僕の好きな女の子のネタバレレビュー・内容・結末

「僕の好きな女の子」に投稿されたネタバレ・内容・結末

すごーくよかった。
奈緒がかわいすぎる。あれはもうみんな好きになりますよ。
途中までは、「ただの"男の夢具現化ヒロイン"かなあ、まあ可愛いからいいけど^^」くらいに思っていたけど、3Dメガネの件が素晴らしかったですね、ぐっときた。同性から見ても素敵なヒロイン。
あの感じで賢いのって最強だなあ、その上言い回しが独特だから説教臭くもない。そしてかわいい。
女性脚本家がかいてるのかな?これ。と思って調べたら又吉原案でうわすごいなと。
(そのくだりは脚本家によるものなのかもしれないけど)
エルボーなんかじゃなくて、とかはぶっ刺さりました。いい。すごくいい。恋したくなりますね。
いやーよかった。
「友達じゃがまんできない」主人公と同じく男友達を好きになった時によく聴いてたなあ でもあの曲のどうしようもなさが主人公にまだ足りなくない...?きみは黒いかたまりじゃないよまだ
行動範囲や遊び方が私たちの見慣れたやつだから、クスッと笑えるシーン、そうそうそう!あーー!っていうシーン随所にある、でも何で?それって何かの伏線?違うのかっていうカットが気になった、まだまだ要素が散りばめられてるのにあえて広げないのはわざとなのかな
好きな子といる時・友達といる時・ひとりの時で違う顔をしてるのすごい良かった 太賀くんの演技に圧倒された、ああいう人間社会人によくいるよな嫌いじゃないけど
逆に主人公は後半に少し違和感.. 色んな友達に観てもらって誰の目線に既視感をおぼえたか教えて欲しい、と思うのは愛がなんだに似てる もっとめんどくさくしちゃっても良かったけどこれもこれでいいよねって言ってそう 男性はあの女の子に対してどう思うんだろう?と気になったらやっぱ友達同士で2つに別れてた、これ観ながら酒飲みつつ数人でああでもないこうでもない言うのが楽しそう
最後の方の、主人公の空元気×光×ボート×心の声(虚像がなんたら、この孤独が分かるかい?)にやられて、しかも好きな子の彼氏に実は気持ち見抜かれてたところで「くぁ〜」ってなった。好きな人に恋人できたなんて聞いただけで目の前の世界がギュイーンってなって、時も止まって、血の気が引くのによくその彼氏と会ったな〜笑それであんな風に振舞っちゃうのもリアル。(このシーン、渡辺大知が思ったよりデカくてかわいかった。デカい人がはしゃいでるのはかわいい。この映画のポスターの彼の姿がまさにそう)
最後の最後は、「あぁなるほど、へぇ、よかったじゃん」って感じだった。
こんな感じでよく分からん感想になってしまったけど、年の瀬に良い映画見れて素直に満足!
ケーキ渡さねえのかよ!俺なら買うかどうか、持ってくかどうかで迷う。
渡辺大知120点、ジャルジャル5億点、奈緒70億点。
2020-600
苦しーうわーってなりながら観てて
終わりの方もやもやする場面が増えてって
最後え?ん?てなって終わったから
帰りながら色々考えた

途中でLINEの画面で二面性の話してたからそう言うことかなと思った
でもそれにしたら時間軸がおかしいー

解説を調べて読んで、あーそういう、、
はー、、ってなった。。
単純な恋愛ものじゃなかった
面白かったー

ずっと観たかったから滑り込みで観られてよかった〜〜
2020/10/03 京都シネマ

借りた本をあの返し方する女の子を好きにはなれないし友達になれないな……。

「僕」、差し入れのケーキ渡しなよ! 

最後のシーンで「ん?」ってなった。あれはいままでのは回想だったってこと?妄想だったってこと???
仕事終わり、最終日滑り込みセーフで観れた〜

最後、ストリートミュージシャンに報告した「迷子」は最初に出てきた迷子のこと?違う迷子?時間軸が彼の心の中すぎたな〜

萩原みのりさんの、飲み会あとばったり会ったシーンめちゃくちゃよかった。友達が片思いの人に会った時、リアルにあんな感じ、みたことある

あと、何のスパイスにもなってないジャルジャルがよかった
ジャルジャルってどこにいてもジャルジャル…
今の関係性を壊すことが怖い男は「好き」という気持ちを伝えられない(伝えたくない)。
でも、男はそれでも一緒にいられることが何よりも嬉しくて、楽しくて、、、
女の子の方に彼氏ができたとしても今の関係性であればたくさん会うことはできる
だから伝えない(伝えたくない)
しかし、ラストは第三者によって彼の想いが女の子に伝わってしまう。
そして、この関係は…。
とても胸が締め付けられる切ない作品でした。
最後、回想だとおもえばとてもとても気持ちの良い映画

途中、なぜこの子はこんなに察しが悪いの?や、こんなに上手く行くの?という細かいもやもやが解消された

あれほどアプローチできない男もなかなかいない
すごく良かった。
恋愛を通して視るその人その人の人間性や価値観が好きだから、軽く言い合いになるシーンはとても好きです。
ただ、最後が難しい!妄想なのか?現実なのか?
現実だった場合に思うのは、あんなに恋に臆病で踏み出せないかっつんに、結婚できて子供がいるのか?と思った。
>|