ルース・エドガーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ルース・エドガー」に投稿された感想・評価

クリスマスプレゼントの件での作り笑いに背筋が凍る。
ルース、恐ろしい子!
ttrr

ttrrの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ルークがどれだけ悪意を抱いているのか不透明で、ハラハラさせられました。殺人事件が起こらずともサスペンスとして十分成立しています。
ウィルソン先生はきっと今までさまざまな差別に合ってきて、象徴を仕立て上げることで戦ってきたんだろう。被害妄想の激しさは擁護できませんが、ルークと対立することで、世代による差別への受け止め方を感じました。
ウニ

ウニの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

めちゃめちゃ興味深い!
過剰適応のつらみが凄い。

頑張りすぎる人、心労絶えず大変。

オンライン授業なら、ややこい感情のぶつかり合い、妬み、嫉妬、誤解、先入観、先生の正論管理など薄れて良さそうにも思いましたが、学校とは、学問以外にも、社会の不条理への対応の練習の場でもあるんですかね。しかし、ルース頭よすぎて勝ち過ぎー。勝ちにいく野生の本質に、学問で理論武装されてて、強えー。
優等生演じすぎてて、演技性人格障害が芽生えてもーたー。

視聴しながら、脳内にうっせーわが流れましたが、物語の粘着力に降参。生徒、先生両方に生育歴と家庭問題があって、そのぶつかり合いなのか、、、汗ばむ。
memento

mementoの感想・評価

3.2
好きな役者ばかり出てるから期待して観たけど、割とありきたりなストーリー。実際、大したこたぁ起こらない。

パパもママも言ってる事とやってることがブレブレ。口では「家族が大事」と言ってるのに、ホントにその選択でいいのか?
ルース役のケルビン・ハリソン・Jrの演技は素晴らしかったです。

それにしても、アメリカ人は随分とスピーチ好きなんだな。
文武両道で模範的な優等生ルースにある疑惑がかけられる。「聖人か怪物か」彼の出自と危険な思想、教師に歩み寄る恐怖、理想の家族と破滅、様々な要素が組み合わさる心理サスペンス。
静かなストーリー進行とおどろおどろしいサウンドのギャップが良い緊張感を生んでいて、特に「ッブィーンッブィーン」が好み。真相は分からないってパターンだが概ね分かってしまうのでもう少し疑念を増やしてモヤモヤさせて欲しかった。
サスペンスの要素もあり面白く見応えのある社会派ドラマだった。ルースを演じるケルビンハリソンジュニアの演技も素晴らしい。
SakoChan

SakoChanの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公のルース、彼の葛藤は、優等生である自分とその真逆のものに引かれる自分、全てを受け入れて欲しいという心の叫びであるように思えた。
彼の母親もまた、子供の光と闇の部分をどんな時でも包み込み、それを辞めないという使命を自ら選択しているのだろう。最後最悪の事実を知った時、それに言及せず母親から抱きしめてあげる場面は母の強さを思い知らされた。
最後の彼のスピーチ、そして最後の彼の走り姿はこれから光と闇の部分を全て自分として受け止めて前へ進んでいき、アメリカに住む「窮屈さ」とも共存していく決意だったのではないか。
個人的には母親に感情移入した。最後のスピーチで「ルースという名前は光という意味」という場面で、ルースは光であろうと必死でもがく余り、ストレスから周りを裏切るような火遊びに手を出してしまったのではないか。名前が皮肉になってしまうとは。

子育ては両親と子の相性とか性格が千差万別で難しいよなと考えさせられた。
男の子は誰だって隠したいことはあるだろうし、性にも多感な時期もあるだろう。
誰しも親の期待に応えたいという純粋な面と裏腹に、社会の闇を知り、それに染まりゆく自分のウラオモテがあるのでは?

彼の過去がどんなものだったのか、白人の両親の元に育てられる前、そしてあとは?そこの描写が欲しかった。
一体彼はどんな人物像なのだろう?最後まで謎は解けなかった。

社会派サスペンスで飽きずに最後までノンストップで見てしまえる作品。
はるや

はるやの感想・評価

4.4

これが今のアメリカの抱える問題。

問いかける、
アメリカ人として生まれ幸福かと。

めちゃくちゃ面白い社会派スリラー?

ルースが良いのか悪いのかではなく
彼をどのように捉えるのか
先入観、バックグラウンド、偏見
あらゆるファクターからヒトは形成される
事実自体が歪んで見える時もある!
親視点、息子視点、色々な視点があり、観る人の視点で感じるものが違ってくると思った。
それが面白いところであり、考えさせられる点ですね。
movie29

movie29の感想・評価

3.4
なんだかモヤ〜ンとする感じで終わった😓
キャスト陣が演技派ばかりで👍
>|