ゲルマニウムの夜の作品情報・感想・評価

「ゲルマニウムの夜」に投稿された感想・評価

好き嫌いは真っ二つに割れる作品だと思う。
とにかく ちんぽ ゲロ 足の指の間の臭いが好きな方なら大満足。
欠点をいえば尺が長すぎる。
tacobuell

tacobuellの感想・評価

3.2
長澤まさみのMOTHERを観て、監督の過去作品をクリックしてみたら…ああ、コレ撮ってた人なのですね。

原作の12%くらいの力弱さ。

罪、を物語りたいのだろうけれど、ポーズばかりで白けてしまうのは昔から、か。
babybae

babybaeの感想・評価

4.5
抑圧されればされるほど歪んでく性欲と暴力を全てを許す神。めっちゃ非人道的な話だった、原作未読。リアル雪なの良かった!雪解けの泥泥と終始いろんなものが臭かった。
映画男

映画男の感想・評価

4.0
エロスとバイオレンスで偽善者を
軽佻浮薄するカオス映画。

真剣に馬鹿なことやるのが映画よね。
全カット美しかったな。
Soshi

Soshiの感想・評価

3.0
神を信じたら人間は奴隷になる、
だったらラジオの聴ける豚でいるほうがましだ
U子

U子の感想・評価

3.0
萬月先生の雰囲気とは違うけど好き
うそ、好き…ではない
なんかよく分からんかったし重たかった
110本目
キック!キック!キックガッツ!!
俺のゲロに手ェ出すなぁぁ!!
マジ名台詞だと思う。
文字としてのセリフと雰囲気のギャップよ
オレのゲロに手をだすナァァァ!!
文字で読んだら漫☆画太郎だなまるで。
いづる

いづるの感想・評価

3.0
新井さん出てるので観賞。
難解なストーリーで、うまく感想出てこない。ただ、なんとも言えない気持ちにはなる。
「石拾え……小さい」辺りのシーンはめちゃくちゃ好き。あの雰囲気の新井さん好きなんだよなぁ。
大変非道徳的な作品です。Wikipediaのこの映画の説明に「宗教に挑戦し"偽善を暴く"」と書いてありましたが、それは違います。どちらかといえば、宗教の美徳とその反対の不道徳の狭間で揺れ動くような作品です。もちろん主人公は非道徳的で宗教の教義に挑戦的な男ですが、作品のなかでは信条を心から信じる純粋な信者も登場します。その間の相克、というより"揺れ"や"揺さぶり"を描いているような作品です。
個人的には園子温の「愛のむきだし」にちかしいものを感じました。愛のむきだしが好きな僕としてはとても好感触の作品でした。
>|