カニバ/パリ人肉事件 38 年目の真実の作品情報・感想・評価

「カニバ/パリ人肉事件 38 年目の真実」に投稿された感想・評価

osaka

osakaの感想・評価

5.0
言葉では形容しがたい。

人肉事件そのものというよりも、その事件後の2人の関係性を追ったドキュメンタリー。佐川一政とその弟の機微に触れようと、カメラは常に顔のドアップで細かな表情を捉えようとする…が、できない。それを表すかのようにピントが合わなかったりする(これってドキュメンタリーだよな?)。
ドアップの連続で、観てる側はとても圧迫感を感じる。

明らかに観客を不快にさせようとして作られている映画。だが、それでいいと思う。あの事件自体が不快極まりないものだから。それを当時は面白がる風潮が一部にはあったそうだが、それは危険である。
こんな事件があって、こうなって、佐川一政はこう思っていて、はい!全てに正解が与えられました!満足でしょ??となっては絶対にいけない。
絶対観客にこの映画を「消費」させないぞ、という制作側の意志を感じました。

分かりそうで、まったく分からない。弟が何故あんな兄について行くのか。そしてとある性癖。あのメイドも。みんな佐川一政と話すとき声が震えている。自分を偽っているようにも見える。

2人に同じようにピントが合うことがない。まるで2人の間にはとてつもない溝があるみたいに。ほんとにその溝の深さは計り知れない。覗き込んだら即死のレベル。

そんな3人が、わたしたちと同じ世界に、そしてお互いに、何とかして合わせて生きていることは、ほんとうに「奇跡」としかいいようがない。
おQ

おQの感想・評価

-
映画観て、前日、イベントが開催されたスペースにてその模様を聴いてさらに驚愕した。
あやの

あやのの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

もう!せっかく面白い題材なのに、何でこんな撮り方した?そのせいで集中できなくて、酔う。
内容はよかった。とても。
ただ、撮り方が気持ち悪かった。
せっかく面白くなるのに、わざとつまらないようにした。確かに緊張感は増す。
でもこうすることで、顔以外は視界に入らないし、佐川の一瞬一瞬の表情の変化に気づくことができた。嫌でも見せられた。

AVシーンよかった。リアル。
生きてるね。みんな生きてる。
でも亡くなった方のこと思うと、何で生きてるんだろうって。
そこにいるけど、いて欲しくない気持ち。

みんな不快だったってレビュー書いてるけど、私はそんなことなかった。
むしろ、人を食べた人を画面越しに見れた喜び。人を殺した人を観ている恐怖。
吊り橋効果。

ASDだからなのかは分からないけど、「痛そう」「気持ち悪い」っていう気持ちはなかった。そこの共感はできなかったけど、佐川の気持ちは分からんでもなかった。

弟が漫画読んでるところは、イライラしたし、悲しくなった。私のお母さんみたいだった。

自分が理解できないものは全部悪で、あり得ないと決め付ける。自分の思考外のものは全部排除。
そんな本人も、本物になりたくて過激なことするけど、本物から見たらそれは想定内で、それ以上超えることできないんだなって。
観てて「もっとやれよ」とすら思ってしまった。

自分がみんなと違うことを理解している人と、自分はみんなと違うって言い聞かせて無理やり争ってる人は全然違う。

とにかく、本当に引いて撮って欲しかった。そこだけ。
まだパンフレット読んでないから、どんな意図であの構図にしたのか知らないけど、あの撮り方はほんと萎えるというか、作品の良さを半減させてる。
紗羅

紗羅の感想・評価

2.1
定点カメラ撮影でドアップ&ピンぼけが襲う。
人を食べたい、食べられたいと語りお菓子を咀嚼。
嫌悪感に襲われる。
漫画の中身から事件の自身の感情が分かる。
ムカムカしてきてからの、弟の告白動画。

この映画はなのんために存在するの?
何が言いたいの?
何を見せたいの?
なんなんだろ。
凄く嫌な気分になりました。

トークショー付きで弟さん登壇。
映画よりも普通の人だったのが救い。
観たよ




全てはあの事件から始まった…

"パリ人肉事件"の当事者である佐川一政
2013年に脳梗塞で倒れ実弟佐川純により介護を受けながら生活をしていた。
約30年前の事件の真相に迫ったドキュメンタリーではなく彼らの"今"をリアルに映し出した作品である


終始ドアップすぎる顔面の寄り(毛穴丸見え)
突然始まる一政主演のAV
女優の顔面を喰らうように舐める一政(怖い)躊躇なく飲尿する一政にドン引き…

「唇に抱いた興味が徐々にカニバリズムへと広がっていった」そう話す一政
「もっと早く自分に相談してほしかった」と言葉を溢す弟純
純は一政が書いた漫画を全否定しながら(突然のパヤオ上げ根本敬ディス)自身も世間からは理解を得られないであろうアブノーマル(すぎる)性癖を告白する…

作品自体は面白くもなんともない笑
ですがこの兄弟に更に興味を抱いたのは事実。


実は劇中にも出てくる漫画「サガワさん」をきっかけに彼に興味が出まして…
先日根本敬先生と弟純さんのイベントにお邪魔しました!

事件当事の母親のとある一言を思い出し涙ながらに語る純さん
それを優しく見守る根本敬先生
あぁ今日はなんて良い回だ😢来てよかった!などと思っていた矢先…
純さんのアブノーマルな性癖お披露目&そのお手伝いをする事に😱

しっかり斬り付けゴメンでお手伝いしました!←え

最後は叔父である佐川満男の曲「今は幸せかい」をカラオケしご満悦の純…

私は何を観にきたんだと少し後悔しました

また純さん曰く何故映画で世間に性癖をカミングアウトする形になったかを聞いた際、本作の監督ヴェレーナ・パラベル&ルシアン・キャステイン=テイラーカップルが人類学者との事で人類学的観点から何かが得られるかもしれないと思い、話してみようと思ったらしい…
それによって自分に秘密は無くなったと明るく話す純さん

良かったね純さん


そして根本敬先生は思ったより普通だった。

ルネさんは浮かばれんよな😔
茉恭

茉恭の感想・評価

3.5
劇場で観なくて良かったと思う劇場上映作品があろうとは。

元々、ドキュメンタリーは好きな方だし、カニバリズムの心理描写も好きな方だけど、
この事件のことを知らなかったので、
アマプラで観ながらwikiっていたけれど、
なんでこんなに見づらい撮影方法を取ったのか、
そして恐らく嘘臭くならないように接写したのは良いけれど、
元々乱視なのにこういった表現は更にイライラするので、
もはや主要なところだけ見て、
あとは声だけ聞いていた。

愛する人を食べたいという欲求は、スカトロジーにも共通するけれど、
やべえのは兄だけではないと後半で解る。

カニバリズムの初期段階は唇から入り、お尻に移行するのが多く、
この人もまた右に同じ。
そして猟奇殺人犯の生家が裕福なのも共通している。
つまり、そうなる条件がいろいろ整っていたということか。

しかしフランスで不起訴、日本でも退院出来たりと、何らかの力が加わっている気がしてならないけれど、
こうして人の目にさらされる事で、世界がどう捉えるかと、こちらに問題を突きつけられている気がする。

事件の詳細にクローズアップした作品ではないのが残念。
綾紗

綾紗の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

パリ人肉事件や、佐川純氏の「カニバの弟」の知識がないとまず分からないと思う。
徹底した近接撮影で、見ていて酔ってしまった。
音楽はなく、生活感溢れる窓の外の音まで聞こえる。
佐川一政が、喉を鳴らして水を飲み、菓子を咀嚼する音が、嫌でも人肉食を連想させた。
冒頭、「ルネ」と柔らかく口にしたのにはぞっとした。
佐川一政著の胸糞本「まんがサガワさん」の内容を軽く見る事ができたり、佐川一政出演AVの一部が流れたり、キツい人にはキツいかもしれない。
突如始まる弟の純氏の二の腕嗜虐は、「カニバの弟」での前情報がなくては驚きはあると思う。
兄弟揃って性的マイノリティなのには何かあるのか?と邪推してしまった。
佐川一政は、現在胃ろうで、口からの食事はできないが、人肉食への思いはあると言う。
「奇跡」のように穏やかにその生に幕を下ろすのかもしれない。
被害者やその遺族のことを思うと、苦い気持ちで見終わった。
ナグ

ナグの感想・評価

-
THE 不快でしかなかった。

色々書きたいが、思い出すからやめておく。

こんな中途半端な作品を世に出したところで、被害者の遺族が更に傷付くだけ!
の

のの感想・評価

2.5
佐川兄弟の幼少期のビデオや人肉事件の漫画、現在の介護される様子などを断片的に組み合わせたドキュメンタリーであり犯罪者も結局はただの人であるということを思い知る。事件の内容に触れたいなら佐川一成のインタビュー動画を見たほうが良い。
1981年にフランスで起きた「パリ人肉事件」の当事者である佐川一政にスポットを当てたドキュメンタリー。となれば、かなり猟奇的な作品とも想像されるが、これはむしろアカデミズムの方角から、この事件にアプローチした正統派な作品だ。監督は人類学者で映像作家のルーシァン・キャステーヌ=テイラーとベレナ・パラベル。2013年に脳梗塞で倒れ、弟の介護を受けながら生活を送る佐川一政にカメラは向けられてはいるが、語り部となるのは、本人より、むしろ弟のほうだ。事件当時、大企業の社長を務めていた父親のもとで、2人は幼い頃から市井の人々よりは豊かな子供時代、少年時代を送るが、この頃から芽生えていた、彼らの心の中に内包されていた秘密が、弟の口から明らかにされていく。

フランスの撮影クルーは、約1カ月間にわたって彼らに密着して、2人の奇妙な関係性について炙りだしている。その意味で言えば、これは佐川一政のドキュメンタリーというよりも、その兄への共感と反発を抱える弟の複雑な精神の遍歴を追った作品と言えなくもない。第74回のベネチア国際映画祭オリゾンティ部門で審査員特別賞を受賞した作品だということだが、まさにこの兄弟をめぐる驚くべき事実が明らかにされており、その手法はあくまでも冷静で科学的冷静さが保たれている。巷間語られる佐川一政のカニバリズムへの嗜好より、そこには人間の深奥をのぞかせる重大なテーマがあるようにも思える。多少、映像や音声に退屈さを感じながらも、それさえもドキュメンタリー作品の一部なのだと感ぜられてしまう不思議な作品だ。
>|