パーティ★モンスターの作品情報・感想・評価

「パーティ★モンスター」に投稿された感想・評価

愛

愛の感想・評価

3.8
セス・グリーンの顔がとても良くてマイケルとジェームズがとにかく可愛い
にいな

にいなの感想・評価

3.5
90年代初頭のクラブシーンを駆け抜け、ドラッグに溺れる少年の半生を描いた作品。

一見現実離れした物語だがああいう世界に生きる人の繋がりの薄さや、軽佻浮薄な様子がリアルに描かれている。
そして若者の持つエネルギーの強さは大人さえも魅力されてしまうし、その中で渦巻く少しの気の緩みで崩れてしまうジェンガのような危うさが鮮烈だった。

ド派手でユニークなファッションも沢山出てきてそれを纏う登場人物はみんな可愛い。
その中でも全て着こなし自分のものにしていたマコーレ・カルキンはやはり光るものがあると感じる。

ラストは少し後味悪い気がするけれども "あの世界を生きた人だからそうだよね"と納得してしまうし、何故かポップな印象が残るから鑑賞後も暗い気持ちにならなくて良かった。
Ryosho

Ryoshoの感想・評価

3.2
ガガより先に生肉ドレス来とるやつがいた!クラブキッズはとにかく刹那的な煌めきを放ってる。

散々派手なことして、
公衆電話でオーナーの奥さんと話した後、1人ぼっちでニューヨークの街角に立たされた感じがよかった。

向かいから来た通行人が通り過ぎさまに物珍しげな目で振り返ることがすべてだ
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

4.3
ホーム・アローンのケビンのかわいさが好きな人は観ない方がいいかも。
主演のマコーレー・カルキンはまるで別人笑
実在したドラック、セックス好きのゲイ・パーティーピーポー:マイケル・アリグを見事に演じています。

もう全体通してなんじゃこりゃ?って思うような作品だけど、何回も観てるとわかってくるんだろうな。とにかくハチャメチャ。
でもさらに驚きなのがこれが実話だってこと!
90年代NYのクラブシーンはこんな感じだったらしいです…

俺はサントラから知ったんだけど、やっぱこれで使われてる音楽はイイ
ピコピコ系の友達に見せたら終始おれだったって言われた映画。マリリンマンソンも出てる!
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
当時23歳のマコーレー・カルキンが主演。90年代初頭のNYクラブシーンが舞台。実在するバイのパーティー・オーガナイザーが主人公。とはいっても内容はほぼドラッグムービー。雰囲気映画になりがちな題材だが、カルキンの真に迫る演技によりダレる事なく見応えある作品になっている。しかし狂った時代だったよなぁ…。
ホームアローン未就学児なので多くは語れませんが、マコーレカルキン。(好き)
manae

manaeの感想・評価

3.7
お昼に暇だったからともやくんと観てみたなんかまんなんって意外とドラッキーなのめっちゃ好きよねってまた言われたウケる
ファビュっててかわいかったにゃ
Uknow

Uknowの感想・評価

3.5
ジッポの火で照らされた近づく二つの顔。ジッポの火がふと消えたなら、パッと花火が打ち上がる。
        、、
「彼は私の心に繁殖したわ 菌のように」

マコーレカルキンが時々すっごく可愛く見えて困った。
全体的に愛らしい映画。現実離れしたようでふわふわした曖昧な世界。ドラッグでまどろんだまつげが目元に陰さす
andrew

andrewの感想・評価

3.5
生きるための努力より
死んでもいいから遊びたい。
手作りの衣装は血とラメと蛍光。
目立つほど良いって素晴らしい。
クスリで死ぬのがいけないなら
ルールではなく色のある世界を。
>|