ウォーク・ザ・ライン/君につづく道の作品情報・感想・評価

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道2005年製作の映画)

WALK THE LINE

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

3.5

「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」に投稿された感想・評価

ジョニーキャッシュが好きな人でないと理解し難い、好きな人ならたまらない映画
ネコ子

ネコ子の感想・評価

3.8
エルビス・プレスリーと同時代に活躍したカントリー歌手ジョニー・キャッシュの生涯をドラマチックに描いた作品。カントリーミュージックというより、彼の曲は熱いロックンロールでした。オープニングからワクワクさせられます。栄光と転落、憧れの歌手ジューン・カーターとお互い既婚の身でありながら恋に落ちる…といった大人のストーリーで、美化されている部分もあると思うけど感動的でイイ話でした。何といっても、ホアキン・フェニックスとリース・ウィザースプーンが歌声を披露してくれるのがよかったです。これを聴くだけでも観る価値あり。思わずサントラをポチりたくなっちゃいました。鑑賞後、ご本人たちの歌声を聴いたのですが2人ともなりきり度💯!2人のデュエット曲「ジャクソン」が好きです。
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
ジョニー・キャッシュは「ナイン・インチ・ネイルズをカバーしてたカントリー歌手」程度の認識しかなく、そもそもカントリー自体が苦手。でも全く問題なし。ドラマと音楽とのバランスが上手く取れていて、とても楽しめました。

なんといっても「歌の吹き替えがない」というのがこの映画の絶対的な強み。見ている方の力の入り方が違いますから。キャスト自らが歌うことについてはリスクもありますが(「レ・ミゼラブル」みたいな残念な例もあり)、本作のホアキン・フェニックスとリース・ウィザースプーンの歌は見事。とりわけ2人のデュエット曲の出来が素晴らしい。エンディングでかかった本物の歌に遜色なかったもんなぁ。

あと、あのロバート・パトリックが南部の頑固親父を演じるという意外なキャスティング。これがまたよかった!
ザン

ザンの感想・評価

3.5
自伝的な作品には酒と薬は切り離せないのね。刑務所コンサートは奔放で痛快だった。キューティーブロンドのリースは成長したわけか。
歌手ジョニーキャッシュの実話。
複雑な幼少期を過ごし夢だった歌手になり名声と富を手にしたのにアルコールとドラッグに溺れてしまう。ひたむきに支える彼女の存在が人生を変えてくれる。素敵な音楽と無償の愛。この時代に青春時代を過ごしてみたかったなと思わせてくれる作品でした。
歌が上手い
スターなのに、自分で運転してツアーしてる感じが時代感があっていいね!
ワイカ

ワイカの感想・評価

3.6
そもそもカントリーにもジョニー・キャッシュにもまったく興味がないのですが、この映画はあの時代のミュージシャンの雰囲気が分かって、ちょっと重いけれど普通に楽しめました。カントリーって牧歌的なイメージですが、けっこうロックだったんですね。

しかしジョニーの最初の奥さん役が「そんな彼なら捨てちゃえば?」のジジ役の人で、基本的に笑い顔だから、ネガティブな役がいまいち似合わず(苦笑)。

あと、この後パロディのウォークハード見たらやたら洗面台を壊すシーンがあったんですが、そんなシーンこの映画にありましたっけ?
ymk

ymkの感想・評価

-
主演2人の歌がアフレコなしだったと観終わった後に知って凄さが倍増した。
marica

maricaの感想・評価

3.0
「お前のファンの多くはクリスチャンだ。クリスチャン達は殺人犯やレイプ魔の前で歌うお前を嫌がる」という台詞に対し「それがクリスチャンか?」と答えるジョニーは最高にかっこいい。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

3.2
reeseがかわいい
最後だけ見ると感動するけど男がクズすぎる
>|