ボーイズ・ライフの作品情報・感想・評価

「ボーイズ・ライフ」に投稿された感想・評価

ある少年と母の物語。新しい父は厳しいというかおそろしい人でした(さすがデニーロ)。少年期の性や友、そして育ち始める心を活力と問題にあふれた生活の中で映しています。
演技は皆ピカイチでしたが、母役が憎めないけどはっちゃけすぎていたり、イマイチ印象に残らないストーリーで期待しすぎない方が無難に楽しめました。
elie

elieの感想・評価

3.8
ギルバートグレイプ と
同年の作品
ディカプリオ
またしても輝かしい演技してた
"こんな父親は嫌だ"のお手本みたいな
ロバートデニーロ に
こてんぱんにやられてて
胸が苦しい
あんな奴を父親とは呼ばせない!!!
しかしこの歳でデニーロ様と
白熱の演技バトルはさすが

お母さんも男運なさすぎて
それはそれで泣けるけど
こんな息子がいて幸せだね

行動しなきゃ始まんないよなぁ
さぁ 頑張ろう.
まこと

まことの感想・評価

3.8
ストーリーはバタバタと忙しないけど

ふとした時に孤独感が浮き彫りになる時がある


雑踏の中では露呈しにくい寂しさも

静けさの中ではやたらとうるさく響き渡る


たった一人の母と二人で生きていかなければ

母が愛してくれる以上に母を愛したい

母が守ってくれる以上に母を守りたい


ディカプリオのこぼれ落ちるような瞳が印象的
さ

さの感想・評価

3.7
逃げることってめちゃくちゃ大事だなって改めて思った
若き日のディカプリオが超かっこいい
お父さん大っ嫌いだわほんと笑
り

りの感想・評価

-
ロバートデニーロがクソな父親を演じた映画、、やはり若き日のレオ様もカッコいい🤩最後はスカッとした!吉沢亮くんの好きな映画らしいから見てみた!

2018.3.30
デ・ニーロ、ディカプリオの父親になる
実話系青春リーゼントムービー

なんかフツーです
ディカプリオが若い
デ・ニーロも若い、くらい?
あと母ちゃんがなんかエロい
よーへ

よーへの感想・評価

4.8
タクシードライバーもだけど隠れたデ・ニーロのイカレっぷりが堪能出来る一本。

ディカプリオに嫉妬しまくり義父をデ・ニーロが実に楽しそうに演じている。脂のりまくってるね。併せて、デンゼル・ワシントンが息子に嫉妬しまくる『フェンス』もみたい
Kanako

Kanakoの感想・評価

3.6
クソみたいな親描くの上手いな。デニーロも演じるの上手いな。ディカプリオも主役でこんなに堂々とした演技ができてすげえな。
リアルモラハラすぎて見づらかったけどなんか勇気もらえたわ
すず

すずの感想・評価

3.6
デニーロが怖すぎる((´д`))

男運のない母親と暮らすトビー。
問題ばかり起こす彼に、母は手を焼いていた。
そんなある日、母が新しい恋人を連れて来る。
その男は紳士的だったが、それはオモテの顔。
本当は暴力的で執念深い男だった…!

デニーロさん怖いよ。
子供の頃にあんな人と生活したら人格歪みそうだな( ・᷄-・᷅ )
角刈りディカプリオかわいい♡
角刈りデニーロ恐怖。笑
2人が殴り合うシーンの迫力がすごすぎて。
演技派同士の仁義なき戦い。
デニーロの恐ろしさに支配されて、ストーリーほとんど入って来ず。笑
よし!観るぞ!ってテンションの日に観た方がいいやつ\(^^)/

実話だったんかい!
てるる

てるるの感想・評価

3.3
おめでたい正月に、フィルマ友達の黒羊さんときざしさんと何故かコレを再観賞(確かりょこさんは一時帰宅してたっけ?)。
そして正月に観賞した作品を今頃レビュー!

高校生の頃、映画館で「ヒート」を観てロバート・デ・ニーロにガチハマり。
そのヒートのポスターを貰いたいが為に、学校帰りにレンタルビデオ屋に毎日のように通ったくらい好きだった。

それで当時デニーロが出演してる映画を片っ端から観まくってたんですが…いやー、当時この映画を観てちょっとデニーロを嫌いになっちゃったよね。
それくらいデニーロのクズ男演技が上手い!

元は原作者の自伝的小説の映画化らしい。

若かりしディカプリオ扮する主人公と、男を見る目が全く無い母親の物語。
その母親が再婚するのがデニーロなんだけど、もうしょーもないプライドと狭すぎる心を持ったクソ野郎。
最後の最後まで情けない。

最後に母が取った行動は感動的だと捉えられがちだけど、むしろこんなになるまで見て見ぬふりをしていたことがダメすぎる。

実はこの映画のように、母親の再婚相手から虐待を受けるケースという統計データがある。
特に女の子となると性暴力の対象にもなりやすい。
更に最悪なのが、ロリコン野郎がむしろ娘のほうが目当てで再婚しようとする場合もあるとか。

つまり、実の親が子供を守りきれていないのである。
もちろん脅迫によって子供を押さえつけている場合もあるだろうけど、気付いていながら見て見ぬふりをするケースも。
最悪なのは再婚相手と一緒になって暴力を振るうようになることも…。

高校生に観た時は、ただ単にデニーロ嫌なやつだなー、母親バカだなーくらいにか思わなかったけど、今観ると作者は「自分のような目に遭う子供を少しでも減らしたい」という思いで自伝を書いたのかもしれない。

シングルマザーは連れ子がいるという負い目から、自己評価が低いことが多く、クズ男の標的になりやすいという。
しかもこういうクズ男に限って、そういう女性を嗅ぎ分ける嗅覚が凄い。
シングルマザーの方には是非再婚する前にこの映画を観ていただきたい。
>|