色の街の作品情報・感想・評価

色の街2019年製作の映画)

上映日:2019年06月23日

製作国:

上映時間:37分

3.5

あらすじ

「色の街」に投稿された感想・評価

s

sの感想・評価

5.0
メインキャストの三人がイイ味出してるね〜
映像も、改札を出た足元とか、傘の色味とか、細かい所のこだわりが感じられ素敵でした…
秘書

秘書の感想・評価

5.0
登場人物の一人ひとりに自然と心を寄せてしまい、映画が終わっても気になりました。
彼らの見えているありのままの景色が、これからどのような色がついていくのかな、どんな未来があるのかなと、若者よ、応援しています!

このレビューはネタバレを含みます

完成披露試写会を見てきました。
主人公の黒澤優介さんの芝居が上手い。心の動きの繊細さとアドリブの笑いの振れ幅にひきこまれた。

青のリボン、赤い傘、赤シートなどの小道具が映画をより鮮やかに彩っていた。

ヒロインの矢崎希菜さんが笑うシーンには驚いた。

学生映画とは思えない高いクオリティ。黒澤優介さんはプロデューサーも兼ねていて、将来大物になる予感間違いない。
Taiga

Taigaの感想・評価

2.5
友人がまさかの主演ということで、試写会に参加した次第。
正直ストーリーは語られていない空白が多く、またそれに対するヒントも少な過ぎる為、考察が難しく良く分からない点がある。
ただ、メイキングで若い人たちが精力的に動いているのを観て、エネルギーを感じた。
主人公がヒロインに一発芸をかますシーン、「こんな不始末なギャグ、誰が考えたんだ」と思ってたら、メイキングであのシーンは全て主演によるアドリブであることがわかった、なんか…安心したよ。
umm

ummの感想・評価

3.2
Momさんの歌が
流れるシーンが良かった!

それにしても 挿入歌良すぎた🙆‍♀️
micross

microssの感想・評価

3.6
回想と現在
それぞれの関係性
思い
良く練られたんだと思う
面白い!

この先、どんな色に見えるんだろう?
一

一の感想・評価

3.4
そーいえば見ていて恥ずかしくならないボーイミーツガールって最近ちゃんとみてないなと思った。

歯の浮くようなセリフもないし
もっともっとみてたかった。テンポも空気感もすきだったから。
見終わった後はとても清々しい。
演出の面でもストーリーの面でもやりたいことがあるということは伝わったのでこれからも頑張ってほしいと思う。
トモヤ

トモヤの感想・評価

2.3
主演の黒澤優介が大学の友人ということで鑑賞

大学生による映画作品というのは初見だったが、タバコを吸う演技に苦労していた黒澤の姿を見ていたので感慨深いものがあった。
主題歌と挿入歌を担当したMomさんの曲が秀逸。話の流れがよく分からなかった部分もあったが、挿入歌が流れるシーンは映像が良い。