ファナティック ハリウッドの狂愛者の作品情報・感想・評価・動画配信

「ファナティック ハリウッドの狂愛者」に投稿された感想・評価

2022年 9/25

イカれたトラボルタが観られます。
良くも悪くもそれだけ。
話はつまらん。以上。
youngnick

youngnickの感想・評価

1.2
観て後悔した作品。
内容どうこう以前に色々と作り込みが甘く見てられない。何もかもが安っぽかった。トラボルタって90年代以降本当に落ちたな…
rkhrn

rkhrnの感想・評価

3.8
悪気がないのが恐ろしいのよ

ジョン・トラボルタはどんな格好させても面白い
Neo

Neoの感想・評価

3.4
ジョン・トラボルタが映画オタク役で、ある俳優のストーカーになってしまう作品。

ジョン・トラボルタが憎めないキャラ🤣
怖いという感じではないかな。

ジョン・トラボルタ好きだからオタク役やっててなんか笑ってしまったけど、やってる事は実際悪気が無くても度を越すと怖いし犯罪だよねぇ。

これ、シリアスヴァージョンでガチの狂気ストーカー役をジョン・トラボルタが演じるのを観てみたい。
shiho

shihoの感想・評価

3.0
前半、加害者目線で話が進んでいたから因果応報だろって思ってしまったけど、ストーカーはダメだわな。あとトラヴォルタが好きなのでそっちに感情移入してしまった。

それを抜いても、トラヴォルタの演技力を感じたのは、彼が出てる映画はこれを含めて4作品見たけど、どれも印象が違った。グリースやパルプ・フィクションのときのかっこよさなんて微塵もなかった(いい意味で!)

トラヴォルタのことがもっと好きになりました
YC

YCの感想・評価

2.8
んー。これはなんとも言い難い。明らかに何らかの障害がある方が大ファンの俳優に冷たくあしらわれてストーカーになる話。そういう障害を持った方をこういう映画に取り入れるべきではない。
映画の中で決定的に障害という風には言ってないけど、言動が明らかに障害者の言動。
常に体が揺れていたり、喋り方もどもっていたり。
そういう方をストーカーとして映画にするのは、見ていて気持ちの良いものではない。
どんどん行動がエスカレートしていきストーカーになるにしても、障害のある方なので、別に恐怖は感じない。
サスペンス映画としては台無し。
サイコパスとは違うので。
peach

peachの感想・評価

4.0
トラボルタ怖すぎるしキモすぎるのに、なんとなくトラボルタを応援してしまう映画。
トラボルタは純粋な気持ちを持ってるのよ‥
可愛いなぁって思うシーンもあり、なんか病みつきになる映画だわ
Yuri

Yuriの感想・評価

2.9
熱狂的なファンがストーカーになる話し。
失うものがなくて、恨みを持った人間って本当に恐ろしい
hamoko

hamokoの感想・評価

4.0
今まで見てきた映画の中で3本の指には入る怖さだった

幽霊も悪魔もいないのに話の通じない人間がこんなにもこわい、途中でやめようかと思うくらいぞわぞわした
それもこれも全部トラボルタの演技あってこそで、とんでもない演技力だなと…

ストーカーが始まってから一夜を過ごすあのシーンが本当に「もうやめな〜!!」って声出るくらい怖いし気持ち悪い。

まあ本来俳優やアイドルなんて偶像だし「いい人でヒーローで最高」なんて作品やファンが勝手に作り上げたイメージなので、裏の顔がゲスかったり最低だったりするのは人間なので一般人と同じなんだよな〜と思いながら、一介のファンとして過度な期待をしないでいきたいな、という勉強にもなる映画でした…
ふうか

ふうかの感想・評価

3.3
「ただサインが欲しかっただけなのに」

思ってた映画と違ったけど、
こうやって無敵が現れていくんだなって思った

ここまで酷くなくても、普通に日本でも起こりそうだし、色んなところでこういうこと起きてると思う
>|

あなたにおすすめの記事