線とか
プレゼントでワインもらった時とか
本気で愛するって苦しいもんなぁ。
性別とか関係なしに見れた。
ゲイバーに行ってみて
結局今ヶ瀬だから好きだってことを再確認するシーン私は切なかったけどな。
透子

透子の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

色々おいといて、ラストが好きです。
今々瀬は大伴をずっと好きでやっと想い合えたのに、最後に去っていくのは今々瀬。
それも好きで好きで仕方なかったから離れたと思うとつらいけど、そういう切なさが良かったです。今々瀬に幸せになってほしい…
原作の結末とは違うようなのですが、わたしは映画の方が余韻が残って好きでした。
今々瀬が帰ってくるまで…帰ってくるかわかんないけど、それでも大伴には待っていてほしいです。

女性陣で1番良い子そうだったたまきが1番つらい別れ方になるけど、良い子だったからこそ今までの女性たちとは違うちゃんと意味を持った別れ方になっていて、大伴の成長を感じました。

二人が暮らす部屋がお洒落でした。ポテトチップスのシーンが好きです。屋上で戯れるシーン、ああいった屋上って良くドラマや映画で観るけどほんとに絵になるなと思いました。
ねこ

ねこの感想・評価

3.5
この作品、すきだ…
苦しいし辛い。でも美しい。最高でした。

今ヶ瀬くんの気持ちも大伴さんの気持ちも痛いほど分かる。
好きでいることが辛いけど好きになるのに理由はないか…好きだから近くにいたいけど好きだから離れたい。痛いほど分かる。

「窮鼠はチーズの夢をみる」どういう意味なのかゆっくり考えたい。

2020-85
Mika

Mikaの感想・評価

3.2
ベッタベタな恋愛映画で、これ異性愛だと陳腐で映画にできないんじゃないかな。ってことはまだ同性愛を特殊な目で観てしまう人が私を含め多いってことだな。早く同性愛でも陳腐になればいい。

イケメン同士の濡れ場眼福眼福ーと思ってニヤニヤ観てたけど、同行者はドギツすぎて下向いてたらしい。苦手な人もいるかも、特に男性。劇場内女性しかいなかったけど。

成田凌は相変わらずカメレオン俳優だなぁと思う。本人はこの言葉嫌いみたいだけど。何か事情を抱える人の役が本当に上手い。ポスターにもなっているシーンは可愛くてこっちが悶えます。

大倉くんは会社にあんな人いたらそりゃ入れ食いだろという程のイケメン。年取って結婚して雰囲気出てきてよりモテるタイプのイケメン。

お話は特筆するところはないけど、2人を観ていられるだけで良かったです。