超能力者の作品情報・感想・評価

「超能力者」に投稿された感想・評価

はるか

はるかの感想・評価

2.0
面白くないなーと思いながら観てたら途中怖くてちょっとびびった。
カン・ドンウォンが怖くて美しい。
R

Rの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

実家で。

2010年の韓国映画。

監督はキム・ミンソク。

あらすじ

目で自分の意のままに他人を操ることができる超能力を持った男(カン・ドンウォン「MASTER マスター」)が唯一、自分の能力が効かない男ギュナム(コ・ス「あの人に逢えるまで」)と出会ったことで熾烈な争いに発展していく。

今作、実は日本でリメイクされているんです。

その名も「MONSTERZ モンスターズ」!!

みんな大好き藤原竜也×山田孝之という二大俳優が共演とあって、期待されてはいたものの蓋を開けてみると思い出すのはプールで胸毛ボーボーの水着姿できゃっきゃっしている山田孝之の姿しか思い浮かばないようなトホホな作品だった笑。

今作は、そのオリジナル版ということで、久しぶりに観たくなり、Netflixで鑑賞しました。

大筋としてはオリジナル版も日本版も話の展開は変わらないんだけど、やっぱりオリジナルである今作の方が見せ方が上手いように感じる。

冒頭、幼少時の初めて?の能力を使っての殺人シーン。忌むべき存在として生まれた男が父親に虐げられる母親を見て、能力を発揮するわけなんだけど、その殺し方よ!!自らの手で首をひねくり回すて!!日本版でも同様の演出ではあるが、より一層、この能力のヤバさが伝わる。

同様に、現代パートで実家で家宅捜査をする捜査員を操って、マンホールに次々と飛び込ませるシーンもあるんだけど、無反応の人間が次から次への機械的に暗闇に消えていくシーンはわずかなシーンではあるが、その無情とも言える殺戮に恐怖を覚えた。

藤原竜也もそうだったけど、やはり眼を見開く演技が重要なわけで、そういう意味では、猫に似たアーモンド眼を持ち、冷たい印象を与えるカン・ドンウォンははまり役と言えるんじゃないだろうか。

対するもう1人の主人公、コ・ス演じるギュナムも男の能力が効かないというだけではつまらないと思ったのか、他人よりも頑丈な身体と再生能力を持っているという、もう一つのチカラも持ち合わせているから面白い。

まぁ、結局、このギュナムが動き出すことで、周囲で悲劇が起こってしまうわけだけど、無敵とも思われる能力を持った男に仲間を失っても尚(死んでも、兄貴を助ける姿にグッとくる)挑もうとするその姿は泥臭くもかっこよく見える。

あと、どうでも良いけど、スッゲー溝端淳平っぽいよね、彼は。

ラストの決着の仕方は日本版とは異なり、男は完全に死んだ上、ギュナムも半身不随で麻痺が残り、電動車椅子生活を送るというバッドエンドになると思ったら…

まさかの「アベンジャーズ」もかくやのヒーロー誕生譚になっていて、ラストのギュナムの「どやっ!」顔がまたどストレートな演出で微笑ましくも喝采で讃えたくなる!!

俺、やっぱこっちの方が好きだわ!
日本がリメイクした『モンスターズ』よりも、こちらの韓国版の方が断然良い。

人を自由に操れる超能力者と、何故かその能力が通じない男との出会いから始まる争い

サイコキネシスで人を吹っ飛ばしたり、物体を破壊するような派手な演出は無いですが、雰囲気だけで引き込まれるこの感じ嫌いじゃない

ラストシーンも素晴らしい
詰まらん映画を見てしまった。映像は綺麗なんだけど、イケメン俳優2人を主役にした以上の意味があまり感じられない映画。

能力者同士のバトルを描いているのだが、派手なアクションもCGもなし。ただ睨み合っているだけ。

バトルが地味でもストーリーに起伏があればいいのだけど、サスペンスもミステリーもなし。ただ悪役と主人公が、出会って地味なバトルして、相手が逃げて、を繰り返すだけ。

主人公が相手の弱点を学習して強くなるとか、能力に覚醒するとか、そういうのもなし。カタルシスなし。

いくらなんでもラストバトルでは、主人公が覚醒して「ウォー」みたいなアツい展開になるだろうと期待したのだが…。

これを邦画でリメイクしようとした製作陣の発想を疑うわ。
Annu

Annuの感想・評価

3.1
突然のカン・ドンウォン強化月間となってしまった
暗い話だったけどラストで観て良かったかなと思えた
Dongchen

Dongchenの感想・評価

2.8
比較的残酷なストーリーと、暗い描写の中で映画が進みます。主演はイケメン俳優2人です。
全体感としては、刹那的・感情的な行動が多く、観ていてやるせなさを感じました。
kamome

kamomeの感想・評価

3.0
質屋というとウォンビン主演の『アジョシ』(2010)を思い出す。
一般銀行と違って、ささやかな庶民の金融機関である質屋。
超能力を使ってそんな質屋ばかりを(しかも同じ店何度も)狙って得た金で高級ホテルを泊まり歩く?
だったら、大金持ちの銀行を狙えよ! ってまず、この設定だけで感情移入できなくなった。

全体的にご都合的な展開が多いな・・・という印象。
しかし、イケメン二人の対決は見ているだけでも楽しめたし、
名脇役のピョン・ヒボン(ユートピア社長)やキム・グァンギュ(派出所長)が出ていて、
かつての韓国ドラマファンとしてはそれなりに楽しめたので、まっいいか。
官兵衛

官兵衛の感想・評価

3.5
原作ってことで観たけどこっちの方が迫力があって面白かった。韓国版の最後の方が好き。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
殆どCGもなくエキストラのみの配役で、低予算にしか見えなかったのに、飽きさせない内容だった。日本でつくったら胸くそ悪かっただけかもしれないが、韓国なので許せたのかな?
IPPO

IPPOの感想・評価

2.5
他の方のレビュー然り、よく出来たスペシャルドラマという感じがしてしまった。
映像の質感は良かったのに惜しい。

邦画『MONSTERZ』のオリジナルとは知らずに。見た人を念力で殺せる青年(カン・ドンウォン)と、その力が全く通じない貧乏青年(コ・ス)の対決モノ。

コ・ス氏は何故か驚異の身体能力を有していて、果敢にドンウォンに挑み続けるのだが、そんなに頑張らんでも良いじゃーん、ってひたすら思いながら鑑賞。守るべき人も物も君には無いじゃん?って。

オープニングの父親殺しのシーンは怖すぎて名場面だったけど。
>|