青天の霹靂の作品情報・感想・評価

青天の霹靂2013年製作の映画)

上映日:2014年05月24日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

39歳。売れないマジシャン【大泉洋】。 母には捨てられ、父とは絶縁状態。 そんな彼に、突然もたらされる父の死の一報。 なんで俺、生まれてきたんだろう。 絶望に暮れる彼に一閃―― 青天の霹靂 そして気付けばタイムスリップ。 その先は40年前の浅草。 全ての娯楽が集まる街で出会ったのは、若き日の父【劇団ひとり】と母【柴咲コウ】。 スプーン曲げで人気マジシャンとなった彼。 ひょんな…

39歳。売れないマジシャン【大泉洋】。 母には捨てられ、父とは絶縁状態。 そんな彼に、突然もたらされる父の死の一報。 なんで俺、生まれてきたんだろう。 絶望に暮れる彼に一閃―― 青天の霹靂 そして気付けばタイムスリップ。 その先は40年前の浅草。 全ての娯楽が集まる街で出会ったのは、若き日の父【劇団ひとり】と母【柴咲コウ】。 スプーン曲げで人気マジシャンとなった彼。 ひょんなことから父とコンビを組むことに。 そして母の妊娠 10ヶ月後、生まれてくるのは…俺だ。 しだいに明らかになる自身の出生の秘密。 果たして彼を待ち受ける結末とは―― 笑いと、たぶん一粒の涙の物語。

「青天の霹靂」に投稿された感想・評価

青天の霹靂 【意味】青く晴れた空に雷が鳴り響くように予想もしていなかった突然の出来事が起きたり思いもよらぬ衝撃を受けること。 中国の故事成語

売れないマジシャン役の大泉洋。泣かせる演技は下手なようです(笑)手品は上手です(笑) ふざけてるか、笑ってるか、楽しんでるかのイメージしかなく…。 水曜どうでしょう観たくなってきた!アフリカ編!(笑)

タイムスリップした大泉洋。果たして無事に現代に戻れるのでしょうか?観てのお楽しみ~

ゆりとおるじゃないよ、ユリゲラ~だよ(笑) スプーン曲げする人だよ(笑)

うぎゃーーー!柴咲コウ激カワ!チャイナドレスがよく似合う~♪ いつもキツイ感じのイメージなのに、とても柔らかい癒される表情…。かわいい…。はぁ~♪

雷門、いったことあるけどなーんにも記憶にない…。も一回行きたいなぁ…

ペペさーん!がんばれ~(笑) 鯨を食って芸を磨け~(笑) 

あははは!劇団ひとり(笑) ビンタされてるの見るとガキ使思い出しません?(笑) 『妹が病気で…』バシッって(笑)

余談

劇団ひとりのろくでもない親父。わしの親父もちょいろくでなし(笑)まぁまぁろくでなし(笑) 仕事以外の時間はほぼほぼ酔っぱらってる。そんな親父だけど、親父は親父。感謝してるよ…多分。早くわしも親父になりたい…。
ミオ

ミオの感想・評価

4.0
うだつが上がらない自分を出生のせいにして生きてきたけど、お母さんが命と引き換えに自分を産んだことを知らされたとき、「命かけて子供産むような母親じゃ、ツジツマ合わねぇんだよ!」っていうのが好きだった。
とっと

とっとの感想・評価

3.3
大泉洋さん演じる技術はあるが、喋りが下手なマジシャンがひょんなことからタイムスリップしてしまう。というちょっとしたファンタジー要素もある話。
家族っていいなって素直に思った。今は反抗期だから両親のことを素直に見れないけど、大人になってちょっと親と精神的に近づいた時に親の気持ちはわかるものなんだろうか。
自分の生まれてきた意味について考えることがよくあって、それの答えが少しわかったような気がします。
大泉洋さんが演技がうまいことがびっくりした。←失礼。 水曜どうでしょうでバイクをウィリーさせたり、乳首を出しながら寝てる面白い大泉洋さんのイメージが強かった。本職この人俳優だったわ。物語に素直に入り込めた。後輩にうだつが上がらないところ、柴咲コウさんと二人で未来を話し込むところは上手いなって謎の上から目線で見てしまった。
大泉洋さんと劇団ひとりさんのコンビが面白い。いや。このふたりって聞いたらもう面白い。ホンマにやればええのに。
時間も短いのも良かったし、終わり方も好きだった。

このレビューはネタバレを含みます

面白かったです。劇団ひとりさん多才で凄い方だなと思いながら観てました。

私が今、生きて道に迷ってそれでも頑張って生きるのには意味があるんだな、と分かりました。母だって楽に私を産んだわけじゃないだろうし育てるのだって大変だったと思います。昔から不器用な優しさや見えない愛情を沢山もらって育ってきました。
この映画は自分と共鳴する部分が多くあったので、感情移入したし凄く家族の愛を実感できました。
レビューを書きながら目が潤んでます。凄く良かったです。

ちなみになぜ評価を5にしなかったかというと、エンディングのミスチルがなんか好きになれなかったからです。笑
洋ちゃん演じる売れないマジシャンが、ある出来事をきっかけに自分が産まれた時代にタイムスリップし、そこでかつての両親と出会い、自分自身を取り戻す物語。

劇団ひとりと大泉洋のコンビを生で見て観たいと思うくらい、息が合っていて面白い。ストーリー自体も、なぜ自分が生きているかを考えさせられる内容で、観てきた邦画の中では、三本の指に入るくらい好きかもしれません。

親を大切にする心を取り戻せた気がします。
みっか

みっかの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

お友達が泣いた〜と言っていたので、観てみました。

ぺぺとチンの漫才マジックはやっぱり劇団ひとりさん面白いなぁ〜と、かなり笑ってしまいました。
後半に差し掛かり、これは泣いてしまいそうな気がする!と思い、コンタクトを外して泣きに備えましたが…最後のオーディション&回想シーンが長くて…。涙は何処かへ行ってしまいました(汗

最後以外は面白かったし、時間もあっという間に過ぎましたが、また観たいとはならないかなぁ。
とりあえず、柴咲コウさん可愛すぎ!
yoichirrr

yoichirrrの感想・評価

4.0
夏休み映画振り返り〜

30代も半ばにして寂れたマジックバーに店員として勤めるうだつの上がらない男、轟晴夫はその生まれと境遇から日々をただ無為に過ごしていた。ある日、彼は警察からの電話をとる。それは高校を最後に縁切り状態に等しかった父親が死んだ報せだった。
恩も愛もない父の死には涙も出ない、だが父の骸を横に自分の生き様に絶望した時、彼の身に“青天の霹靂”が降りかかるのだったー。

大泉洋、劇団ひとりという俺得でしかないキャスティングで長らく気になっていた1本。王道人間ドラマでベタっぽくはあるものの、その脚本と編集、なによりキャスト陣の演技は最高でした。

「うだつの上がらない男」大泉洋ここにあり。晴夫のキャラクターが話し下手というのもギャップがあって惹き付けられた。

劇団ひとりもいい味出してた。
初監督なからすごい。ただラストの感動シーンでの照明の変化の感じはやはりベタっぽくうざったくもある。()
後輩に馬鹿にされてもヘラヘラしちゃうの惨めだな〜
でも、なんかわかるな〜

真実を知った時の、晴夫の気持ちを考えると泣けた

柴咲コウかわええな〜
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.6
まず、短尺なのが一番好感持てる。中身はそうだな・・・いろんな映画からいろんなエッセンスを盛り込んでるとは思うんだけど、わたしが一番思い出したのは、「月夜の願い」かなぁ。似てるっていうか、同じものを感じた。劇団があの映画見たかわからないけどね。とりあえず思ったのが、主人公をもう少し父親の年に合わせてもよかったと思う。もう10歳でも若い設定の方が・・・。悪くはないけど、劇団が手品ネタやりたかったんだなって思いが一番強く伝わった\(^o^)/
ノザワ

ノザワの感想・評価

4.1
普通に感動するし面白い。
この映画はビビるくらい柴咲コウが可愛い。
>|