午後の網目の作品情報・感想・評価

午後の網目1943年製作の映画)

Meshes of the Afternoon

上映時間:14分

4.1

「午後の網目」に投稿された感想・評価

遜

遜の感想・評価

-
マヤデレンみたいな女性に憧れる
映画は奇天烈すぎてその日の夢にも出てきた
堊

堊の感想・評価

-
フツーに見れる。口から鍵はなんか妙なエロさが。
liverbird

liverbirdの感想・評価

4.5
良い意味でかなり刺激的、、、影響力すごいと思う。
1回目の階段を駆け上がるシーンを上から撮った絵が面白くて何回も観たい角度。
Eriko

Erikoの感想・評価

5.0
鍵、ナイフ、死神、花・・いろんな象徴的なものが何を意味するのだろうか いろんな見方ができるから好き!The landよりいい!
友梨

友梨の感想・評価

4.5
マヤデレン。生き方も好き。
アヴァンギャルド映画。

抽象的な表現から、よりメッセージが読み取れる。常人でも分かりやすい。
確信持って、なるほど!って思える。

鍵とナイフを頭の中で重ねたり、黒い人間は誰だったかを分からせたり、何度も繰り返される出来事にはっとするのは何でだろうと思った。

カメラの傾きを利用する表現が面白い。
人物消失や、スローモーションなど初期の実験映画の特徴もありつつ、どこか新しい。

夢の中の世界であるようで、現実。
ゾッとする映画。

うまく言葉に出来ないけれど、好き。
マヤデレンもっと見ようと思う。
アンダルシアの犬より分かりやすかった
デヴィッドリンチ見る前に見たかった
slow

slowの感想・評価

4.5
鼓膜を犯す、空気の振動。
入れ替わり立ち替わり出現するのは、どれもこれも本当の私。決してこれは悪夢ではなく、現実であることの恐ろしさ。彼女には見えていたのだ。その顔だって、ずっとずっと。
リンチ?ベルイマン?
いえいえ、これがマヤ・デレン。
フミオ

フミオの感想・評価

5.0
あいやー、これは面白かった

音楽なし、セリフほぼなし、でここまで没頭した15分はお初ではなかろうか

diggin digginだわさ
ジャン・コクトーの詩人の血やデュラックの貝殻と僧侶を髣髴とさせる神秘的かつ悪夢的短編

後のブレッソン作品にも通じる淡白な俳優の所作による超現実的行動の数々に頭がクラクラしつつも病み付きになってしまう

こういう実験的で芸術的なサイレント映画を見る度に会話主体のドラマの何倍も表現が優れているなとつくづく思う
「マヤ・デレンがいなかったら、デヴィッド・リンチはいたのだろうかとすら思える。悪夢が殺しにやってくる。完璧。『インランド・エンパイア』のお供に」