サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方の作品情報・感想・評価・動画配信

「サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方」に投稿された感想・評価

上旬

上旬の感想・評価

3.7
【第64回アカデミー賞 作品賞他全7部門ノミネート】
バーブラ・ストライサンドの監督第二作。原作はパット・コンロイの『潮流の王者』で、アカデミー賞ではニック・ノルティらがノミネートを受けたがバーブラは監督賞はおろか主演女優賞にもノミネートされなかった。

作品賞候補の紹介の際、前々年の主演女優賞受賞者『ドライビングMissデイジー』のジェシカ・タンディが「なぜバーブラが監督賞にノミネートされなかったのか理解できない」と言った。

確かに前半は少し強引な展開が目立つ不倫ものかな、と思っていたんだけど後半けっこうびっくりした。強引なところが見られなくもないけど十分監督賞に値する作品だと思う。

恋愛もの、となっているが本筋は『普通の人々』、いや『ヘレディタリー』と共通すると言ってもいい暗黒ホームドラマ。

主人公トムが捻くれているのも、双子の姉が自殺を図ったのも、そして兄が死んだのもあんな衝撃的な事実があればなるほどとなった。単に不倫ものではなく、実は傷ついている内なる痛みを共有する者同士が惹かれ合ったのだと納得がいく。

欠点はかなりある。トムがスーザンを好きになる過程、そしてスーザンの息子ベルナード(バーブラの実の息子)がトムに懐く過程がすっ飛ばされていて感情移入できない。またスーザンの夫が最初から最後までクソ野郎なだけでキャラクターとして薄っぺらい。そして最大の欠点は主人公たるトムが無意識に女性差別していること。フェミニストのバーブラがなぜこんなキャラクターを描いたのか理解不能。特に最後いいセリフ風に言う「俺は周りの女たちを幸せにしてやれる」というのが「はぁ?」となった。「周りの人」でよくない?なんで最後の最後まで女性に上からなんだ。

しかし力業でこの物語をさばいたのは評価できる。かなり強引だし無理のある話なんだけど、バーブラのストーリーテリングと叙情的な演出によって十分引き寄せられる作品になっている。

ただ不倫して両方とも分かれてくっつくのではなく、それぞれの場所に戻り、しっかり立ち直るというのがよかった。ベルナードとトムの関係も最初は唐突なものの、実に爽やかでいい。

アカデミー賞っぽい風格もある堂々たる作品。あまり知られていないのがもったいない。欠点もかなり目につくけどトータルではなかなかいい作品だと思う。
kuu

kuuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ブランコ+漁船+夕日+アメフト+ワニ+絵本+虹+ダンス◎

1991年のバーブラ・ストライサンド監督・製作・主演作品
原題は"The Prince of Tides"
原作はパット・コンロイの小説『潮流の王者』(The Prince of Tides)

家族に起きる様々な出来事がきっかけで封印してきた過去と対峙する男のお話です

バーブラがニューヨークのユダヤ系の女医を演じています
タイトなスカートスーツに中ヒールのパンプスで颯爽と歩く姿がカッコいいです💕

相手役のニック・ノルティはこの映画でゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)を受賞しています
ニックはアメフトの奨学金で大学に進学したほどの腕前だそうで重要なシーンで大活躍します

パーティーでジョージ・マイケルのMonkey♪が流れてきて嬉しかったです😭💕

かなりディープな内容が多いのですが上手にさらりと描いてあります
いろいろな愛の形を追体験できる素晴らしい作品でした
Tom

Tomの感想・評価

4.5
ノルティ、ストライザンド、絶妙な雰囲気のドラマでした、手放せないDVDの一本。随分経ってから気付きましたが彼女の本当の息子が息子役でした。
mpc

mpcの感想・評価

3.8
公開時にアメリカで観賞

当時このバーバラストライザントとベッドミドラー、この二人良くTV ガイドやpeopleの表紙飾ってました
幼い自分からすると二人ともニューヨークに良くいるユダヤのおばちゃんって感じだったけど、、現地ではめちゃくちゃ崇拝されてましたね、メリル・ストリープ級くらいに。歌がうまいからなんだろうけど、カリスマ性があるんでしょうね。

ジュリア・ロバーツレベルのルックスの女優しか映画で見てなかったからこの作品は特異でした

この映画でもやたら光の飛ばしがあっていい女風に映ってて少し笑ってしもた


内容はニックノルティのトラウマからの再生物語でした
マンハッタンと比べると南部サウスカロライナって綺麗だなーって思った記憶
Maoryu002

Maoryu002の感想・評価

4.0
サウスキャロライナに住む元教師のトム(ニック・ノルティ)は自殺未遂を起こした姉に会いにニューヨークへ向かう。そこで精神科医ローエンスタイン(バーブラ・ストライザンド)と会い、姉の自殺願望やトムの家庭不和につながる家族の過去を語り始める。やがてトムの心は変わり、ローエンスタインとの距離も近づくのだった。

劇場鑑賞以来の再鑑賞。

悲劇過ぎる事件と間違いだらけの両親のせいで、人生を壊された子供たちをとおして、人間の弱さと強さを描いた物語として、とても好きな作品だ。
サウス・キャロライナの風景もとても美しい。

ただ、ナレーションと説明調のセリフが多すぎるし、後半のロマンス部分があまりにクドい。
バーブラ・ストライザンドらしいといえばらしいけど、モノクロ時代のメロドラマのようだ。
最後のディナーとダンスはありえない。

過去の悲劇を乗り越えて再生しようとする姉弟の物語は素晴らしい。トムが泣き崩れる姿には心を揺さぶられた。
きっと、妻や子供たちに愛されてもいいんだと思えるようになったんだろう。

昔からニック・ノルティの緩急をつけた演技はとても好きだ。
はる

はるの感想・評価

4.0
タイトルからラブストーリーを連想させるけど、そうでもなかった。それだけじゃなかった。
もちろん愛も重要な要素だけど、心の深淵を見るような深いものでした。

見終えて、原題の『THE PRINCE OF TIDES』を思うと、兄妹愛まで見えてきて、うん、この終わり方も好き。

「不倫=悪」と考える人には理解されないかも知れないけど、私はかなり響きました。
男性目線の愛を見る事って少ないから、こんな大人の愛が見られて良かったです。
またいつか見ると思います。
子どもの頃地上波で放送していたのを何となく観ていて、例のシーンでトラウマに。
そこで観るのを止めてしまいタイトルすら覚えていなかったけど、最近あの映画は何だったんだろうとふと気になって探しました。

大人のラブストーリー。あの回想シーンは本当にあの内容じゃなきゃダメだったんだろうかという疑問はあるけれど、原作を読んだらまた印象が違うのかも。

愛の貫き方はひとつではないという事を考えさせられる。苦しいけど尊い愛の在り方かも。

最後の主人公の語りは憑き物が取れたようで、とても素直で素敵。

僕は願う、人がふたつの人生を生きられたらいいのにー
今更ながら大好きな作品。
懐かしい。

この当時、若かった。
この年になって、もう一度観たい。
MaiAndo

MaiAndoの感想・評価

3.5
アメリカのサウスキャロライナとニューヨーク。
男性が好きそうな(ちょっと偏見かも!?)大人のラブストーリー。
ニューヨークの景色が素敵だった。
健一

健一の感想・評価

5.0
1991年の作品です。
(日本公開は'92年3月)
皆さまは本作、ご存知無いと思います。
恐らく皆さんのお住まいの街のレンタル店にも本作は置いてないと思います。
配信も無いんじゃないかな?
劇場公開時も何の話題にもならず、1カ月で公開終了しました。

だがしかし。若かれし頃 私は本作を観て深く、深く心に突き刺さり
その棘は 未だに刺さったままなのです。

わたくしの生涯鑑賞作。歴代2位の作品が本作です。

深く、暗い過去を背負ってしまった ある家族の物語。
数十年経ち その傷は癒えぬまま大人になり、新たな家族ができ、父親になり、過去の記憶が蘇り、ある女性と運命的に出会い、大罪を犯す。
だが人生は終わらない。自ら命を絶たないかぎり。

ある男の壮絶な人生をまざまざと見せてくれる作品です。
周りの評価があまり良くないのが 信じられないくらい 悔しいのですが、私は本作を観て人生感が変わったと言ってもいいくらいこの作品に衝撃を受けました。
本当に心の底から素晴らしい作品です。

本作の主人公 ニック・ノルティはいままで タフガイ なイメージしかなかったのですが、こんな繊細な演技が出来るのだと当時 かなりビックリしました。
本作のニック・ノルティは永遠に私の中での 主演男優賞 です。

「ある男の壮絶な人生」と聞いて女性の方は 「私にはちょっと合わなそう」と思われるかもしれませんが 監督はあのバーブラ・ストライサンドなんですよ。

実は 本作が好きすぎて レビューを書くのはやめておこう。自分の中だけにしまっておこうと思っていたのですが、 Filmarks始めて3年半が経過し、そろそろベストムービーを作成しようと思い、今回思い切ってレビューを載せました。

私の大好きなレビュワー様達の中に お一人でも本作を観たことがある方がいたら嬉しいです。


劇場公開時 1992年3月
渋東シネタワー2
💺794
>|

あなたにおすすめの記事