青天の霹靂の作品情報・感想・評価

青天の霹靂2013年製作の映画)

上映日:2014年05月24日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

39歳。売れないマジシャン【大泉洋】。 母には捨てられ、父とは絶縁状態。 そんな彼に、突然もたらされる父の死の一報。 なんで俺、生まれてきたんだろう。 絶望に暮れる彼に一閃―― 青天の霹靂 そして気付けばタイムスリップ。 その先は40年前の浅草。 全ての娯楽が集まる街で出会ったのは、若き日の父【劇団ひとり】と母【柴咲コウ】。 スプーン曲げで人気マジシャンとなった彼。 ひょんなことから父とコンビを…

39歳。売れないマジシャン【大泉洋】。 母には捨てられ、父とは絶縁状態。 そんな彼に、突然もたらされる父の死の一報。 なんで俺、生まれてきたんだろう。 絶望に暮れる彼に一閃―― 青天の霹靂 そして気付けばタイムスリップ。 その先は40年前の浅草。 全ての娯楽が集まる街で出会ったのは、若き日の父【劇団ひとり】と母【柴咲コウ】。 スプーン曲げで人気マジシャンとなった彼。 ひょんなことから父とコンビを組むことに。 そして母の妊娠 10ヶ月後、生まれてくるのは…俺だ。 しだいに明らかになる自身の出生の秘密。 果たして彼を待ち受ける結末とは―― 笑いと、たぶん一粒の涙の物語。

「青天の霹靂」に投稿された感想・評価

KaNa

KaNaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

過去でお母さんとお父さんと過ごす時間。

最初バカにしてきた後輩のスプーン曲げるやつに見返して終わってほしかったな。

良きお話でした
nam

namの感想・評価

4.3
何度見ても泣いてしまう家族愛を描いた作品。ストーリー自体はシンプルだが、感情移入しやすく泣けてしまった
れぼこ

れぼこの感想・評価

3.9
劇団ひとりさんが監督、原作、脚本、出演までした作品になります。
劇団ひとりさんの原作の作品やら色々と手を出しておりますが、この方は多彩だなと毎度思わされます。

タイムスリップもののストーリーとしてはシンプルなのかな。複雑にごちゃごちゃしていないから、深く考えずとも、受け入れたらすんなり入ってくる。
展開もある程度の先読みはできて、驚き要素も薄いけど、それ以上の感動が期待できるのは間違いないです。

ふたりの漫才のシーンは良かった。
また見たいです☺
感動して泣いてしまいました。
こういう作品たくさんみたいです!
りりお

りりおの感想・評価

5.0
タイムスリップ系の映画の中でも一番好きかもしれない、ものすごく感動した...
大泉洋と劇団ひとりの演技もとっても良い!最後ぐっときた(;_;)
5884

5884の感想・評価

3.5
大事なシーンでボソボソ喋られると、なんて言ったか考えてる内に現実に戻っちゃうからなんとかして欲しい。邦画あるある
劇団ひとり×柴咲コウ=大泉洋とはこれ如何に
タケシ

タケシの感想・評価

3.8
予想以上に面白かった。

バックトゥザ・フューチャーみたいな部分も
あったけど、
物語が面白いだけではなく、
演技も良かった。

カメラワークや映像編集も
ビックリするぐらい上手くて楽しめた。

劇団ひとり監督、さすがですw
いつも行くビデオ屋さんで、高評価の作品が置かれる棚に置いてあり前々から気になっていた作品。
劇団ひとりが脚本&出演しているので失礼だがあまり期待はしていなかった。が、しかし、予想を遥かに裏切ってきた笑序盤は劇団ひとりの演技に笑わされて、後半は涙させられる…とにかくテンポが良いので飽きない。劇団ひとりの映画監督としての才能が垣間見られた作品だと思う。絆に触れる心温まる作品。
大泉洋と劇団ひとりの漫才が面白かった。
最後はほろりとくる。
アロハ

アロハの感想・評価

4.5
この映画に俺は泣いた!なんて人情味溢れる美しい映画なんだ!
セリフが臭いなあと思ったがそれがピュアな俺には心地よかった おそらく劇団ひとりは童貞だろう…俺にはわかる
登場人物、皆んな嫌味がなく一生懸命な良い人なので素直に感動!
そしてエンディングのミスチルに感動

そして不器用な親子愛に感動した!
そして柴咲コウ ありがとう…
笑いあり涙ありで満足だ!
>|