ミッドウェイ ~運命の海~の作品情報・感想・評価

ミッドウェイ ~運命の海~2019年製作の映画)

DAUNTLESS:THE BATTLE OF MIDWAY

上映日:2020年02月21日

製作国:

上映時間:98分

2.8

あらすじ

「ミッドウェイ ~運命の海~」に投稿された感想・評価

koko

kokoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

最後うっわ胸糞悪いなあって言ったら父にでも、これが本当だからねって言われてすごい心が痛んだ
nagisa

nagisaの感想・評価

2.0
sc-3【未体験2020】
未体験で良かったハズのやつ、やっと観れた。
わざとやってるんですかね?ジャンルものなのですかね☺️
アメリカンジョークのかたまり。

CGか否かはよく分からないが、どちらにせよ合成がガサい。気にはなるがそれ以上に無視できないところがあるため、その技術の低さは忘れよう。


無視できないところ…それはなんか臭いというところ。
僕はあまりB級映画を観ないため、その界隈ではメジャーなのかが分からないが、独特の臭さがある。

まず冒頭にも書いた通り、ジョークの応酬が異常に多い。とても戦時中というか戦場とは思えない明るさ。
さすがはアメリカ!と言うべきなのか迷うレベルでおかしい。
救助隊に関しては服装からしておかしい。

また突然ぶっこんでくる艦長のカッコイイ上司系キャラが、正直全然かっこよく見えない。
たまに、艦長それはやりすぎじゃ…とも思ってしまい、仕事ができて人望も熱い敏腕上司とは程遠い輩にしか思えなかった。


そして海に浮かぶ2人。
はじめの勢いを完全に失っていく様は哀れでたまらなかった。
戦場には到底似合わぬあの陽気さを、どうか取り戻してくれ‼️そう願っていて気がつく。
さっきまでオイオイ…ナンジャソリャ…オマエラドウカシテルゼ…と馬鹿にしていたあの臭さを欲している自分がいたのだ。

だがあの臭さはもう手に入らない。残念だ
しょうがないから今週いっぱいは体を洗わずにでもいようと思った。
未体験ゾーンの映画たち2020

航空機・艦船はCGだけどカラコレをちゃんとやってるからそんなに安っぽくは見えない
EDGE

EDGEの感想・評価

2.5
theatre#2
B
全体的に地味で静かな戦争映画で、眠気をよく誘う感じ。
最後に少しビックリな展開が。
序盤の海戦シーンが結構な迫力。
空母に向かって急降下するとか臨場感が味わえる。
しかしバトルはこれくらいで、あとは海を漂う2人とそれを助けようとする友人が指揮を執る偵察機、C・トーマス・ハウエルが強硬論を唱えて否定され続ける艦隊の三方向の話が並行して進む。

海を漂うウンザリ感はよーく伝わる。緊張感がないので退屈という意味で。
ほかのシーンも全体的に締まりのない感じで残念。