メトロポリスの作品情報・感想・評価

「メトロポリス」に投稿された感想・評価

SF映画の古典にして頂点と言われる「メトロポリス」。

製作時の1927年から約100年後の世界が舞台だけど、そもそもこの映画が91年前の作品だから、描かれている世界は現代からすれば 、ほんの少し先の未来ということになる。

ちなみに個人的にはIVCから発売された「メトロポリス」での淀川長治先生の解説で「スターウォーズ」のC―3POのことを相当ディスっていたのが印象深い。

C-3POはもともと本作に登場するヒューマノイドロボットを基にデザインされているのだが、淀長先生が「コロッコロッコロッコロ」って言ってC-3POの物真似をするのがやたら可笑しかった。

確かに神秘的な本作のアンドロイドに比べちゃうと、コミカルさを前面に出したC-3POは正直ダサいのだが、そもそも立ち位置が違うキャラなのだから仕方ないように思うのだが。

Filmarksに リストされている「メトロポリス」は90分版と153分版だが、自分が手元に持っているのはどちらでもなく123分版。

ちなみに1927年当時のプレミア上映では210分だったそうな(これは現存しないそうな)。この時代のサイレント映画はバージョンによって尺が全然違うのでどれを観ればいいのか本当に困る。

第二次大戦の混乱などでオリジナルフィルムが散逸してしまっていたが、1983年のジョルジオ・モロダーのプロデュースによる再編集版を経て、2002年に新たに発見されたフィルムを追加したのが自分がもっているバージョン。

欠落しているシーンはト書きで展開を説明している。それでそのあとまた改めてフィルが発見されたのを追加したのが最長の153分版というわ け。

内容と言いヴィジュアルと言い、モノクロでサイレントでなければ本作は今でも通じる作品だと思う。

アンドロイドがマリアの姿に変身する場面の合成技術なんて今観ても遜色のない出来栄えで驚く。

それまで分断されていた階級社会において、支配者階級出身の青年が労働者階級出身の美しい女性マリアに恋し、やがて支配者と労働者に分断されている世界に疑問を抱く。

息子が段々と感化されていくことを危惧した資本家の父親が旧知の科学者に相談し、労働者たちが団結しないようにマリアを亡き者にしようと企む。

ところがこの科学者はかつて愛した女性(要は主人公である青年の母親)をこの父親にとられてしまったことを深く恨んでいて、労働者たちを混乱に陥れる と同時にこの親子にも復讐しようと狙っていたのだった。

いやぁディープですね、闇ですね。

この辺の対立構図なんて今から百年近く前の映画とは思えないほど作りこまれている。

またここ最近の過労死問題のニュースを見るにつれ、「頭脳(資本家)と手(労働者)をつなぐものは心でなくてはならない」という本作に込められたメッセージ(その言葉を具現化したようなラストシーンが良い!)は今もなお生きつづけているように思う。

■映画 DATA==========================
監督:フリッツ・ラング
脚本:テア・フォン・ハルボウ
製作:テア・フォン・ハルボウ
撮影:カール・フロイント
公開:1927年1月10日(独)/1929年4月3日(日)
メメ

メメの感想・評価

4.5
これはすんごい。
SF映画の原点にして頂点、とはよく言ったもので、本当にその通りだと思う。
90年以上前に、資本と共産の対立、SF的アイテム、都市、イメージを具現化しそれを映像にすることの凄さよ。
壮大なモブシーン、アンドロイドやセットの造形美、無声映画だからこその映像の力に、恐れ入りましたとしか言えない。
小気味いいピアノの音色を永遠に聴いていたいし、いちいちカクカクと大袈裟に動くにんげんたちを永遠にぼーっと眺めていたい。
ナチス台頭少し前に作られた作品。その後のナチスの行く末を表しているSF映画である。これ見てて思い出したのは、プロレタリア文学代表の蟹工船。個々をなるだけ排除し集団として人間を描写する作風は、ここでは地下の労働者たちの物量、動きに集約されている。人間の躍動感が半端ない。しかも集団として描かれる中で、駿作品のように個性的な人物像が、物語としては描かれないもののどの画面でもちゃんと捉えている凄さ。この作品...古典だが、磨き上げられピカピカしてる。
ディストピア未来都市の金字塔
SF映画の原点にして頂点
いやほんとかよーとか思いながらも視聴
話が現代や未来の問題提議にも通づるものだし、とにかく演出がすごい
「M」の時もそうだが人間の群集心理の怖さ、危うさをフリッツラング独自の鋭い部分からついてくる
スターウォーズのC-3POの元ネタでもあるヒューマノイドアンドロイドがマリアの姿になる時、火あぶりでマリアの姿からヒューマノイドアンドロイドに戻った時はもう大興奮
初めてのサイレント映画でしたが、もともとセリフの少ない映画がわりと好きな僕にはむしろ好都合かも、と思えるほど楽しめました
90年以上前に作られたと思えないくらい面白かったよ。スコアがつけづらい。

従順で正しい機械の動きを幾重に重ねながら連続的に見せていくオープニングからくぎづけ。富豪者と労働者階級の二極化がすすんだ未来世界。時代を全く感じさせない世界観。そしてドイツのポスターを眺めてるみたいな、圧倒される美術セット!直線的なデザインがかっこいい。

サイレント映画ってセリフを自由に穴埋めしながら見れるから面白い。

アンドロイド登場シーンで、光の陰影でドレスのレースが透けて、マリアが腰をふって踊るとこが艶やかで美しかったぁぁ。この時代の女優さんって「麗しい」というワードがピッタリはまるなぁ。

淀川さんの解説付だったんだけど
「スターウォーズでアンドロイドのマネしてるけどとってもヘタ!!」
とこき下ろしてて、これまたインパクト大だったw
甘味

甘味の感想・評価

4.6
レビューしようかどうか迷ったけど、一応記録として。
本当に凄いものを見てしまった時って、何書いても陳腐になっちゃいそうで言葉にしたくなくなるのよね。もう素晴らしすぎて。何もかもが圧倒的で涙。

字幕がオリジナルのドイツ語で、音楽がフッペルツの完全復元版がどうしても観たい…しかし既に廃盤でDVDはプレミア価格。ブルーレイの中古はどこも取り扱い無し。レンタルも無し。時既に遅し…泣
(結局妥協して2時間弱のクリティカルエディションの方買った)
O

Oの感想・評価

4.5
サイレント映画は初めて見たが普通に眠くならずに見れた
20年代でこの世界を作ったのは凄すぎると思う、キャスト(特にマリアの人)の演技も凄かった
ただどうしても中腰が気になってしまった
昔ということを差し引いても凄い映画やと思うよこれは
あのディストピア感とか、労働者たちの社畜感とか、民衆の暴動みたいなところは現実の我々にも当てはまるところはあるのではないかとはっとさせられる
へい

へいの感想・評価

-
人造人間版のマリアの恐ろしさ、扇動される人間の恐ろしさ。
労働者階級が全てを爆発させて混乱していく様は物凄い。
Moeka

Moekaの感想・評価

4.2
人がどんどんモロクに吸い込まれてくところとか東京で同じ光景何度みたことか()ドイツ表現主義の傑作でありSF映画の原点にして金字塔。この時代でもっとも制作費が高く、摩天楼そびえたつ都市やロボットなどその美しさに息をのむが役者さんたちの表情と何より瞳に圧倒される。脳と手は心があれば分かり合えるか...それでも何か大きな存在によって扇動される群衆の姿は恐ろしく、Mにも通じるものがあった。オールタイムベスト
>|