ウォーク・ザ・ライン/君につづく道の作品情報・感想・評価

「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」に投稿された感想・評価

Yukiko

Yukikoの感想・評価

4.5
2018年1月4日
『ウォーク・ザ・ライン』 2005年制作
監督、ジェームズ・マンゴールド。
『LOGANローガン』『ウルヴァリン』
『アイデンティティ』『ニューヨークの恋人』と、
この監督さんにはヒット作が多い。

実在したジョニー・キャッシュさんとジューン・カーター
さんとが結ばれ、添い遂げる話。実話。

子供の頃からシンガーとして活躍していた
ジューン(リース・ウィザー・スプーン)のファンだった
ジョニー(ホアキン・フェニックス)は、
自身のバンドとのツアー中にジューンと知り合う。
一緒にツアーをしていく内に次第に親しくなる。
二人ともそれぞれ結婚していて家族がいるが、度々のツアー
に、家族とうまくいかなかったりしていた。
そして、ジョニーのクスリと酒により荒れた生活が重なる。
そんなジョニーを見捨てずに、ジューンはジョニーがクスリ
を断つのを助ける。
ジョニーは40回もジューンにプロポーズをし断られるが、
ステージで気持ちが高ぶり再びプロポーズする。

いい♡ とってもいい話♡♡
ジョニーがジューンを好きで好きで堪らなくて、時刻関係
なくプロポーズをし、また断られる場面は苦笑してしまう。
じぃ~っとジューンを魅入り、好きだ♡なんて言う場面では、
こっちまで胸キュンキュンしてしまう(^^♪

いい曲、いっぱい聴けるよ♪
その時代のボブ・ディランやエルビス・プレスリーも
二人との関わりで、ちょっとだけ出演する。

元アメリカ大統領のジミー・カーターさんとジューン・
カーターさんは親戚同士。

ジューン役のリース・ウィザー・スプーンさんはアカデミー賞
主演女優賞受賞。
他に、ゴールデン・グローブ賞主要3部門受賞。
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.0
ホアキンフェニックスがまさにはまり役!
ストーリーはやや冗長に感じるが、所々で弾くホアキンのカントリー調の歌が心地よい。
主演女優賞を取ったリースウィザースプーンよりもホアキンのが光ってたと個人的には思うなあ〜。


意外な事に監督がジェームズ・マンゴールドなんですね!
この人はバリエーションが豊富やの〜
犬

犬の感想・評価

3.6
クスリ

実在の歌手ジョニー・キャッシュと、運命の女性ジューン・カーターとの10年間に及ぶ愛を描く伝記ドラマ

運命なのか、それとも、、

こんな方がいたとは

刑務所の慰問、黒服など
彼のことを知っていたら、もっと楽しめそう
流れてくる歌をほとんど知らなかったのは少し残念

前半と後半で感じが違う
はじめに戻るパターン

リース・ウィザースプーンがキュート!
ホアキン・フェニックスはこういう役がハマってる
今作では、そんな2人が実際に歌います
デュエット良かった〜♪

ラストの文章は好き
めーめ

めーめの感想・評価

1.0
実話らしい。途中まで見て、実話っぽいと気づいた。けど元の人物知らないし。
これはつまらない。
1950年代に成功したミュージシャンの話。だけどドラッグに溺れて…のありがちストーリーっぽいなと思って見るのやめた。
JaneDoe

JaneDoeの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

数年前に鑑賞
ラストの道のショット(本当にラストだったっけ?)
終わり方が微妙なのかもしれない
きっとピークは慰問ライブシーン

ホアキンの歌声は結構似てる

何回か見てるんだけどそういえばホアキン自身と被るところあるな
子供時代のジョニーとジャックがリバーとホアキンに似ている気がした
GoofyGrape

GoofyGrapeの感想・評価

4.0
実在の人物ジョニー・キャッシュとジューン・カーターの物語。

キャッシュは人気の歌手だが、ストレスの捌け口に麻薬をやったり自己中心的だったりとダメなところばかり。だが、ジューンに助けられカムバックする様は感動的でやり直すことができるのだと強く思った。
ミュージシャンの映画のテンプレみたいな展開だったけど最後は良かったかな。
リース・ウィザースプーンが口パクに見えたのに歌ってたので驚いた。
johnny cash もっと早く知って聴いて 観て みたかった。
素晴らしいです。
すんま

すんまの感想・評価

3.7
歌を好きになった少年ジョニー。聖書より賛美歌を。ある人の死により父親との溝はさらに深まる。成功するも転落し、ようやく自身のトラウマと対面。いい子の兄と兄を愛した父。認めてもらおうと意識してるのが切ない。可愛く聡明なあの人の存在が大きすぎる。立ち直ってようやく『まっすぐ歩く』。賛美歌から始まったサクセスストーリー。アップテンポの曲で気分が上がる。音楽最高。
>|