グラスハープ/草の竪琴の作品情報・感想・評価

「グラスハープ/草の竪琴」に投稿された感想・評価

pier

pierの感想・評価

3.4
皆ドリーのように自由に生きたいけど、それができないから彼女を批判したり変人だと決めつけたりする。
森と共生する生活って素敵だなと思いました。
TMRiiii

TMRiiiiの感想・評価

3.8
エドワードファーロングがひ弱な感じに描かれてた
ヴェレーナは厳格で口うるさいし、しかも妹。自分ならこんな兄弟、姉妹は無理。
ドリーやキャサリンはよく反抗せずにいられたなと思う。結局爆発してしまうけど、仲直りする機会になったから良かった。
ライリーは最初嫌な奴だと思ったけどそんなんじゃなかった。最後もまあ仕方ない。
エドワードファーロング美しい
トルーマン・カポーティ原作の映画。
ストーリーはあまり込み入ったところがないのだがアメリカ南部の叙情的な感じがとてもよい。
少し悲しくて、ほのぼのして、感動もあり、勇気も湧いてくる。
知らない役者さんばかりだったけどとてもいい雰囲気を持っている。
うまく噛み合わない姉妹が最後には…ネタバレしそうなのであまり多くは書かないが、この映画の雰囲気は心地よい。
Phill

Phillの感想・評価

3.6
小さな冒険、小さな反抗。
でも人生をかけた主張。
観終わった後には何となく草の堅琴が聞こえていた気がする。
Eirik

Eirikの感想・評価

3.5
エディ目当てで。

のんびりとしていて、ほっこり出来る良作だと思います。
私には少し退屈な印象…。

口うるさい妹ヴェレーナにかなりイラッと来た。

エディ美しかった。
久しぶりに闇堕ちしていない役柄のエディを見た気がする。
maki

makiの感想・評価

3.4
T2以外のエドワードファーロングが見たくて

秘密基地のような木の上の家
子供時代なら憧れの遊び場です
ね。

こんな素敵なご婦人が親代わりで
素敵ですが
恋しちゃうのは面白いなぁ
嫉妬したりしてるし

悪ガキ風のライリーが魅力的ですね。
はみ出し者の仲間入りする所も好きです。
misoraR

misoraRの感想・評価

4.3
幼くして両親を亡くした少年が、やがて小説家となり昔の日々を繊細にえがく。

静かであったかい
神経質そうなエドワード君きれい。
そんでショーン・パトリック・フラナリーに惚れた作品、これ。
『ティファニーで朝食を』などの作品で有名な、トルーマン・カポーティの自伝小説の映画化。繊細で内向的な主人公の性格とエドワード・ファーロングがよく合ってる。見た後は穏やかな気持ちになれる優しい映画だった。
ライリーどこかで見たことある顔だと思ったら処刑人の兄か!この人も良い役してた。
4

4の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

どんなオチが待ってるかと思ったのに、またそのパターンかよって思った

大切な人が死ぬ以外の手法で出直してきてほしい
あか

あかの感想・評価

3.4
カポーティの実話だったのかな。凄い少年時代だなあ。
一人一人に惹かれてく、出来すぎなくらい。いい少年時代。
うらやましい。
ほっこりしたい時に。
>|